スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

違法迷惑餌やりの瞬間を激写です!!

今日の昼のことですが、仕事の挨拶回りで都内某所の駅の近くを歩いているとどこからか「ニャーニャー」と猫が媚びる声が聞こえてきました。

ちょっと見回すと、いました!ブサイク猫が尻尾を立ててニャーニャー鳴いています。
その向こうには、迷惑餌やりババアもいます!!
10mほど離れた場所から、迷惑餌やりババアの決定的瞬間を撮影成功です!!!
FeedingBBA

どうやら、ブサ猫ちゃんのランチタイムのご様子です。
迷惑餌やりババアは、皿に残った古い餌を豪快に周囲にぶちまけて、皿に新しい餌を入れます。
ブサ猫ちゃんはその餌をおいしそうに食べてました。
食後のブサ猫ちゃんは満足げです。
耳カットなし(不妊去勢未済)ですね、これはいけません。
しかし、栄養が良いのか充分に太ってますねぇ。
BusaCat

さて、この場所での餌やりは許可を受けているのでしょうか??
答えは「受けていない」です。
この場所には以前は猫ハウス等もありましたが、土地所有者である東京都が撤去した経緯があります。
掲示されている以下の警告文を見れば、この場所での餌やりが許可されていないことは明白です。
Notice1

違法行為を行い、食べ残しの餌を周囲にばら撒き捨てる等衛生上の問題が多い行為をしながらも、このブサ猫に餌やりを続ける理由が私には理解できません。
この場所にはこのブサ猫が一匹いるだけなので、毎日餌をあげたいほど可愛いのであれば保護して、室内猫として飼育すればいいと思うのが一般的だと思います。
なお、この駅周辺は都心部であり、比較的高級なマンションが立ち並ぶ地域です。
この迷惑餌やりババアがどこから来ているのかは分かりませんが、近隣住民であるならば猫1匹買うのは難無い事かと思われます。

それとも、この迷惑餌やりババアはお決まりのパターンである、スラム公営住宅住まいのプシなのでしょうか?
そうであるならば、遠くからわざわざ来て迷惑をばら撒く行為は今すぐに止めて頂きたいものです。

当然ですが、警告に書かれている東京都の建設事務所に電話し、餌やり行為が出来ないようフェンスの隙間を塞ぐ等の対策を依頼したいと思います。
これこそが、地域の衛生問題を解決するための真のボランティア活動です!!


↓ブログランキング参加中、よろしければクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ



QLOOKアクセス解析





スポンサーサイト

地域猫を批判、反対したらタイーホだぞ

引越しリニューアル後ブログの第一弾は12/7締め切りで実施中の環境省の「動物愛護管理のあり方について(案)(「動物取扱業の適正化」を除く)」に対するパブコメ募集について、愛誤がトンデモなパブコメ案をブチ上げているので、その危険性について警鐘を鳴らしたいと思います。

東京都トンデモ動物愛誤推進員であるゆ○も○こ氏が自身のブログで久々に素晴らしい自説でのトンデモパブコメ案を書いていたので紹介いたします。
以下、ゆ○も○こ氏のブログから引用します。

【該当箇所】6p8その他ー(3)飼い主のいない猫の繁殖制限

[意見1] 飼い主のいない猫対策(TNR活動)~住宅街等
住宅街での野良猫対策として、TNR活動(野良猫の不妊手術を施し、元の場所に戻す事。不妊手術する事で一代限りの命の存在を認め、餌やりの禁止などせずに地域の同じ住民として見守るという考え方。野良猫数や苦情数を減らすために現在最も一般に行われている活動。)の啓発強化とルール作りを行政が主体となって行う事。
特に、下記に該当する者へ行政が強く指導を行い、その後改善しなければ何らかの罰則を科せられるような条例の改善等を検討する事。
1. 「TNR活動」を拒絶し妨害する人。
2. 「地域猫」と称して中途半端なTNR活動をする人。
3. 無責任な餌やり・不妊手術に協力しない人。
4. 地域猫を否定し拒絶する人。

TNR活動のルールとして。
1. 野良猫、捨て猫が多い地域や野良猫による苦情数の多い地域では、ボランティアの協力を得て問題解決に取り組むべく、行政が主体となって地域へ働きかける。
その際、猫の不妊去勢及び、怪我や病気治療に関してボランティア任せにするのではなく「地域の問題」として地域全体で取り組むように自治会等に指導し、費用の捻出法などアドバイスや、野良猫の不妊手術を安くしてくれる獣医の紹介をする。
(そのために獣医師会との連携も持つ必要がある。)
2. 元からの餌やりを教育し、餌やりの場所と時間を固定し、後片付けをきちんとする等の指導を行う。
3. 排泄物の処理等が効率的にできるように、餌やりやトイレの設置についての場所に公園等、公共の場の使用を許可すること。
4. 行政からボランティアに依頼しTNRされた猫については、その費用、所有者としての責任等、行政が対処すること。
5. 活動開始から数年経っても管理地域の猫の数や苦情数が減少しない場合は、その原因調査を行い解決策を立て実行すること。
6. 活動に非協力的な住民には行政からの指導を行い、著しい妨害をする住民には罰金等の刑罰を科すこと。
7. また、行政から獣医師会等へ動物ボランティアへの協力を促し、不妊手術・診察を「低料金」で行い、目印の耳カットも行える獣医師の数を増やすよう努める事。

[理由] TNR活動及び地域猫活動は、東京都を始め全国で推奨しているように、正しく行えば必ず効果の出る方法で、猫の命を無駄に奪わず、猫好きの人の意識を高め、猫嫌いの人は嫌なものをただ排除するだけでない方法を知る事ができ、子供達にも命に優しい考え方を教えられる、行政が、動物愛護を謳い野良猫対策として施策にするのに最も望ましい方法であるが、実際のTNR・地域猫活動についての正しい知識が一般に欠けている為に、様々なトラブルが活動の妨げになっている。

行政もまたTNR・地域猫に対する正しい知識がないためと、現在の状況ではトラブルを回避する為の行使力が行政にない事から、効果的な野良猫対策がなされていない。 活動の効果が現れない場合は、必ず「妨害」する人の存在があるからなので、活動の効果を否定し禁止する事なく、その原因を解決するよう勤めるべき。
その為には行政とボランティア及び一般住民が一丸となって正しい活動を行えるように正しい知識の啓発強化を行い、住民の理解を得られ、罰則などの行使力があれば、非協力者による妨害も阻止できる。

また、TNR及び地域猫活動には獣医師の協力は不可欠であるが、「野良猫はお断り」とか、獣医師であるにも関わらず「不妊去勢は生き物への冒涜だ」とか「耳カットは虐待だ」などという考えの者も実際にいる為、TNR活動の足かせになっている。
それぞれの獣医師が意識を変え、活動に協力するよう、行政からの働きかける必要がある。


引用ここまで。

以下の2点については地域猫ファシズムと感じられる程に恐ろしい内容です。
「特に、下記に該当する者へ行政が強く指導を行い、その後改善しなければ何らかの罰則を科せられるような条例の改善等を検討する事。4. 地域猫を否定し拒絶する人。 」
「6. 活動に非協力的な住民には行政からの指導を行い、著しい妨害をする住民には罰金等の刑罰を科すこと。」

地域猫に協力しなかったり、否定的意見を述べただけ刑罰が科せられるとは、まさに地域猫ファシズムです。
地域猫に反対することは憲法で保障された自由な言論であり、自分自身の財産、健康な生活を維持するための権利です。


もし、家族に重篤な動物アレルギーを持つ者がいる場合にどうしたらいいのでしょう??
家族を守るために地域猫に反対否定的意見を述べただけで刑事罰の対象とするとは、人命より猫の命優先の「猫だけ愛誤主義」最たるものです。

また、「TNR活動及び地域猫活動は、東京都を始め全国で推奨しているように」とゆ○も○こ氏は書いていますが、一部の自治体で不妊手術の補助金を出してはいますが、全国でTNR活動及び地域猫活動を推奨している事実はありません。、
地域猫発祥の地横浜市磯子では地域猫実施後十数年を経ても、野良猫がいなくならず、地域猫制度の破綻が明らかになっています。
具体的に野良猫がいなくなった事例を明示せずに、TNR及び地域猫制度が住民に利する活動であると断言しているのは明らかに事実誤認のミスリードです。

TNRは地域の外猫の90%に実施しても、猫の個体数増加を抑えられない、非常にコストと手間のかかる手段です。
国内の某猫だけ愛誤氏もブログでその事実を認めています。
1ペアのオス猫、メス猫の不妊去勢漏れがあっただけで、他の個体に行った不妊去勢手術のコストが無駄となってしまう程の高リスク、高コストの手段です。

ゆ○も○こ氏のような動物愛護推進員ならば、TNR及び地域猫についての正しい事実を一般人に伝えるべきであり、否定的意見の述べた人物に刑罰を科するべきと主張するのは大きな誤りです。

このような、恐ろしいパブコメ案を公に公開し動物愛護推進員の肩書きを利用し政治活動を行うゆ○も○こ氏は東京都動物愛護推進員としてふさわしい人物ではありません。
賢明なブログ読者の皆様は東京都に対し、ゆ○も○こ氏を動物愛護推進員から解任するよう苦情を送付しましょう。
東京都はペンネームでは人物の特定が出来ないとトボケますが、「大田区在住のねこひと会会長」で人物特定は可能です。

動物愛護推進員についての苦情送付先
東京都福祉保健局 健康安全部 環境衛生課 動物管理係
03-5320-4412
S0000292@section.metro.tokyo.jp


↓ブログランキング参加中、よろしければクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ



QLOOKアクセス解析





プロフィール

Author:三二一閣下
正しい動物愛護、飼育についての啓蒙推進をブログ記事にしていきます。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ブロとも一覧

さんかくの野良猫餌やり被害報告

野良猫駆除協力会本部

迷惑な愛誤達
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。