スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊森協会さんがますますおかしくなっています その2

読者の皆さま、御無沙汰しております。
年末にかけ仕事がかなり忙しくて、ブログが更新できない日々が続いていました。
停滞している経済状況の中、仕事が忙しいのはうれしいことです。
忙しい日常から、ゆっくりと過ごせる正月休みに入った途端に気が緩んだのか、軽い風邪をひいてしまいました。

さて、このところ、私の自宅近辺や実家近辺からも再開発や猛暑、寒波で野良猫が次々といなくなり、
かなり快適な生活が出来るようになってきました。
これが最近ブログ更新が少なくなった一因です。

ま、この正月休みは猫害に悩む友人に対し、実地指導を行う予定ですけどね(笑)
都内とその周辺でも野良猫ウジャウジャの地域はまだまだあるので猫害対策は粛々と進めております。

さて、今回は野良猫ネタではなく、相変わらず基地外な電波を出しまくっている、熊盛り協会さんについてもう一回取り上げます。

少し古い熊盛りブログの更新なのですが、どうやら熊盛りさんは自分達のことについて外部の人物から批判的にネット上に書かれることが嫌らしいです。

くまもりNews-ウィキペディア(Wikipedia)とは、何か。これが、ウィキペディア日本熊森協会ページの実態です。

非常に激しくウィキペディアの記事について批判しています。
例えば
「ウィキペディアのしくみ上、書かれた記述が、捏造歪曲されたものや、事実を確認もせず書かれた無責任なものであっても、書かれた側には訴えていくところが明記されていないため、書かれるのを止めさせることができません。間違いを書かれたけれど泣き寝入りするしかないという、書かれた側にとって非常に不公平な場となっています。これは、人権侵害の最たるものではないでしょうか。当協会も、何年も、泣き寝入りを続けています。」
「私たちは彼から訪問を受けたり、取材されたことは一度も無いのである。取材もしたことがない会の活動について、自分の主観だけで、熊森を知った時にまず多くの人々が最初に好意を持って開いてみるであろうウィキペディアの当協会ページを執筆する資格など、ないと言ってよい。」
と主張しています。

熊盛りさんはウィキペディアの仕組みを大きく勘違いしています。

まず、記事に大きな誤りがある場合には、ウィキペディア上にあるオープンな議論の場である「ノート」で執筆者に対して議論を呼びかけることが可能です。

事実が違うと主張するのであれば、なぜオープンな「ノート」での議論を行わずに、コメント欄もなく一方的な主張しかできない自身のブログでしか意見表明をしないのでしょう。

事実、ウィキペディアの「ノート」では記事の執筆者の方が
「この公式ブログ記事の主張どおり日本熊森協会の記事に悪意に満ちた個人的見解や事実誤認がありましたらこちらで御指摘いただき、記事の編集について御教示いただきたいと存じます。」
と熊盛りさんからの意見を受け付ける旨の書き込みを行っています。

そうした申し入れを一切無視しておきながら
「これは、人権侵害の最たるものではないでしょうか。当協会も、何年も、泣き寝入りを続けています。」「当協会ページを執筆する資格など、ないと言ってよい。」
等と
被害者を装ったり、根拠のない執筆者批判を展開する熊盛りさんの姿勢のほうが異常といえるでしょう。

それともネット上のオープンな場ので議論がそんなに怖いのでしょうか??

ちなみに、私が「ノート」を読んだ印象ではウィキペディアの当該記事の筆者の方はかなり熊盛りさんのことをお調べになっていると思いますけどね。

なお、熊盛りさんが文句をつけているウィキペディアの記事はこちらです。
ウィキペディア-日本熊森協会

それでは皆様、良いお年を!!

↓ブログランキング参加中、よろしければクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ



QLOOKアクセス解析






スポンサーサイト
プロフィール

三二一閣下

Author:三二一閣下
正しい動物愛護、飼育についての啓蒙推進をブログ記事にしていきます。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ブロとも一覧

さんかくの野良猫餌やり被害報告

野良猫駆除協力会本部

迷惑な愛誤達
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。