スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫は小動物に深刻な脅威、年間200億匹を捕食=米調査

ロイター-猫は小動物に深刻な脅威、年間200億匹を捕食=米調査

[29日 ロイター] 米国では毎年、鳥37億羽と小型哺乳類207億匹が、猫によって殺されているという。米魚類野生生物局(FWS)とスミソニアン保全生物学研究所の調査チームが29日、科学誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」で発表した。

ペットとして飼われている猫や野良猫による捕食を統計としてまとめ、体系的に分析したのは今回が初めて。同チームは、猫による野生生物の死亡数は、以前考えられていたより大幅に多いと指摘している。

調査によると、猫に殺されている鳥の多くは、アラスカ州とハワイ州を除く米国48州では、コマドリやフィンチ、アメリカゴガラなどの在来種。また、人口の密集した都市部では、主として外来種のネズミを捕食しているが、郊外や農村部では在来種のネズミのほか、リスやウサギなどの小型哺乳類を獲物にしているという。

調査チームは、自由に歩き回る猫が野生生物に深刻な脅威をもたらしており、一部の鳥や小動物の絶滅の一因にもなっている証拠が山積しているにもかかわらず、猫の管理は科学的根拠よりも、感情論に基づいて形成されていると指摘。「野放しの猫の管理に対する現在の非科学的アプローチの主な要因は、猫の捕食による(野生生物の)死亡数が、事故など人間由来の脅威に比べれば取るに足りないという理屈が背景にある」としている。

野鳥保護団体は今回の調査結果について、猫の飼い主や地域社会への警鐘になると歓迎。同団体のスポークスマンは「われわれは可愛くてフワフワした猫は大好きだが、この捕食者が自由に行動するのをこれ以上見過ごすことはできない」と語った。


なかなか興味深い調査結果についての報道です。
米国での調査なのですが、コメントについては日本の現状に照らし合わせても共感できるところがあります。

「野放しの猫の管理に対する現在の非科学的アプローチの主な要因は、猫の捕食による(野生生物の)死亡数が、事故など人間由来の脅威に比べれば取るに足りないという理屈が背景にある」

上記の一文は愛誤や飼い主や餌やりBBAが外飼いをし続ける際の言い訳をまさに指摘しており、笑ってしまいました。
愛誤な方々は「猫ちゃんが鳥を捕るのは本能だから仕方ないの、それより人間の方が公害や自動車で多くの鳥を殺しているでしょ。」と理屈を捏ね回しますよね。

日本国内でも奄美沖縄地方、小笠原等で在来希少種の小動物がノネコに捕食され大きな問題となっているのは読者の皆様もご存知かと思います。
奄美市ではその対策のために「飼い猫の適正な飼育および管理に関する条例」を定め、飼い猫の登録義務化と室内飼育、マイクロチップの努力義務を課しました。

米国の公的機関が外猫による捕食被害を統計としてまとめた事は、今後の希少動物保護への大きな一歩かと思います。

日本の環境省も見習って、日本国内で同様の調査を行ってほしいとも思います。
少なくとも、効果がない地域猫の広報を行ったり、TNRへの補助を漫然と続けるよりは公益にかなう税金の使い方かと思います。



↓ブログランキング参加中、よろしければクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ



QLOOKアクセス解析






スポンサーサイト
プロフィール

三二一閣下

Author:三二一閣下
正しい動物愛護、飼育についての啓蒙推進をブログ記事にしていきます。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ブロとも一覧

さんかくの野良猫餌やり被害報告

野良猫駆除協力会本部

迷惑な愛誤達
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。