スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行政が仔猫を収容しないと嘘をつく東京都動物愛護推進員

皆様、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたでしょうか。
さて読者の皆様方には、この季節になると増えてくる野良猫の仔猫の取り扱いに苦慮している方も多いかと思います。

私が住んでいる東京都では犬猫の収容ルールとして「飼い主不明な犬・子猫( 生後間もない離乳前の子猫に限ります )を拾得された方(かた)からの引取りを行なっています。」との基準を設け
離乳前の仔猫の収容は通常業務として行っております。

ところが、東京都動物愛護推進員であると名乗りながら、行政が仔猫を収容せずに相談にしか応じないと、嘘を垂れ流しているブログがあります。

ねりまねこ-子猫が産まれ困っています

以下引用です。

保健所には、のらねこの相談が日々寄せられています。
この時期は猫の出産シーズンのため、例年
「子猫が産まれて困っています。」
>どうにかしてくれませんか?
>引き取ってくれませんか?
>どうしたらいいんでしょう?
・・・というような電話がかかってきます。

しかし、保健所は、引き取れないし、助言しかできません。

「子猫が産まれた」は、発見した人にとっても、
保健所にとっても、単純に解決できない困った相談なのです。


引用終了。

何で、こんな悪質な嘘をつくのでしょう!
しかも、単なる餌やりのブログならまだしも、筆者は東京都動物愛護推進員であり、練馬区地域猫推進ボランティアであるとも名乗られています。

ちなみに、この筆者の方は実名を公開し各所でセミナーも行われています。
筆者は亀山嘉代氏という方で、大阪市の悪名高い「公園猫制度」導入時のセミナーにてパネリストまで勤められています。

こうした嘘を恣意的に流布する方をパネリストに招いた大阪市、そして動物愛護推進員として認めている東京都は人物についての調査が充分では無いとと感じえません。

東京都においては「飼い主不明な犬・子猫( 生後間もない離乳前の子猫に限ります )を拾得された方(かた)からの引取りを行なっています。」

東京都動物愛護相談センター-業務案内

東京都動物愛護推進員の方々は、研修において、動物愛護推進員の肩書きを用いてブログなどを書くは、正しい事実のみを伝えることに努め、偏った意見を書かないように指導されていると聞いております。

ねりまねこ筆者は当然に都からの研修も受けているのに間違った情報を流布するとは、動物愛護推進員として相応しくない行動です。

東京都において地域住民が離乳前の仔猫を見つけ場合には、東京都動物愛護相談センターが収容を行っています。
また、拾得物として持ち主不明の猫を警察署に届けることも可能です(この場合は仔猫に限りませんし、全国で可能です)。


野良猫が減らないように誘導するような、嘘の記述をねりまねこ筆者は早急に訂正していただきたいと思います。
このまま、嘘の内容を流布するブログ記事が存在し続けるのであれば、東京都の動物愛護推進員担当部門に「亀山氏のブログが動物愛護推進員として不適切である」と苦情を伝えるしかないと考えております。

このような嘘の情報をブログに載せること自体が動物愛護推進員としての素養が極めて低いことを世間に知らしめていると、ねりまねこ筆者は理解できないのでしょうか。

↓ブログランキング参加中、よろしければクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ



QLOOKアクセス解析







スポンサーサイト
プロフィール

Author:三二一閣下
正しい動物愛護、飼育についての啓蒙推進をブログ記事にしていきます。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ブロとも一覧

さんかくの野良猫餌やり被害報告

野良猫駆除協力会本部

迷惑な愛誤達
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。