スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

害獣駆除報道が相次ぐので事前に釘を刺しておきます

読者の皆さまはGWをいかが過ごされましたでしょうか。
私は車で遠出したりして楽しく過ごしておりました。
その際に地方の国道を走っていると、猫煎餅を数回見かけました。

猫煎餅になってしまった猫ちゃん達は国道のそばで餌やりをする無責任な餌やりや無責任外飼いの被害猫です。
ドライバーが悪いわけではありません。
小動物が道路に飛び出してきたからと急ブレーキをかけると後続車との衝突の可能性が大きいため
回避不可能ならばブレーキをかけない様に教習所では指導しています。
交通ルールを理解できない猫ちゃんを、交通量の多い国道近辺で餌やりや外飼いする人物が諸悪の根源です。

さて、本題。
昨日今日と相次いで害獣駆除の報道がなされたので、白痴な愛誤が騒ぎ出す前に釘を刺しておきます。

絶滅危惧種アザラシ、試験的に捕殺…漁業被害で-読売オンライン

南米産巨大ネズミ大繁殖 京都・鴨川や大阪城では餌やりが問題に-FNNニュース

アザラシについては絶滅危惧種ではありますが地域の適正規模生息数を上回り、北海道での漁業被害額が3億円を上回る甚大な額となっていることから
適正規模への個体数調整はいたし方ない事かと思われます。
また、駆除と合わせ音響装置での追い払い等の実験を行うとのことなので、補殺ばかりが駆除の方法でない点も評価できるかと思われます。

問題なのは、後者の関西地方でのヌートリア繁殖の報道です。
報道の中に野良猫への餌やり問題と同根であると感じざるを得ない一節があります。
報道内容の一部を引用します。

地元住民や観光客などが日中に餌づけしたことで、ヌートリアは昼間に活動するようになったという。
京都府などは、動物の餌づけをやめるよう呼びかけているが、餌をやる人はあとを絶たない。
ヌートリアに餌をやる人は「僕、自問自答してますよ。あんまりなつかせていいものかと。(今後、餌やりは?)来ますよ。あいた時間の楽しみなんでね」と語った。
さらに同様の現象は、大阪の観光名所でもみられる。
観光地として有名な大阪城にも、ヌートリアが生息している。
大阪城のお堀にいるヌートリア。
日中、動き回るヌートリアの陰には、やはり餌づけがあった。
ヌートリアに餌をやる人は「俺だけじゃなくて、何人もやってるよ。別に悪いと思わへん」と語った。
外来生物法には、餌づけについての禁止事項がないため、人々のモラルに任せるしかないのが実情となっている。


これは野良猫への無責任餌やりの背景と全く同じです。
空いた時間の楽しみが餌やりって、野良猫に餌やってニャーニャー言われて楽しんでいる餌やり愛誤そのものです(苦笑)

京都府は餌やり自粛の看板設置などという消極的対策を行うらしいですが、外来生物法により特定外来生物に指定されているヌートリアは積極的駆除が基本対策です。
既に西日本で農業被害を受けている地区では公費によりヌートリア駆除の補助を行っています。

隈洩り協会、蹴る美無、犬猫窮災の輪、三億流写真家な御仁の様なエコテロリスト的思想を持つ一部の愛誤達がまたも苦情を送ろうとブログに駄文を書くことは容易に予想されますが、
農業、漁業被害や生態系破壊を引き起こす、適正範囲を超えた個体数の繁殖、外来生物の流入は環境破壊を引き起こし、人類だけでなく他の動物の存在も脅かします。

エコテロリストかぶれの白痴な愛誤の皆さんは行政への抗議を止めて、何が本当の動物愛護なのかを考えて、無責任餌やり禁止の啓蒙活動でもして欲しいです。

↓ブログランキング参加中、よろしければクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ



QLOOKアクセス解析






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

一般には、外来生物に対する認識が甘すぎます。

外来生物法では、以下のような罰則があります。

個人の場合懲役3年以下もしくは300万円以下の罰金 / 法人の場合1億円以下の罰金に該当するもの
→特定外来生物を野外に放ったり・植えたり・まいたりした場合 、など。

個人の場合懲役1年以下もしくは100万円以下の罰金 / 法人の場合5千万円以下の罰金に該当するもの
→ 販売もしくは頒布以外の目的で、特定外来生物の飼養等又は譲渡し等をした場合、など。

豊中のバカ猫愛誤が、「猫保護活動で誤って(特定外来生物の)アライグマを捕獲しても、殺されるから市に届出をせずに飼育する」とブログで書いていました。
犯罪行為の予告じゃないですかねw

おっしゃるとおり、特定外来生物の飼育等は罰則対象ですが、既にある外来生物に対する餌付けはには罰則がありません。
継続的な餌やりは飼育とみなして罰則規定を設けるべきではないでしょうか。

野良猫は特定外来生物ではありませんが、生態系に悪影響を及ぼす外来生物であることには違いありません。
法令レベルで餌やりを禁じるべきです。

http://www.env.go.jp/nature/intro/2law/lawoutline.html

ヌートリア

凄いことになっていますね。

たぶん公園の池にいる鯉の餌やりと同じ感覚なのでしょう。

問題の根源を理解させるか、禁止条項が必要なんでしょうね。



ひとつ私の問題の根源を理解させた事例を紹介させて下さい。


猫の問題にしても私がいくつかの保健所に確認した所

「継続的な餌やりは、本人がどう否定しようが飼育者になる。」

との見解でした。


保健所の常識的な職員はやはり餌やりの方に原因と非があると感じているようです。


ただ、「餌やりを禁じる法律がないので、室内飼いするか餌やりをしないように促すことしかできない。」

とお困りのようでした。


仕方がないので助け舟を出してあげました。

将棋名人の民事高額賠償裁判記事を印刷して渡して来るよう指示して、

その時に念押しするセリフは

「もし、民事裁判になったら保健所に苦情があったこと、

職員がこちらまで伺ったことも事実として残ります。

あなたが実質的飼育者であることもこれで確認が出来ました。」


保健所は餌やりを禁止させる強制力は無くても

餌やりが民事的責任からは逃れられない事、

近隣の方も裁判準備に入るかもしれないと

話してくるようにしました。


その後、その餌やりを観察しているとすっぱり餌やりを止めたようです。

その人、町工場をやっていてBM乗っていたんですよね。

きちんと事業をやって社会性があって、失うものがある人は

まともな判断ができます。


こういう方法も用いても餌やりを辞めないBBAは社会性がなくて

失うものがない真性プー太郎か無職BBAなんですよね。

Re: No title

さんかくたまごさん

> 豊中のバカ猫愛誤が、「猫保護活動で誤って(特定外来生物の)アライグマを捕獲しても、殺されるから市に届出をせずに飼育する」とブログで書いていました。
> 犯罪行為の予告じゃないですかねw
>
まさに犯罪予告(笑)
しかし、最近はもっとイタイ愛誤ブログも多くあるので豊中のバカ愛誤の影も薄くなってしまいましたね。

> おっしゃるとおり、特定外来生物の飼育等は罰則対象ですが、既にある外来生物に対する餌付けはには罰則がありません。
> 継続的な餌やりは飼育とみなして罰則規定を設けるべきではないでしょうか。
>
ほとんどの自治体の保健所レベルでは継続的な餌付けは飼育とみなす考えが浸透しているようすです。
但し、愛誤市である横浜市は除きますけどね。
罰則規定は必須です。

> 野良猫は特定外来生物ではありませんが、生態系に悪影響を及ぼす外来生物であることには違いありません。
> 法令レベルで餌やりを禁じるべきです。
>
愛誤は猫カフェの夜間2時間の営業時間延長には熱心に抗議するものの、適正餌やりルールの法令化には全く前向きではありません、どころかルール作りにまで反対です。
本気で野良猫を減らす気が無いのでしょう。

関西は色んな愛誤が生息してますねぇ?

他にもイノシシに餌付けするオバハン愛誤とか・・・。

どちらも確信犯だけど法律で縛れないところが
困り者です。

まぁ、幇助ぐらいには相当するかも知れませんが。

確か、ヌートリアって戦前、毛皮と食肉を兼ねてある時期
家畜化されたのだけど、その需要も無くなって
千葉だったかな?海に近い川沿いの草地に
ひっそりと生息してるって以前テレビで見ましたけど・・・。

こんなの餌付けする○カが居ること自体、
愛誤ってのは社会のクズですね。

Re: ヌートリア

猫糞被害者@名古屋さん

> 保健所の常識的な職員はやはり餌やりの方に原因と非があると感じているようです。

保健所職員として当然の認識でしょう。
日本以外の先進諸国では、基本的に餌付けしたら飼育管理責任が発生します。

> ただ、「餌やりを禁じる法律がないので、室内飼いするか餌やりをしないように促すことしかできない。」
> とお困りのようでした。
>
だからこそ、餌やり適正化条例が必要なのです。

> きちんと事業をやって社会性があって、失うものがある人は
> まともな判断ができます。
> こういう方法も用いても餌やりを辞めないBBAは社会性がなくて
> 失うものがない真性プー太郎か無職BBAなんですよね。

普通の社会人の餌やり愛誤は口頭での注意、それで止めなければ「餌やりを止めなければ、ここにいる猫達を当方で保護し、希望者に譲渡します」と張り紙すれば大体が餌やりを止めます。

問題は典型的パターンの公営住宅住まいの無職BBAかホームレスの餌やりです。
こいつ等には何を言っても無駄です。
事前通告なしに、野良猫を根こそぎ保護してしまうしか対処法がありません。

Re: 関西は色んな愛誤が生息してますねぇ?

只野乙三さん

> どちらも確信犯だけど法律で縛れないところが
> 困り者です。
>
日光のサル条例みたいに餌やりを条例で規制するしかありません。
または外来生物法の改正で餌やりを禁止するしかないです。

> 確か、ヌートリアって戦前、毛皮と食肉を兼ねてある時期
> 家畜化されたのだけど、その需要も無くなって
> 千葉だったかな?海に近い川沿いの草地に
> ひっそりと生息してるって以前テレビで見ましたけど・・・。
>
なぜか名古屋以西に分布が偏っています。
関東ではほとんどいない様子です。
草食獣なので猫の捕獲器にはかからないらしいです(笑)

> こんなの餌付けする○カが居ること自体、
> 愛誤ってのは社会のクズですね。

野生動物への餌やりを禁止する啓蒙活動、法整備が必要です。
タバコのポイ捨てと同じように過料をとるのが良いかもしれません。

閉鎖だそうです。

ご無沙汰してます。
以前ご紹介した、山下浩さんのサイトとブログ、6月いっぱいで閉鎖されるそうです。
http://yamashita.sapolog.com/e360104.html#comments
http://www.spk-yamashita.jp/index.html

>前略  突然ではありますが、このたびジャーナリストの引退を決意いたしましたので、ここにご報告申し上げます。
>メインサイトおよび当ブログ開設からまだ一年足らずではありますが、日々刻々と変化する政治経済や、流行りの原発問題・電力会社批判などとは違い、多くの国民生活に直接影響のない「ペット問題」が、日本ではジャーナリズムとして成立しないことを早々に思い知らされました。
>その前提で、取材活動を私費で賄い続けることに意義を見出せなくなり、また、一人の社会人(納税義務者)としての自身の在り方を鑑み、さらには動物愛護界への失望感も相まって、活動を継続するのは困難という結論に至りました。

確かにペット問題は、ペット飼う人間の嗜好性の問題であって、飼わない人間にとってはどうでもいい話ですからね。
それに「動物愛護界への失望感」も理由らしいですけど、判ります。それ。
どの哀誤のどんな事に失望したかは判りかねますが、どれに失望しても不思議ではありません。哀誤にははなっから何も期待してませんでしたから。

No title

ふふふ、ここの管理人さんって、実は動物の「真の愛護者」どころか、真の愛護を知ると語る動物虐待者じゃあないんですか?

ここにコメントを残して得る連中も同じ穴の狢だね。

あんたたちってぇ、公園の猫を虐待してたりして・・・

真の愛護心を持つ者が「猫煎餅」なんて表現すないやね・・

嘘はいけないよぉ・・・閻魔様が見てるからねぇ(爆笑)

Re: 閉鎖だそうです。

オキキリムイさん

> 以前ご紹介した、山下浩さんのサイトとブログ、6月いっぱいで閉鎖されるそうです。

残念ですね。
一般的な愛護系ジャーナリストとは少し違う切り口でしたので残念です。

> 確かにペット問題は、ペット飼う人間の嗜好性の問題であって、飼わない人間にとってはどうでもいい話ですからね。
> それに「動物愛護界への失望感」も理由らしいですけど、判ります。それ。
> どの哀誤のどんな事に失望したかは判りかねますが、どれに失望しても不思議ではありません。哀誤にははなっから何も期待してませんでしたから。

取材を進めていくうちに愛誤達の本質を知って「こりゃダメだ」と感じたのかもしれません。
なんせ、愛誤達は動物を守ることは二の次で、野良猫にニャーニャーいわれて満足したいとか、動物愛護を利用して金儲けしたいとかそんな輩ばかりですからね。

「動物愛護界への失望感」なんて感じるほどの希望を持って接したのが間違いです。
奴らはドス黒い人間の欲望そのものです。

Re: No title

とおりすがりぃ~さん

お初にお目にかかります。
愛知からYahooBBでの接続ですか。
YAHOOで「公園 猫の餌付け TNR」と検索したら私のブログがヒットした様子ですね。
公園の野良猫を餌付けするの趣味なのでしょうか??

> ふふふ、ここの管理人さんって、実は動物の「真の愛護者」どころか、真の愛護を知ると語る動物虐待者じゃあないんですか?
>
公園の猫に餌付けをなさる貴方のような方が虐待者そのものです。
中途半端にダラダラとおこなうTNRでは猫の繁殖抑制効果はほとんどありません。
TNRを免罪符とし、その影で生まれてくる不幸な仔猫たちを殺処分に向かわせているのが餌やりの罪です。

> ここにコメントを残して得る連中も同じ穴の狢だね。
> あんたたちってぇ、公園の猫を虐待してたりして・・・
>
どうやら、ご自身が餌やりしている公園での野良猫虐待に怒りを感じている様子ですね。
なぜ、野良猫が虐待されているか考えてみたことがありますか?
その原因にあなた自身が加担されているのかもしれません。
きっと、公園の近隣住民の合意も得ずに、勝手に餌やりをされているのでしょう。
虐待は許されるものではありませんが、それを快く思わない人物が猫の排除を試みているのかもしれません。

> 嘘はいけないよぉ・・・閻魔様が見てるからねぇ(爆笑)

貴方が餌やりをしたために何匹もの猫が不幸な結末を迎えたのかもしれませんね。
自覚のない悪は一番タチが悪いのです。
いただいた言葉ですが、そのままお返しします。

閻魔様が見てるからねぇ(爆笑)

No title

愛誤の書くコメントってなんでこんなにアホなんでしょうね。
閻魔様とか猫に祟られるとか・・・
ここにコメントしてる方々は、
自分が「真の愛護」かどうかなんてどうでもよいでしょうね。
単純におバカな愛誤連中に、
「猫は室内で飼いましょう」
「他人に迷惑をかけてはいけません」
ってことを書いてるだけでしょ。
ここの皆さんは
「真の愛護」じゃなくて「真のボランティア」ですよ。

私のページにいらした典型的愛誤

http://blog.livedoor.jp/sueko6/archives/52049998.html#comments

大阪西区での、「建設局が行なった建設局管理地のフェンス工事で猫にえさやりできない」とわめいている一派です。

この件についても記事にしなければね。
土地建物等の所有者管理者は、施設管理権があり、著しく公共の利益に反しない限り、施設の使用を制限することができる=施設管理権。
施設管理権は憲法29条財産権の保護に基づき合憲、と下級審での判例があります。
施設管理権は、広い範囲で認められています。
日比谷公園での政治集会を施設管理者が禁じた行為は、施設管理権に基づき合法~憲法21条集会等の自由には反しない(最高裁)。
法人が所有する施設内での労働組合集会を禁じるのは施設管理権に基づき合法~憲法28条労働基本権に反しない(この判決では、施設管理権が憲法29条財産権に基づくものであると明示。地裁)。

この方は、私の一連の「餌やり禁止条例は違憲」「餌やり禁止看板は違憲」に対しての批判について「アホ」といっているのでしょう。
私は法律の専門家ではないですが、多分法学関係者も私の意見の方に賛同していただけると思います。

Re: No title

zzzさん

> 愛誤の書くコメントってなんでこんなにアホなんでしょうね。
> 閻魔様とか猫に祟られるとか・・・

愛誤コメントには良くありますよね。
猫の虐待事件があったりすると「犯人が同じように酷い死に目にあいますように」だとか
「犯人は地獄に落ちろ」だとか、笑ってしまいます。
猫の擬人化もいい加減にしてほしい。

> 単純におバカな愛誤連中に、
> 「猫は室内で飼いましょう」
> 「他人に迷惑をかけてはいけません」
> ってことを書いてるだけでしょ。

意見を集約すればまさにその通りです。
小学生でもわかる簡単な事です。
それが出来ないから愛誤なのです。

> ここの皆さんは
> 「真の愛護」じゃなくて「真のボランティア」ですよ。

皆さん貴重な時間を割いて、上記の人としてのルールを説いているだけです。
本当に真のボランティアです。
動物愛護の為であればどんなことも許されると思っている環境テロリスト予備軍に矯正の道を開いてあげているのです。

Re: 私のページにいらした典型的愛誤

さんかくたまごさん

リンク先の「小さな憎窮を守りたい」の引用記事読みました。
私の意見は「お前らが盗人猛々しいだ」です。
おそらく、この違法な餌やり場の近隣住民から行政へ苦情が入ったのでしょう。
で、所有者の大阪市建設局が餌やりに対し再考を促す張り紙をしたのでしょう。
ここまでは近隣住民と行政の当たり前の行為です。

それに対し近隣住民を無視し、猫のことしか考えずにイチャモンを付けている愛誤達がおかしいのです。

> この方は、私の一連の「餌やり禁止条例は違憲」「餌やり禁止看板は違憲」に対しての批判について「アホ」といっているのでしょう。
> 私は法律の専門家ではないですが、多分法学関係者も私の意見の方に賛同していただけると思います。

私にも何について「アホ」と言っているのか理解不可能です。
私にはさんかくさんの意見が一般的な法解釈かと思われます。

とおりすがりぃ~さん

さすが愛誤(笑)馬・鹿丸出しですね。

くだらない迷信を持ちだしたりして子供ですか?

科学的・統計的・論理的・法学的に考えなさいよ。


私は公益施設である街の公園で猫の餌やりを管理者が認めている事例を知りません。

インチキ勝手痴遺棄猫も管理者に認められているか、詰めて聞くとゴリ押しのインチキでした。

インチキ愛誤が事態を悪くしていることに怒りすら感じます。


あなたの言う虐待ってなんですか?

公園管理者の判断で猫を排除することは、虐待の定義にはまらないはずです。

虐待とは力の弱いものを権力の悪用、乱用、誤用によって酷い目に合わせることです。
公園管理者は全く正当な職務を遂行しているだけですから、
虐待という言葉の乱用はやめましょう。

愛誤な人達が正当な職務を邪魔してギャーギャー騒いでいるにすぎません。


人に迷惑かけない。

猫を飼うなら自分の責任の負える範囲でやりなさい。

当たり前の話です!
プロフィール

三二一閣下

Author:三二一閣下
正しい動物愛護、飼育についての啓蒙推進をブログ記事にしていきます。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ブロとも一覧

さんかくの野良猫餌やり被害報告

野良猫駆除協力会本部

迷惑な愛誤達
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。