スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党動物愛護WTの高邑勉衆院議員、月内に辞職離党して山口県知事選に立候補へ

いわゆるノーキル派動物愛護活動に熱心な議員さんだったのですが、既存政党に失望したのか離党して山口県知事選に立候補との報道です。

民主・高邑衆院議員、山口知事選に立候補表明-朝日新聞デジタル

 民主党の高邑(たかむら)勉衆院議員(38)=比例中国ブロック=は4日、山口市内で記者会見し、7月29日投開票の山口県知事選に無所属で立候補する意向を正式に表明した。「既成政党の枠組みや中央官庁依存型の古い成長モデルから脱し、山口の閉塞(へいそく)感を打破したい」と理由を述べた。

 同県防府市の元市議らがつくるグループの支援を受ける。脱既成政党を訴え、震災がれきの積極的な受け入れを主導するとしている。高邑氏は国会議員を月内にも辞職し、離党する方針。政党や団体への推薦願は出さない。

 知事選にはすでに元国土交通審議官の山本繁太郎氏(63)=自民、公明推薦=が立候補を表明している。ほかに共産党県委員会などでつくる団体が候補者の擁立へ準備を続けている。


山口県知事に当選の暁には、山口県での殺処分をゼロにすべく頑張るおつもりかと思われますので、適当に頑張ってください。
既に、自民、公明は候補を擁立しているの、苦戦が予想されますけどね。

ブログではこんなに立派なことをブチ上げていたのに、ほとんどが白紙となるでしょう。
たかむら勉ブログ-動物愛護ワーキングチームにて~座視してはならない

てなわけで、ノーキル派の急先鋒議員ともいえる高邑勉衆院議員の辞職、離党に伴い、動物愛護管理法の議員立法による改正はますます混迷の度合いが高まってきました。
今国会での法案採決が無理ならば、来年は衆議院選挙なのでなにも出来ないでしょうね。

国民に何の利益ももたらさない殺処分ゼロへの法改正なんかより、国家財政の根幹を成す消費税増税論議に議員さんたちは忙しいのですから、仕方ないことです。

何が大切なのかを理解できない愛誤さんたちは、自分達の思い通りにならないことは全てが「陰謀」だと思い込んでいる様子なので、高邑議員辞職離党も陰謀だとか騒ぐのかな(笑)

↓ブログランキング参加中、よろしければクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ



QLOOKアクセス解析






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ノーキルでも

トンカツや焼き鳥、ステーキ「特に議員は飲食会合でね」は
食べるんだから代議士ともあろうものがよくもまぁ
嘘八百をならべると思いますね?

「猫だけは特別可愛いので助ける」って素直に言えないのかな?

そんなら、先ずは己の自己資金「貯金とか」で
シェルターなりを作れば、自ずとそのノーキルの屁理屈の限界を
知る筈なんですがね?

ノーキルはありえない

次の記事では、米国での犬猫の収容と殺処分について書くつもりです。
米国に住んだ経験もありませんし、受験英語と偏った学術分野での読み書き偏重ですので、特段英語ができるというわけではありません(NYに滞在したことがある程度で、日常会話には困りませんが、微妙なニュアンスまで汲み取れる程ではありません)。
米国のニュースサイトや公的機関や愛護団体のHPを調べていますが、日本の愛誤の「欧米は動物愛護先進国で殺処分はしない(か極めて限定的)、動物の命であっても尊重する文化がある、不要になった犬猫は公的シェルターで終生飼育する」との主張が、米国に関してはあまりにも嘘なので呆れています。
米国は、日本よりはるかに絶対数でも人口比でもはるかに犬猫の殺処分数が多いです(現在でも数百万)。
州によっては、狂犬病ワクチンの証明がない猫は、屋外で保健局が捕獲すれば殺処分されます。
ノースカロライナ州保健局のシェルターに収容された犬猫は、97%が殺処分されました。
また、殺処分された犬猫の死体は、工業原料として払い下げられ、メーカーにとって重要な調達先です。
no-kill shelter,shelterという名称が誤解を招きますが、米国ではno-kill shelterは原則としてすべての収容動物を殺処分する施設です。
日本の愛誤団体のブログでは「欧米動物愛護先進国では、no-kill shelterで、公費で収容動物を修正飼育する」なんて大嘘をたれています。

続き

ノーキルに近づけようとすれば、適正飼育し厳密にその動物の生殖を完全管理しなければなりません。
それでも、中途で飼育放棄するとか飼育できない事態も起こりうるわけで、完全に人の管理下いある動物でも、ノーキルは不可能です。
日本ほど、猫飼育に関しては規制がなく放任がまかり通っている国は先進国では珍しいです。
そのような状態で「ノーキル」を提唱するのは白痴か基地害、もしくは大嘘つきです。

私はドイツ語も、少しだけできますので、ドイツの動物愛護事情も記事にしようと思います。

http://search.auone.jp/?q=%93%FA%96%7B%82%CD%93%AE%95%A8%88%A4%8C%EC%8C%E3%90i%8D%91&sr=0001&link_u=&lr=&ie=SJIS

日本は動物愛護後進国とのたまう大嘘つき愛護ばかりで呆れます。
無責任無管理で、野良猫に餌だけやりたい放題が黙認されているとか、愛誤のワガママが通ってしまうという点では、なるほど日本は動物愛護後進国だと思います
他人の土地に咎められても入って強引に餌やりや捕獲器を仕掛けたり猫をリリースして刑事罰も受けない、愛誤天国な国なんてないでしょ。
治安の悪い中進国なんて、他人の土地に入っただけで問答無用で射・殺されます。

No title

 ここ数年間、獣医師であり カリフォルニア大学デービス校教員の、. 田中亜紀さんが、日本動物福祉協会等とコラボして、アニマル・シェルターの群管理等のセミナーの講師で来日しています。

 彼女によれば、アメリカのシェルターの致死処分率は85%前後です。

 私はほとんど、愛護のブログは読みません。ほんと、デタラメを平気で書いていますから。

 さんかくさん、記事を楽しみにしています。

 ノーキル、キル論争はアメリカでもあったのですが、団体間の合意が出来ています。もちろん、すべての団体が参加したわけではありませんが、世界最大規模の保護団体HAUS( The Humane Society of the United States )を含む、主要団体が、2004年に「The Asilomar Accords」の共同声明を公表しています。
http://www.asilomaraccords.org/founders.html

 Guiding Principlesの3。

3. We acknowledge that the euthanasia of healthy and treatable animals is the sad responsibility of some animal welfare organizations that neither desired nor sought this task.

 We believe that the euthanasia of healthy and treatable animals is a community-wide problem requiring community-based solutions.
 We also recognize that animal welfare organizations can be leaders in bringing about a change in social and other factors that result in the euthanasia of healthy and treatable animals, including the compounding problems of some pet owners'/guardians' failure to spay and neuter; properly socialize and train; be tolerant of; provide veterinary care to; or take responsibility for companion animals.

 アメリカにもアニマルホーダーが、保護活動を自称しているケースはあり、ホーダーの精神病理学的な研究も日本より進んでいます。

 私は、日本のノーキルさん達は、むしろそういう精神病理の研究成果から学ぶ事が多いだろうにと思っているのですよ(笑い)

 検索すれば論文が出て来るはずです。
 good jobを期待しています。

 

高邑勉議員の知事船出馬

 高邑さんという人は放射線についてもう少し勉強されたほうがいいですね。

 私が山口県民なら、震災がれきを引き受けるなんて公約を掲げる候補者には投票しません。被曝牛も山口に移動させ云々と言っていますが、牧場を汚染させることになる。

 ペイペイ議員に嫌気がさしただけで、首長に転進されたのではたまったもんじゃない・・

アニマルホーダー

http://business.nikkeibp.co.jp/article/book/20120507/231748/?P=1
日経ビジネスオンライン 第4回 私だけが猫の味方――猫屋敷に引きこもる動物ホーダー(後編)

いわゆる愛誤=アニマルホーダー、は精神疾患の一種で、愛護動物の扱いというアプローチより、愛誤(アニマルホーダー患者)に対する精神医学的解決を図るのが根本的解決方法だと私は思います。
一部の欧米系過激愛誤(PETAとか)は、私が調べた限り欧米のスタンダードではありません。
どの国でも、サイレントマジョリティよりノイジーマイノリティの方が目立つだけです。
欧米の愛誤団体があたかも欧米の動物愛護活動のスタンダードと喧伝する愛誤は詐欺師です。
むしろイギリスでは反エコテロ法で、米国では過激愛護誤団体をTBIがテロリスト団体と認定して規制しています。
日本ほど愛誤に甘い先進国はまれです。

ところでPETAは、収容した犬猫の85%を殺処分したとの記事がありました。
米国の英語ニュースサイトを見ていいたら、勝手にバナーでPETAに関する記事が出てきました。
うっかり保存するのを忘れましたが。

訂正

TBI→誤

FBI→正

No title

 日経ビジネスは登録制ですね、直ぐには見られませんし、登録して(これに時間がかかるのですよ、なぜかは知らない。私自身に原因があるのは自覚しています)目新しいものはないと思いますが (福祉協会が一昔前から、アニマルホーダーの精神病理学を力を入れて紹介してきました。)、登録して見てみます。 

 PETAの致死処分は、日本のノーキル連中がサイト開設し、翻訳付でバッシングしていましたね、私も読みました。

No title

「Peta Kills Animals」
http://www.petakillsanimals.com/

和訳版
http://www.petakillsanimals.jp/

どちらもノーキル主張者達の開設したものでしょう。

まさにこれです。
日本の愛誤の間で問題になっているとは知りませんでした。
でも、ノーキルを標榜している、巨大掲示板でも有名な愛誤は、最近もPETAを絶賛していました(この人、この記事を知らないのかなあ)。

95%!

あらっ、95%だったんですね。
後で読もうと思ったら、バナーが勝手に消えてしまったので熟読できませんでした。
リンクありがとうございます。

Re: ノーキルでも

只野乙三さん

> トンカツや焼き鳥、ステーキ「特に議員は飲食会合でね」は
> 食べるんだから代議士ともあろうものがよくもまぁ
> 嘘八百をならべると思いますね?
>
選挙区落選、比例区復活ゾンビなのに愛誤系の票が欲しかったのでしょうかね。
結局、民主党に失望して離党なのでしょうけど。
ま、議員さんだから有権者受けの良いリップサービスはお得意なのでしょう。

> そんなら、先ずは己の自己資金「貯金とか」で
> シェルターなりを作れば、自ずとそのノーキルの屁理屈の限界を
> 知る筈なんですがね?

ノーキルを口実に募金集め、餌やりを行っているバカ達が多すぎてあきれますね。
幸い、議員立法の動物愛護管理法改正案にはノーキル派の意見はほとんど組み入れられない様子です。

Re: ノーキルはありえない

さんかくたまごさん

> 次の記事では、米国での犬猫の収容と殺処分について書くつもりです。
> 米国のニュースサイトや公的機関や愛護団体のHPを調べていますが、日本の愛誤の「欧米は動物愛護先進国で殺処分はしない(か極めて限定的)、動物の命であっても尊重する文化がある、不要になった犬猫は公的シェルターで終生飼育する」との主張が、米国に関してはあまりにも嘘なので呆れています。

ちょっと検索しただけで、米国での犬猫殺処分数が日本より多いことが各種HPで簡単に見つかります。
米国の公的シェルター=日本の保健所または愛護センターですね。
フロリダみたいな温暖な洲では、殺処分しないと猫が増えすぎて生態系破壊に繋がると思われます。

以前に、ケーブルTVのアニマルプラネットで米国の猫飼育多頭崩壊のレスキューを放送してましたが
公的機関の職員が強制執行の様にゴミ屋敷の猫を捕まえ、シェルターに収容してました。
結局、あの猫達も殺処分されたのでしょう。
日本の公的機関も米国程度の強制力を持って欲しいと思います。

> 米国は、日本よりはるかに絶対数でも人口比でもはるかに犬猫の殺処分数が多いです(現在でも数百万)。
> 州によっては、狂犬病ワクチンの証明がない猫は、屋外で保健局が捕獲すれば殺処分されます。
> ノースカロライナ州保健局のシェルターに収容された犬猫は、97%が殺処分されました。

日本でも猫への狂犬病ワクチン義務化を推進すべきですね。
野良猫も同様です。
マイクロチップにワクチン情報も付与し、ワクチン未投与の野良猫は殺処分とすべきです。

> 日本ほど、猫飼育に関しては規制がなく放任がまかり通っている国は先進国では珍しいです。
> そのような状態で「ノーキル」を提唱するのは白痴か基地害、もしくは大嘘つきです。

現状のように餌やり、外飼いに対し規制のない状態でのノーキルはありえません。
ノーキル派の主張のTNRと地域猫での野良猫管理なんて完全な夢物語です。

> 私はドイツ語も、少しだけできますので、ドイツの動物愛護事情も記事にしようと思います。

楽しみにしております。

> 無責任無管理で、野良猫に餌だけやりたい放題が黙認されているとか、愛誤のワガママが通ってしまうという点では、なるほど日本は動物愛護後進国だと思います

確かに!動物愛護後進国ですね。
愛誤達のくだらない理想論で、犬猫たちは不幸になっていきます。
犯罪行いながら餌やり、自宅で多頭飼育とか基地外愛誤に一生つき合わされる動物が可哀そうです。

Re: 高邑勉議員の知事船出馬

チッチさん

>  ペイペイ議員に嫌気がさしただけで、首長に転進されたのではたまったもんじゃない・・

選挙区落選、比例区ゾンビ当選の1年生議員だから次回当選はありえないと悟ったのでしょう。
山口県は安部家、岸家の地元の保守系地盤です。

この議員は全く何を考えているのやら??

Re: アニマルホーダー

さんかくたまごさん
>
> いわゆる愛誤=アニマルホーダー、は精神疾患の一種で、愛護動物の扱いというアプローチより、愛誤(アニマルホーダー患者)に対する精神医学的解決を図るのが根本的解決方法だと私は思います。

日本ではアニマルホーダーが徒党を組んで愛誤団体を作るからタチが悪いのです。
精神医学的アプローチで愛誤活動を停止できるよう法改正が望まれます。

> 欧米の愛誤団体があたかも欧米の動物愛護活動のスタンダードと喧伝する愛誤は詐欺師です。
> むしろイギリスでは反エコテロ法で、米国では過激愛護誤団体をTBIがテロリスト団体と認定して規制しています。
> 日本ほど愛誤に甘い先進国はまれです。
>
先日の私の記事のように、環境テロリストの存在そのものを違法とする法改正が望まれます。
シーシェパード、グリーンピースのようなテロリストが平然と入国でき活動できる日本の治安体制は異常です。

動物愛護を隠れ蓑とした人間への暴力を早急に止めさせなければなりません。

Re: No title

チッチさん

>  PETAの致死処分は、日本のノーキル連中がサイト開設し、翻訳付でバッシングしていましたね、私も読みました。

ノーキル派がPETAバッシングは珍しいですね。
普段はPETA様々と崇め奉っているのに(笑)

PETAの協力者杉本彩なんて教祖様状態ですものね。

Re: ↑

さんかくたまごさん

> 日本の愛誤の間で問題になっているとは知りませんでした。

私も愛誤が問題視しているとは知りませんでした。

> でも、ノーキルを標榜している、巨大掲示板でも有名な愛誤は、最近もPETAを絶賛していました(この人、この記事を知らないのかなあ)。

あの有名愛誤は情報弱者な上に、白痴なのでPETAについて詳しくは知らないでしょう。

No title

横ですが・・・

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/spv/1206/07/news044.html

明らかにおかしいでしょ。
これでも支持する奴らって病院送りにした方が良いでしょ。

愛誤からの集金じゃ食えなくなったから、信者使って
アダルト業界進出とかありえないでしょ。

No title

 ヌードのパフォーマンスが繰り返され始めた頃から、?と思っていましたが、エスカレートしたたどり着く先が、アダルトサイトで活動資金捻出らしいですね。

 ノーキルを主張して、事あるごとにパフォーマンスを繰り返しながらながら、実際には致死処分を実施している団体やグループは日本でも少なくありません。

 サラネットーワークは頭数減らしの致死処分をやっていますし、、佐上邦久も、どうぶつ基金の前身、富岡財団の理事に就任して、最初にやったのが、シェルターを閉鎖することです。理由は経費がかかりすぎる。
引取りは中止して、当時収容されていた動物たちは最後まで飼養するという選択肢もありました。
 佐上はそうはせず、動物達は行く先不明のままあっという間に姿を消したので、当時大変な騒ぎになりました。清川村シェルターの動物達の行方は明かされぬまま、譲渡したの一点ばりで闇につつまれています。


 

もある意味、誰もが共有する心情ですが、これが愛護のキャッチコピーになると空疎な観念になってしまいますね

No title

peta kills animals のウェブサイト記事は、ドイツ語版もあります。
ところでXというのは、米国では、わいせつ度を示す記号です。
今でもそうなんですかね?

X~まあまあわいせつ。
XX~かなりわいせつ。
XXX~わいせつ度最上位。

組織が資金繰りに困るようになれば、手っ取り早くカネを得るために風俗関係やバクチ系、マルチに手を出して破綻するのが典型的なパターンです。
古くはリッカーが倒産したときは、その直前にパチンコ屋を開業し失敗し、さらに資金繰り悪化をきたしました。
慶応卒のITベンチャー社長がSMクラブを始めて警察に検挙されて一気に倒産したとか、枚挙に暇がないです。
PETAの破綻も近いかもしれません。

HN入れ忘れました。

それとThe Asilomar Accords の拙訳を付けておきます。

We acknowledge that the euthanasia of healthy and treatable animals is the sad responsibility of some animal welfare organizations that neither desired nor sought this task.
We believe that the euthanasia of healthy and treatable animals is a community-wide problem requiring community-based solutions.

私たちは、健康で治療可能な動物の安楽死はどちらも望みません。
しかしそれは、動物福祉団体の使命であり、それを遂行することは悲しい責任であることを認めざるを得ません。
私たちは、健康で治療可能な動物の安楽死は、地域社会の問題を解決のために必要だと信じています。
またそれは社会全体の問題でもあるからです。

米国を中心とする、動物愛護団体は、殺処分を否定していません。

Re: No title

グラハムさん

> 明らかにおかしいでしょ。
> これでも支持する奴らって病院送りにした方が良いでしょ。
>
PETAがアダルトサイトに進出ですか(笑)
そのうち杉○彩も登場するのかな?
若い頃の杉○彩だったらヌードもいけますが、今では劣化著しいから逆効果か(笑)

> 愛誤からの集金じゃ食えなくなったから、信者使って
> アダルト業界進出とかありえないでしょ。

手っ取り早く稼ぐにはアダルトサイトが良いかとは思いますが、倫理観が疑われます。

動物のためであれば、アダルトビジネスも許されるという考えはカトリック教徒やイスラム圏ではまず受け入れられません。
USのエセ動物愛護団体ならではのオバカな考え方なのでしょう。

Re: No title

チッチさん

>  ヌードのパフォーマンスが繰り返され始めた頃から、?と思っていましたが、エスカレートしたたどり着く先が、アダルトサイトで活動資金捻出らしいですね。
>
PETA自体が動物愛護団体というよりは目立ってナンボの営利団体ですからね。
今までの奇妙なパフォーマンスを見ていると、アダルトサイト進出も納得できます。

>  ノーキルを主張して、事あるごとにパフォーマンスを繰り返しながらながら、実際には致死処分を実施している団体やグループは日本でも少なくありません。
>
現在ではノーキルがメインの主張ではなく、より資金を集めやすいアニマルライツ全般を活動内容とし
目立つことで資金集めを有利に進めてますね。

ちなみにPETAのEは倫理という意味のEthcalを表しますが、PETAの倫理観はとっくに無くなってしまいました。

>  サラネットーワークは頭数減らしの致死処分をやっていますし、、佐上邦久も、どうぶつ基金の前身、富岡財団の理事に就任して、最初にやったのが、シェルターを閉鎖することです。理由は経費がかかりすぎる。
> 引取りは中止して、当時収容されていた動物たちは最後まで飼養するという選択肢もありました。
>  佐上はそうはせず、動物達は行く先不明のままあっという間に姿を消したので、当時大変な騒ぎになりました。清川村シェルターの動物達の行方は明かされぬまま、譲渡したの一点ばりで闇につつまれています。
>
病気や老いた犬猫はシェルター運営にとって大きなコスト発生源となります。
仔猫、仔犬以外は寄付が集まりにくいので、当然、淘汰の対象となるでしょう。
どこに譲渡したかなんて、個人情報となるので強制捜査が入らない限り公にされることはありません。

ノーキルを主張する団体の目的は、ノーキル実現ではなく金と発言力の拡大だけです。

今現在タイムリーな話題は、実験動物の動物愛護管理法への組み入れでしょうね。
当然、医師会、製薬業界の意向を汲んだ医薬系議員の反発に合い、改正見送りが濃厚です。
ALIVEの野上ふさ子は、実験動物まで自身のビジネス範囲に収めたいらしく、猛烈に抵抗しています。

ま、動物愛護管理法の議員立法により改正は会期末の6/21に間に合わず、今国会では廃案濃厚です(苦笑)
また、消費税論議で小沢派が民主から離脱濃厚なので、ノーキル派の生方議員や岡本議員の民主離脱も濃厚でしょうね。どうなるのか楽しみです。

Re: ↑

> 組織が資金繰りに困るようになれば、手っ取り早くカネを得るために風俗関係やバクチ系、マルチに手を出して破綻するのが典型的なパターンです。
> PETAの破綻も近いかもしれません。

知り合いにアダルトサイト運営ビジネスを行っている者がおりますが、非常に高収益の優良企業です。
ただし、国内では規制があるために、運営会社は米国法人とし、国内はその持ち株会社や企画会社として別法人としています。
PETAはキャッシュリッチなので、即破綻という危険性はありませんが、アダルトビジネス進出となればそれを嫌気した、協力者の離脱による減収が起こりえるでしょ9う。



> 私たちは、健康で治療可能な動物の安楽死はどちらも望みません。
> しかしそれは、動物福祉団体の使命であり、それを遂行することは悲しい責任であることを認めざるを得ません。
> 私たちは、健康で治療可能な動物の安楽死は、地域社会の問題を解決のために必要だと信じています。
> またそれは社会全体の問題でもあるからです。
>
> 米国を中心とする、動物愛護団体は、殺処分を否定していません。

海外では、国内の自称猫ボラのように「拾ってきた仔猫の○○ちゃんが重病です。支援をお願いします」とブログを書いても宗教的文化の違いから、容易に資金が集まらないのでしょうね。
おそらく、「動物なのだから、静かに神の下へ召されるのが幸せ」との考えが根本にはあるのでしょう。

また、日本人ほどお涙頂戴モノに弱い国民はいません。
お涙頂戴モノをみて「可哀想!!」とすぐに寄付してしまうのが日本人の特性です。
キリスト教文化では静かに現実を受け入れるのみで、個人が寄付を募る文化ではありません。

その様な、文化の違いが、国内にはびこる節操のないノーキル派存在の根拠となっているのでしょう。

日本の愛誤も

アダルトサイト運営したら、少しはお涙頂戴寄付の強請りを
しなくて済むかも知れませんねってか、既にやってるかもですが・・・。

法律面での課題は何かと愛誤団体に入れ知恵する
弁護士に頼めば解決?出来るし、野良猫餌付けが縁で
出会えて、餌付けを忘れてくれれば、野良猫被害も
少しは減るかも知れません・・・。

日経が誤った記事を書いています

下記のURLをご覧ください。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20120410/230820/?P=1&rt=nocnt

どの辺が科学的なのか?ネズミが猫を恐れなくなるのはネズミ的に問題でであると考えるのが普通ではないだろうか?

地域猫保護プロジェクト@神戸

香ばしいコメントがあります。
愛誤はどうして自分の欲求を命の問題にすり替えるのでしょうか?

民主の自覚

民主の「自称動物愛護派」の議員達は自党にすらまとめきれなかった、動物実験を規定した改正案を、今度は野党に協力してもらって修正しようと画策しているらしい。

この人たちは本当に政府与党の国会議員としての自覚はあるのか?

Re: 日本の愛誤も

只野乙三さん

> アダルトサイト運営したら、少しはお涙頂戴寄付の強請りを
> しなくて済むかも知れませんねってか、既にやってるかもですが・・・。
>
そもそも、自身の資金で不可能なことを「ボランティア」だと自称して行うことがおかしいのです。
ボランティアは自分の能力、資金の範囲内で行うべき事です。

数名の自称ボランティアは徐々に悪事や矛盾点が明らかになってますけどね(笑)
タチが悪い北関東の某市ヒゲじじいなんかは、ヤラセのブログで自分自身をマンセーしたりと
金集めの為にはなりふり構っていません。
おかげで、アメブロ規約違反で記事削除、ブログ全文削除まで喰らってました(笑)

Re: 日経が誤った記事を書いています

グラハムさん

> どの辺が科学的なのか?ネズミが猫を恐れなくなるのはネズミ的に問題でであると考えるのが普通ではないだろうか?

完全に筆者の思い込みの記事ですね(苦笑)
猫に出会って元気になるのは「猫だけ愛誤」だけです。

奴等は猫にニャーニャー言われるとドーパミンやアドレナリンが大量分泌され、多幸感にひたります。
一般人はペットショップの猫ならまだしもですが、生臭い息を吐きかける汚野良猫に近寄られても迷惑なだけです。

Re: 地域猫保護プロジェクト@神戸

SMAPの山田さん

> 香ばしいコメントがあります。
> 愛誤はどうして自分の欲求を命の問題にすり替えるのでしょうか?

ご指摘のブログは全てが香ばしすぎます。
まさに欲望のままに餌やりしてますね。

近所にあんな公園があったら、即捕獲器使用の猫ちゃん遠くへ譲渡です。

Re: 民主の自覚

shiranamiさん

> 民主の「自称動物愛護派」の議員達は自党にすらまとめきれなかった、動物実験を規定した改正案を、今度は野党に協力してもらって修正しようと画策しているらしい。
>
自民が協力するとは到底思えません。
自民は医学界、製薬業界とべったりです。

民主小沢グループは消費税改正法案に反対でしょうから、民主から除名ですね。
生方幸夫、岡本英子の民主動物愛護WTメンバーはこのままでは除名確実です。

そもそも動物愛護管理法の議員立法による改正なんてハナから不可能なのです。
環境省がやる気無いのですから、今月21日の会期末までに採決なんて100%無理でしょう。

> この人たちは本当に政府与党の国会議員としての自覚はあるのか?

寄せ集めな人達ですから、行き当たりばったりばかりです。
党内分裂が目前ですから、動物の事なんて気にしてはいられません。

お困りの方のために

初めまして

いつも拝読しています。

アニマルホーダーの話題が出たので、コメントさせていただきました。

http://ameblo.jp/wanwan2011/
このブログの主ですが、アニマルホーダーなのでしょうか?
この男、自宅を市に差押えされているにも関わらず、飯館村に行き
所有者に無断で敷地内に不法侵入したあげく、ばら撒いた餌を雨水でゴミにして所有者に迷惑をかけたようです。
ブログの内容もですが、リコメもイタすぎで、理解出来ません。

7月7日彦星になるなんて、イタイ発言までするこの男
http://ameblo.jp/wanwan2011/entry-10760771594.html#main
自慢げに顔面を晒し、57歳らしいです。

税金を滞納して、他人の土地に不法侵入。
そして、愛護を叫ぶこの男こそ、まさに愛誤ですよね?

初めまして

いつも興味深く拝見しております。
まさに今は消費税に重点を置くべき時だと思います。

>愛誤嫌い様
自分もその男知っています。
そして、その男、在日だそうです。

どうして愛護と在日は切っても切れないのでしょう。
どこかの代表といい、在日は愛誤という砂糖に群がる蟻のようです。

愛誤=在日とは言えませんが

そういえば、関西の大手動物愛誤団体、呆人D飢饉の代表者は在日です。
愛誤=在日とは言いませんが、被差別カテゴリーの人や、何らかのコミュニケーション障害があり、社会の爪弾き者にされている方が多いように思います。
ですから疎んじられる野良猫に対して共感したり感情移入が激しいのでしょう。

Re: お困りの方のために

猫糞被害者@名古屋さん

ちょっと海外に行ってまして、返答が遅れて申し訳ござません。
持っていったノートPCの一部機能が故障してしまい、スマホでネットにアクセスする状況となってました。

> 野良猫対策業者
> http://mansion-kujyo.com/
> http://www.chubu-hakubishin.com/index.html

私が子供の頃は野良犬、野良猫駆除業者が当然にいました。
時代の流れで、そういった業者もかなり少なくなったのでしょう。

ただし、無責任な餌やりが増やした野良猫の仔猫の多くは地域住民などの手により
愛護センターや保健所に持ち込まれています。

愛誤たちは不幸の命の再生産を繰り返すための餌やりを漫然と続けています。
しかも、その主張ときたら「8週齢販売規制」や「生体販売規制」をといったお門違いのものばかり。

ちなみに、愛誤たちがお手本とすべきと主張するEU内でもショッピングセンター等のペットショップでの生体展示販売は堂々と行われています。
しかも、日本より1匹あたりのケージ面積は狭かったりもします。

愛誤は口を開くと嘘ばかり垂れ流します。

Re: 初めまして

愛誤嫌いさん
はじめまして。

> このブログの主ですが、アニマルホーダーなのでしょうか?
> この男、自宅を市に差押えされているにも関わらず、飯館村に行き
> 所有者に無断で敷地内に不法侵入したあげく、ばら撒いた餌を雨水でゴミにして所有者に迷惑をかけたようです。
> ブログの内容もですが、リコメもイタすぎで、理解出来ません。
>
2chの四次元糖尿ボケ爺のスレでも時々取り上げられている人物ですね。
おそらく、精神疾患を抱えているのではないかと推察されます。

精神疾患を抱える人物は、動物を守らねば思うあまりに他が見えなくなり、金銭管理や清掃整理ができない等の悪い事象に陥りがちです。

> 税金を滞納して、他人の土地に不法侵入。
> そして、愛護を叫ぶこの男こそ、まさに愛誤ですよね?

一般人であれば義務としてまっ先に遂行すべき課題が解決できないのですから、精神疾患そのものです。

Re: 初めまして

愛誤は非人間さま

> いつも興味深く拝見しております。
> まさに今は消費税に重点を置くべき時だと思います。
>
今月19日にペット呆塾等が動物愛護法の改正を訴える勉強会とやらを開催したそうなのですが、
国会議員はわずかに2名が参加したのみだったらしいです。
しかも、参加した自民党議員の方に「動物愛護管理法の第一の目標はマイクロチップの義務化です」と講演されてしまい、参加した愛誤たちは見事に肩透かしを食らったとか(笑)

いやー、自民党を見直しました!
われわれの民意を汲み取ってくれています。


> どうして愛護と在日は切っても切れないのでしょう。
> どこかの代表といい、在日は愛誤という砂糖に群がる蟻のようです。

在日の方に愛誤が多いかははっきりしませんが、在日の方の納税意識が低いことは確かかと思います。
また、補助金などについても比較的容易に取得できるからか、目ざとい方が多いかと思います。

どこかの代表さんは公益社団法人の理事長という公的肩書を大相大事にされている様子です(笑)

Re: 愛誤=在日とは言えませんが

さんかくたまごさん

> 愛誤=在日とは言いませんが、被差別カテゴリーの人や、何らかのコミュニケーション障害があり、社会の爪弾き者にされている方が多いように思います。
> ですから疎んじられる野良猫に対して共感したり感情移入が激しいのでしょう。

愛誤の自分自身の感情移入もありますが、愛誤ビジネスのおいしさを知っているからでしょうね。

愛誤ビジネスは集金機能に長けた少数の確信犯的ボスと、多数の白痴で貧乏で募金するのが好きなな餌やりおばさんで成り立っています。
配下に多くの白痴な愛誤おばさんと愛誤ご用達獣医を従えれば、補助金等で寝ていても儲かるビジネスモデルが構築できます。

一般人との違いは、モラルハザードがあるかないかの違いだけです。
プロフィール

三二一閣下

Author:三二一閣下
正しい動物愛護、飼育についての啓蒙推進をブログ記事にしていきます。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ブロとも一覧

さんかくの野良猫餌やり被害報告

野良猫駆除協力会本部

迷惑な愛誤達
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。