スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EUに生体展示販売のペットショップがないというのは大ウソです(証拠画像あり)

ちょっと、所用で10日間ほどヨーロッパへ行っていました。
ヒマな時間も少しはあったので、ショッピングセンターに行って買い物をしたりして、円高の恩恵を少しは受けさせてもらいました。

スペイン国内の町中を歩くと、犬づれの人々を多く見かけます。
しかしながら、トリミングはあまりなされておらず、毛が伸び放題の犬やお尻のあたりが分泌物で汚れている犬も多く見かけました。

日本のほうが明らかに犬を清潔にしており、動物愛護精神が行き届いていると感じます。

また、ノーリードでの散歩も多く見かけました。
スペインの一部のショッピングセンターでは犬をリード付での入場を認めていますが、ノーリードで入場している犬と飼い主も多く見かけました。

また、地下鉄も日本と同様に犬猫の全体が隠れる移動用ケージ、移動用バッグでの乗車が条件とされてましたが、ルール破りでリード付のみで乗車している犬も見かけました。
この様なルール破りはスペインの国民性かもしれませんね(苦笑)

である日、バルセロナ市内のショッピングセンターの中を歩いていると、店頭にペット用品を置いた店を見かけました、で「生体販売はないのだろうな」と思いながら店内に入ると、

なんと、子犬や子猫をケースやケージで展示し、生体展示販売を堂々と行ってます!!!

ええー!!EUでは生体展示販売を法で禁止しており、一切行ってないと多くの愛誤系HPやブログで書かれているのに????

以下がそのペットショップの画像です。
かわいい子犬、子猫たちが所狭しとケージの中にいます。
日本と同様にガラス越しに展示されており、店員に声をかければいくらでも触らせてもらえます。
価格も日本よりかなり安く、おまけにマイクロチップはすでに埋め込み済みです。

DSC_0215.jpg

DSC_0216.jpg

DSC_0217.jpg

DSC_0218.jpg


さて実際に、EUでの生体販売が禁止されているもしくは生体販売が存在しないと書いているHPなどを紹介しましょう。

マルコ・ブルーノ氏へのインタビュー

Q.EU諸国にはペットショップはないのですか?

A.存在しますが、無責任や衝動買いをする人を無くす為、生体の販売は一切無く、グッズやフードの販売に限られています。どうしてもペットが欲しい場合には、希望犬種などの情報を事前に調査し、ペットショップから専門のブリーダーを紹介して貰います。そしてどんなに遠方であっても、飼主自らがブリーダーの所に出向き、飼主として適当であると判断された場合にのみ、販売が許可されます。

↑ハイ、大ウソですね。大ぼら吹きのマルコさんです(笑)
日本と同様に店頭ですぐに買えます。
彼はオーストリア人らしいのですが、何故に意図的に嘘をつくのでしょう。


月刊チャージャー-ペットショップオーナーの独白

そもそも、イギリスやドイツなどのヨーロッパではペットの生体展示販売はタブー。ヨーロッパはそういう意識が高いよね。

↑だから、タブーでもなんでもないです。日本と同じです。

その他、個人ブログの情報ソースが怪しい情報であれば、検索すれば「ヨーロッパでは生体販売が禁止されている」という間違った情報がゴマンと出てきます。

ちなみに以下の動画はドイツの大型ペットショップZoo Zajacの映像です。
私が訪れたバルセロナのペットショップよりはるかに犬猫1匹当たりのスペースは大きい環境で店頭販売されている様子ですが、それでも動物愛誤関係者の抗議運動が絶えないとの事です。
やはり、ドイツにはスペインより先鋭化した愛誤さん達が多いのでしょう。



愛誤さんは「ヨーロッパではペットの生体展示販売は存在しない」という大ウソを早急に撤回し、「ヨーロッパではペットの生体展示販売は日本より少ないものの多くある」との表現に改めていただきたいと思います。


↓ブログランキング参加中、よろしければクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ



QLOOKアクセス解析






スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

マルコ・○ルーノは大嘘つき

「欧米では、犬猫の店頭販売は法律で禁止されている」なんて驚くような大嘘をよく平気でつけますよね、呆れます。
海外旅行が普通に行われている今日では、ヨーロッパに旅行する人も多いですし、旅行した際にショッピングセンターで犬猫が店頭販売されているのを見る方も多いはず。
愛誤が大嘘をついてもすぐにバレるし、むしろ信用をなくすはず。
それなのにバレバレの嘘をつき続ける神経が理解できません。

最も動物愛護が進んでいると言われるドイツでも、法律で犬猫の店頭販売を禁じてはいません。
ドイツでは、動物の移動、保管、展示等の規制が厳しいからコスト的に店頭販売が合わないからペットショップが少ないだけです。
それとドイツは愛誤が多いから、業者が恐れをなして店頭販売を自主的に行わなかったという面はあります。
ですからドイツはほかのEU諸国に比べてペットショップは少ないですが、ないということではありません。

ドイツの大型ペットショップZoo Zajacに関する記事です。
http://www.bild.de/ratgeber/2012/hunderassen/hunde-welpe-duisburg-zoo-zajak-verkauf-tipps-22165244.bild.html

コメントが面白いですよ。
ドイツは愛誤が多いのかもしれません。
コメントは単純な文章なので、自動翻訳でもわかります。
興味のある方はご覧ください。
ドイツでの店頭販売の、長毛ダックスの子犬が799ユーロでスペインとほぼ同じというのは笑えます。
日本より安いですね。
円が過大評価されているのかも知れません。

Re: マルコ・○ルーノは大嘘つき

さんかくたまごさん

> 「欧米では、犬猫の店頭販売は法律で禁止されている」なんて驚くような大嘘をよく平気でつけますよね、呆れます。

日本人は地域住民の使うショッピングセンターに行かないから嘘はバレないとタカをくくっているのでしょうかね。
ちなみに、ロンドン在住の友人とも少し話したのですが、「イギリスでペットの生体販売は無い」も大ウソだそうです。

ハロッズのような高級店は生体展示販売をしていませんが、下町の個人経営のペットショップは店の奥で狭いケージに犬を入れて展示販売しているそうです。
マルコ・○ルーノをはじめとした愛誤は大嘘つきが多すぎます。

> 海外旅行が普通に行われている今日では、ヨーロッパに旅行する人も多いですし、旅行した際にショッピングセンターで犬猫が店頭販売されているのを見る方も多いはず。
> 愛誤が大嘘をついてもすぐにバレるし、むしろ信用をなくすはず。
> それなのにバレバレの嘘をつき続ける神経が理解できません。
>
どういうつもりなのでしょうね??
それほどまでして世論をペットショップ潰しにの方向へと誘導したいのには、美味しい野良猫譲渡ビジネスの拡大の狙いがあるのでしょうね。

> 最も動物愛護が進んでいると言われるドイツでも、法律で犬猫の店頭販売を禁じてはいません。
> ドイツでは、動物の移動、保管、展示等の規制が厳しいからコスト的に店頭販売が合わないからペットショップが少ないだけです。

ご指摘の通りでしょうね。
ドイツではある程度のスケールメリットを得ないとペットショップの展開が採算的に難しいのでしょう。

> ドイツは愛誤が多いのかもしれません。

緑の党のような少し風変わりな政党が存在しているのですから、愛誤的考えの市民が多いのも納得できます。


> ドイツでの店頭販売の、長毛ダックスの子犬が799ユーロでスペインとほぼ同じというのは笑えます。
> 日本より安いですね。
> 円が過大評価されているのかも知れません。

非常に安価に仔犬が買えるので、ブリーダーは規制の緩い旧東欧諸国に多く存在するのではないかと推測できます。
来年中頃からはルーマニア、ブルガリアと他のEU諸国間の入国管理が撤廃される予定なので、低コストな東欧地区からの仔犬等の西欧への流入が活発化するかもしれません。

円は明らかに買われすぎですね。

この手は万国共通ですね

欧米ではって常套文句は自らウソですよって言ってるのと
同じでしょう。

マルコ何某氏は母国では引きこもりだったので
世情に疎いのでは?多分これも日本の愛誤と
共通でしょう?

No title

記事をツイッターで載せてもいいですか?

Re: この手は万国共通ですね

只野乙三さん

> マルコ何某氏は母国では引きこもりだったので
> 世情に疎いのでは?多分これも日本の愛誤と
> 共通でしょう?

丸子某はひきこもり説、面白いです(笑)

今朝も仕事場の近くで非常に醜いデブの餌やりBBAを見かけました。
こいつが仕事場近くで餌をまくおかげで、一時は絶滅した仕事場周辺の野良猫が流入により復活しつつあります。
ま、こちらには捕獲器があるので、増えたら捕まえて遠くへバイバイさせるだけですけどね。

Re: No title

tamaさん

はじめまして。

> 記事をツイッターで載せてもいいですか?

転載結構ですよ。

ヨーロッパのペット事情の真実を広めましょう。

No title

ありがとうございます。

No title

有名愛誤の古野丸子は、USO800。

No title

 USO800、ユーエスオー、エイトダブルオー、なんか流行りそう・・
 「愛護USO」なんてブログタイトルもいいかも。

 忙しくて書き込み思うように出来ませんが、拝見してます。さんかくさんも、その調子で続けて下さい。
 快進撃ですね、皆さんのブログ、愛誤界に脅威を与えつつあるようです。
 
 

No title

I5-USO800

Re: No title

チッチさん

>  USO800、ユーエスオー、エイトダブルオー、なんか流行りそう・・
>  「愛護USO」なんてブログタイトルもいいかも。
>
ツイッターのアカウント作ろうと思ってますので、その際にはそういった名前にしようかな(笑)

>  忙しくて書き込み思うように出来ませんが、拝見してます。さんかくさんも、その調子で続けて下さい。
>  快進撃ですね、皆さんのブログ、愛誤界に脅威を与えつつあるようです。
>  
ブログでの愛誤の嘘は我々の格好の餌となるのでかなり減ってきましたね。
最近はツイッターが愛誤の嘘の主戦場になっています。
この間もあまりにも悪質な嘘をばらまく愛誤がいたので、「嘘をつくな」と法的根拠を書いて返信したらブロックされてしまいました(笑)

ブログ上にツイッターガジェットを貼って、愛誤の嘘を非公式RTによりガンガン追求する計画を立てています。
非公式RTであればブロックされても、他のツイッターアカウントからコピペすればいいので問題ないですからね。

Re: No title

さんかくたまごさん

> I5-USO800

某巨大掲示板の生き物苦手板では、自宅周辺の野良猫を粛々と捕獲して保健所送りにしている某コテハンの方がいらっしゃいます。

動物愛護管理法35条2項にもとづく手続きであり、違法行為でもないのに、愛誤はいつものごとく「動物愛護法違反だ、ムキー」と大騒ぎしています。

某コテハン氏は野良猫を捕獲して拾得物として警察にまで複数回届けているとのことなので、警察も何ら問題ないと認識していることなのでしょう。

さすがに、私の行動範囲の東京都心部の警察署に野良猫を拾得物として届けたらかなり嫌がられそうですけどね(笑)

No title

素晴らしい記事ですね!
この記事で
基地外愛誤に洗脳されてる連中のひとりでも多くが、目覚めてくれれば良いですね。
愛誤も寄付金をたんまりため込んでないで、
旅行がてらに現地にいって
自分たちの主張してることの真偽を確かめてほしいものですね。
ところで、
写真の動物たちの値段はいくらになるんでしょうか?
一番上の犬だと、95ユーロ?ですかね。9の前についてるのは「7」なんでしょうか?
95ユーロならまとめて買いに行きたい値段です(笑)

795ユーロでしょう

米国やヨーロッパでは、7の手書きでこのようなものをしばしば見かけます。
ですから写真のPincher Mini は795ユーロだと思います。
ドイツの長毛ダックスが799ユーロでほぼ同じ金額です。
「ユーロ圏の経済統合」が好奏している証左と言えますね。
しかし、ユーロ加盟国の財政状況の格差が、ユーロ圏の経済統合を脅かしています。

売値が同じということは、多分仕入先も同じなのでしょう。
東欧などで、仔犬仔猫を安く供給する専業ブリーダーがあるのかもしれませんね。

Re: No title

zzzさん

> 素晴らしい記事ですね!
> この記事で
> 基地外愛誤に洗脳されてる連中のひとりでも多くが、目覚めてくれれば良いですね。

心なしか、最近はEU圏内でペットの展示販売は行われていないと書くブログが減ってきた気がします。
嘘つきは淘汰されていきます。

> ところで、
> 写真の動物たちの値段はいくらになるんでしょうか?
> 一番上の犬だと、95ユーロ?ですかね。9の前についてるのは「7」なんでしょうか?
> 95ユーロならまとめて買いに行きたい値段です(笑)

795ユーロです。
で、マイクロチップ埋め込み済み、ワクチン、駆虫済、血統書なしです。
さんかくさんも触れられていますが、東欧の大規模ブリーダーからの仕入れによるので血統書が無いのでしょう。

Re: 795ユーロでしょう

さんかくたまごさん

> ドイツの長毛ダックスが799ユーロでほぼ同じ金額です。
> 「ユーロ圏の経済統合」が好奏している証左と言えますね。

ペットに関してはドイツとスペインでほぼ同じ価格とは、個人的には意外な結果だと思いました。
個人の購買力はドイツとスペインでは大きな差があると思われます。
その証拠に、ヨーロッパで多店舗展開しているファストファッション(H&M, ZARA, MANGO等)は
スペイン、ポルトガルでの小売価格をドイツ、フランスでの小売価格より低く抑えるのが一般的です。

>
> 売値が同じということは、多分仕入先も同じなのでしょう。
> 東欧などで、仔犬仔猫を安く供給する専業ブリーダーがあるのかもしれませんね。

土地、人件費コストが安い東欧にブリーダがあることは明らかですし、ネット上のどこかレポートがあったかと思います。
ポーランドあたりでブリーディングさせて、離乳したらケージに入れてバンで運べば最短2日程度でスペインまでは運べます。ドイツだったら、朝に出て夕方には店頭に到着するでしょう。
来年にはルーマニア、ブルガリアの国境検問が撤廃される予定なので、東欧でのブリーディングビジネスは成長する可能性が大きいです。

国境の検問が無くなったことが、ヨーロッパでのペット販売の追い風になっています。

ドイツのニュースサイトですが

たしかEU内では、今年7月から共通のペット登録をデータベース化し、EU内の移動が簡素化されます。
それは東欧諸国でのペットブリーディング産業の発展につながるでしょう。
低コストでペットを購入することができ、EUでもペットは店頭販売のショップで購入することが進むと思います。
現に、ドイツの大型生体販売のペットショップは、急成長を続けています。
もちろん共通の形式のマイクロチップを損着していることが条件です。
マイクロチップ装着は、EU諸国全てで早晩義務化されるのではないでしょうか。
いまだにマイクロチップに強硬に反対する愛誤がいる日本は、まさに動物愛護後進国です。

Re: ドイツのニュースサイトですが

さんかくたまごさん

> たしかEU内では、今年7月から共通のペット登録をデータベース化し、EU内の移動が簡素化されます。
> それは東欧諸国でのペットブリーディング産業の発展につながるでしょう。
> 低コストでペットを購入することができ、EUでもペットは店頭販売のショップで購入することが進むと思います。

トレーサビリティを確立する代わりに、国境間移動手続きの簡素化が行われるということでしょうかね。
とすると、低コストでブリーディングされた東欧産のペットの西欧への流入が活発化しますね。

愛誤の重いとは裏腹に生体販売ビジネスの拡大が予想されます。

> 現に、ドイツの大型生体販売のペットショップは、急成長を続けています。
> もちろん共通の形式のマイクロチップを損着していることが条件です。
> マイクロチップ装着は、EU諸国全てで早晩義務化されるのではないでしょうか。

ペットの国境間移動の為のペット用パスポート発行にはマイクロチップが義務とされています。
なので、仕事でEU内を転勤するようなビジネスマンのペットにはマイクロチップは当然埋め込まれているでしょう。
バルセロナのペットショップでも販売されている犬は100%マイクロチップ埋め込み済みっであったので、すでにマイクロチップはEUでのデファクトスタンダードと化しています。

> いまだにマイクロチップに強硬に反対する愛誤がいる日本は、まさに動物愛護後進国です。

欧米での無責任なペット飼育に対する規制強化と逆方向に進んでいるのが日本の動物行政です。
その典型例は地域猫です。
成功例を一つも紹介できないのに、推し進めようとする根拠が不明です。

また、ドイツやアメリカでもTNRが盛んに推進されている等と大ウソをつく愛誤には、早く世の中から消えてほしいです。
野良猫に餌やりをしたら犯罪だというのにどうやってTNRできるのか、教えてほしいです。

No title

ヨーロッパの規制がゆるゆるだから何?
日本のペット業界は更に規制が必要です。
結果的に殺処分の一部をペットショップが垂れ流しいる事は事実なのですから。

Re: No title

名無しさん
コメントありがとうございます。

> ヨーロッパの規制がゆるゆるだから何?
> 日本のペット業界は更に規制が必要です。
> 結果的に殺処分の一部をペットショップが垂れ流しいる事は事実なのですから。

殺処分される個体数の多くを占めるのは、ペットショップで販売された動物より野良猫の仔猫ですよ。
野良猫への餌やりが、年に複数回の出産を行わせているのです。
餌やりの規制のほうが殺処分減少効果は大きいと考えられます。

ペットショップで販売された犬の殺処分(猫はほとんどいない)も少なからずありますが
それは犬の高齢化、病気、飼い主の入院、死亡などによるものなので
ペットショップでの販売がなくなっても減少する要因ではありません。

もう少し現実を勉強して、コメントしましょうね。

しかし悪質ブリーダーとかの事も知ってください。
親犬はボロボロになって保健所いきです。

Twitterで捨てられた犬が何日に殺処分と言うのが毎日のってます。
写真も。

生体販売をなくせば不幸な犬猫は減ります。



No title

今更のコメントも申しわけありません。

>生体販売をなくせば不幸な犬猫は減ります。
こう本気で思ってる方の頭脳を疑います。
生体販売を無くせばそんなに減ると思いますか?
まずあり得ません。今だにご近所や知り合い知人から子犬を貰って飼うと言うのもかなり多いのです。これらは店での生体販売ではありません。
生体販売しているショップから子犬や子猫を買うのと、ブリーダーから直に買うのと何が違うのですか?
確かに多少審査基準が厳しかったりしますが、ブリーダーも子犬がはけなければ困るので結局誰かが買うことになります。また人気のある犬種や猫種は繁殖が雑になって行くのは良くある事です。
もっと言うと、珍しい犬種や人気のある犬種の場合、とりあえず牡牝がいるし売れそうだから繁殖させてみよう、と言う程度の繁殖もあるのです。ショーで勝てる犬だからと、遺伝子疾患を持った犬が繁殖に使われる事も多々あります。ちなみに我が家では、そう言う繁殖の結果、病気を発症した犬を一頭飼っています。この犬はラインブリードで産まれた犬で、父犬の三代前、母犬の二代前に同じ先祖がいます。
だから生体販売を無くしたら不幸な犬が減るかと言うと私は懐疑的です。

以前ドイツに住んでいた親戚の話ですが、友人(ドイツ人)がペットショップで子犬を買いました。「何でティアハイムから引き取らないの?」という親戚の質問にそのドイツ人は「素性の良くわからない成犬より、ペットショップの方が安心」と言ったそうです。これが案外本音かも知れませんね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

三二一閣下

Author:三二一閣下
正しい動物愛護、飼育についての啓蒙推進をブログ記事にしていきます。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ブロとも一覧

さんかくの野良猫餌やり被害報告

野良猫駆除協力会本部

迷惑な愛誤達
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。