スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「憲法で餌やり禁止してないから・・・」と主張する基地外さんがまた現れる

仕事やプライベートが忙しくて、ブログ更新がおろそかになっています。
一か月更新しないと、広告が出たり、コメントが承認制になってしまったりといろいろと不都合が出ますね。

予定していた迷惑えさやり現場の現状報告もまだ実現できてない忙しさです。
今月中には、東京都港区内の迷惑勝手地域猫現場のその後のレポートと都内某所の野良猫汚えさ場レポートをしたいと思います。

さて、そんな忙しい中にまたも基地外が主張をしているブログを見つけました。と

猫魂-所有者のいない猫への餌やり

引用開始

所有者のいない猫への餌やりについて

動物愛護法や憲法では餌やりを禁止していません。
餌やりのしかたを指導できても、餌やり自体を禁止することはできません。

動物愛護管理基本指針は餌やりの方法を記載しています。
ということは餌やりはありという上での記述で、餌やり自体を禁止していません。


引用終了

例の三億流写真家と同じく「憲法では餌やりを禁止していません」だそうです。

もう、呆れてしまうだけです。
憲法で定められてないことならば違法でないという、その論理が私には理解できません。


ならば、憲法では人を殺傷してはならないと定められてないから、人を殺傷してもいいのでしょうか。

このブログの筆者は地域猫らしき活動を行っている様子だが、猫の個体管理がいい加減で流入や捨て猫を招いてしまい、TNR活動に終わりが見えて様子。

事実、以下の様な記述も見受けられる。

引用開始

いつも思う
地域猫活動に終わりがくるのだろうかと。
私には、ゴールが見えない。


引用終了

TNRは短期間で全ての野良猫に不妊去勢を行わないと効果が出ない手法です。
ダラダラと長期にわたってTNRを行っているから終わりが見えないのでしょう。
まさに、全く意味のないお金の無駄遣いな地域猫活動です。

このような白痴な基地外が毎日、毎日せっせと餌やりをしていると思うとぞっとします。


↓ブログランキング参加中、よろしければクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ



QLOOKアクセス解析






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

借り物ばかり

ブログタイトルといい、今回の記事の「憲法では~」の文章といい、借り物ばかりという気がします。
「憲法では餌やりを禁止していないから合憲合法云々」については、三億流写真家氏のブログでも同様のことが述べられており、私は相当の紙面を割いてその誤りについて述べました。
愛誤のうそ拡散と異なり、全然広まっていないことを残念に思います。

さて、憲法はほかの法令とは全く異なります。
ほかの法令は、国民を規制するのが目的なのに対して、憲法は国家を規制する法律です。
憲法で餌やり云々、をいうのならば、憲法で「国は、国民の餌やりの権利を侵害してはならない」という規定が仮にあれば、憲法で餌やりを認めたことになります。
しかし憲法で何の規定もなければ、それが憲法で国民の餌やりの権利を保障したということにはなりません。

Re: 借り物ばかり

さんかくたまごさん

> ブログタイトルといい、今回の記事の「憲法では~」の文章といい、借り物ばかりという気がします。

このブログ筆者は犬猫窮災の輪や三億流写真家のブログを見て
「そうか憲法で禁止してないのか!!」と喜んだ白痴なんでしょうね。
頭悪いから、ブログ記事コンテンツもほぼパクリです。

> 愛誤のうそ拡散と異なり、全然広まっていないことを残念に思います。
>
しかしながら、以前よりは憲法を盾に餌やりを強行するバカは減っていると思います。

ま、それより悪質な餌やりに対しては野良猫自体を捕獲して
センター収容してしまうという技が合法であると周知されたのが良い結果を導いていると思います。

> しかし憲法で何の規定もなければ、それが憲法で国民の餌やりの権利を保障したということにはなりません。

ご指摘の通りです。
憲法は個別の規制などを規定する性格の法ではありません。
愛誤は白痴なので、それが理解できないのです。

はじめまして。
私も無責任な野良猫の餌やりに反対です。
動物を殺すのはただの無知な動物好きです。
そして動物愛護はお互いに批判し合い、そのシワ寄せが動物にくるのです。
世界、日本でまともな団体はどこなのでしょうか?

野良猫餌付けの何処が

公益性が有るというのですかね?

只、ムダに野良猫が増殖して近隣住民が迷惑するだけなのに・・・。
そして、今私のサイトで問題にしている役所の税金に対する
検証もしないいい加減さを利用して補助に集る厚かましさ、
ホトホト愛誤の悪辣さに反吐が出ます。

勘弁して下さい。

おおぶインチキ地域猫ですね。。。

憲法で禁止していないからってそんなこと憲法で書くわけない。

猫被害が環境問題に発展しているのは猫だけ規制管理の法律が無く盲点となっているからに過ぎません。

憲法で禁止していないからやって良いって論理は
迷惑禁止条例ができるまであれば電車でスカート盗撮して良いとか
暴力団排除条例が制定されていないからと言って、
「仲良くしたって法律違反じゃないから自由」と言っているのと
大した差がありません。

規制する法令が出来る前であっても被害者が存在する以上
被害者無視で好き勝手やって良いとは倫理的にありえません。

むしろ、被害者無視の餌やりは憲法の定める基本的人権の
財産権を侵害するのは明白でだから民事で訴訟を起こされると
迷惑餌やりは敗訴して損害賠償を命じられるのです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

ネコさん
こちらこそはじめまして。

> 私も無責任な野良猫の餌やりに反対です。
> 動物を殺すのはただの無知な動物好きです。

野良猫に餌やりをしても、無計画に仔猫を出産し、その多くがセンター収容されるか病死、事故死するだけなのです。
猫は多産、多頻度出産の動物です。高栄養化により年3回の出産もあり得ます。

いわゆるTNRを行っても簡単に猫の糞尿害をなくすことはできません。

> そして動物愛護はお互いに批判し合い、そのシワ寄せが動物にくるのです。
> 世界、日本でまともな団体はどこなのでしょうか?

一部のノーキル害誤が崇拝する自称動物愛護団体のPetaは多くの動物を自ら殺処分しています。

日本国内の動物愛護団体を管理する組織もなければ、公的な登録なども不要で誰でも名乗ればすぐに「動物愛護団体」となれます。
これでは、動物愛護団体にスキルアップを望むことや、不祥事の際の自浄作用を望むことも不可能です。

野良猫に関わっている団体で、まともな動物愛護団体はほとんどゼロかと思います。
マトモな動物愛護団体ならば、野良猫になんか関わりたいとは思いません。

Re: 野良猫餌付けの何処が

只野乙三さん

> 公益性が有るというのですかね?
>
周辺住民へ公害をばらまく活動ですから、あえて言えば住民が猫害反対に立ち上がるための結束を強化すること
でしょうか。

> そして、今私のサイトで問題にしている役所の税金に対する
> 検証もしないいい加減さを利用して補助に集る厚かましさ、
> ホトホト愛誤の悪辣さに反吐が出ます。

効果も望めない施策にダラダラと税金を費やすことは善良な納税者としてはイライラしますね。
今後も対愛誤、対役所との交渉頑張ってください。

Re: 勘弁して下さい。

猫糞被害者@名古屋さん

> おおぶインチキ地域猫ですね。。。
>
あ、やっぱりこいつらはインチキ地域猫だったのですか。
いかにもの勝手地域猫な雰囲気をブログから漂わせていました。

> 猫被害が環境問題に発展しているのは猫だけ規制管理の法律が無く盲点となっているからに過ぎません。
>
日本国内で猫にも狂犬病感染が発生したら、猫も狂犬病予防法の規制対象に組み入れられるでしょうね。
ならば、野良猫はすべて殺処分対象となるでしょう。

> 規制する法令が出来る前であっても被害者が存在する以上
> 被害者無視で好き勝手やって良いとは倫理的にありえません。
>
餌やり行為を直接的に取り締まる法がないからと、餌やりが自由にできると考えるのは白痴以外の何物でもありません。
白痴な餌やりに倫理観を説こうとしても無駄です。

> むしろ、被害者無視の餌やりは憲法の定める基本的人権の
> 財産権を侵害するのは明白でだから民事で訴訟を起こされると
> 迷惑餌やりは敗訴して損害賠償を命じられるのです。

司法はつねに冷静に判断を行っています。
その司法の判断を不当判決だとか、限られた特殊なケースにのみ有効な判決だとか勝手な解釈をタレ流しにする愛誤には呆れています。

餌やりについてはほぼすべての民事訴訟で餌やり側敗訴の判決が相次いでいます。
自治体首長の専決事項で実施している地域猫についても見直しの機運が高まってほしいと思います。

憲法論

日本国憲法は改めて読むと深いですね。

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S21/S21KE000.html

敗戦当時のアメリカの押し付けと日本人の誇り高き国体維持のために戦ったであろう痕跡を感じます。

日本を命がけで守った先人たちのお陰で今日があることを想うと
まさか猫愛誤の戯言に利用されるなんて考えもしなかったでしょう。

猫魂のバカは絶対に憲法を読みもせず「憲法で禁止していない。」と書いているはずです。

だからガイキチなのです。

愛誤、バカ丸出し。

愛誤の基地害は、憲法の位置づけや上位下位法の関係、三権分立など全く理解していません。
しかし「憲法」などコ難しいワードを用いれば、世間様がビビるとでも思っているのでしょうか。
「日本は動物愛護後進国で欧米は先進国」という大嘘もそう。
愛誤はバカ。
世間様には愛誤よりもっと賢いひとなんていくらでもいます。
それでも欺けると思うところが愛誤がバカで基地害な証拠です。
むしろバカ丸出しで笑いものにあっているのに。

No title

どんなに馬鹿げていて、国民全体では多数ではなかったとしても、ネットで標的を決め1箇所に集中的に電話や投書を繰り返せば、相手の業務に支障を生じさせ、主張を押し通させてしまう事例が全国で起きています。一度、圧力対処能力がない者が要求を受け入れてしまえば、既成事実化して当然のように要求が続きます。そうして公園の餌やり禁止が解かれ、自治体が引き取りに難癖をつけるようになります。そして、その事実をまた他に持って行き、どこどこではこうしているのに、ここではまだ間違った事を、続けるのかと迫ります。その繰り返しがいつしか「世論が変わった」というように置きかえられ、元の制度自体が変えられようとしてしまいます。
権利は、不断の努力により保持しなければ、奪われてしまうものです。被害者も、対抗するためには、主張しなければいけません。毅然とした態度をとれずに流される、信頼できない自治体には、場合によっては同じように、より論理的に戦っていかなければならないと思います。捕獲殺処分自体が禁止され、野良猫が食べる可能性がある毒物の設置が禁止されてから声を上げても遅いと思います。

Re: 憲法論

猫糞被害者@名古屋さん

出掛けていて、コメントが遅れて申し訳ございません。


> 日本を命がけで守った先人たちのお陰で今日があることを想うと
> まさか猫愛誤の戯言に利用されるなんて考えもしなかったでしょう。
>
ほんと、基地外の戯言に引用されるとは、必死に憲法を作った先人達が浮かばれません。
一体どこの国に「猫の餌やりは禁止する」なんて書かれた基地外憲法を持つ国があるのでしょう。

当然のことですが、憲法に餌やり禁止と書かれていなくとも、一般法令で餌やりは禁止できます。

> 猫魂のバカは絶対に憲法を読みもせず「憲法で禁止していない。」と書いているはずです。
> だからガイキチなのです。

憲法が国の法体系上、何たるやを理解できない白痴ですから、迷惑餌やりなんかを続け愛誤になるのでしょう。
しかも、愛誤は嘘ばかり垂れ流すのでタチが悪いです。

Re: 愛誤、バカ丸出し。

さんかくたまご さん

> 愛誤の基地害は、憲法の位置づけや上位下位法の関係、三権分立など全く理解していません。
> しかし「憲法」などコ難しいワードを用いれば、世間様がビビるとでも思っているのでしょうか。

ペット呆塾なんてすべての法を愛誤に都合良いよう解釈しているので呆れてしまいます。
愛誤の特徴として、やたらと勝手な法解釈を引っ張り出し、それにより行政や一般人を黙らせようとすることがあります。

某東京都動物愛護推進員なんて、私に面と向かって「猫を捕獲器で捕獲することは違法です」と言い放ちました。
その後、もう一度会った際に立ち会っていた東京都の担当職員に「猫を捕獲するだけであれば違法行為ではありません」と言われ、赤面していましたけどね(笑)

> 世間様には愛誤よりもっと賢いひとなんていくらでもいます。
> それでも欺けると思うところが愛誤がバカで基地害な証拠です。
> むしろバカ丸出しで笑いものにあっているのに。

愛誤はとにかく、自分たちは多くの知識を持っていて、本当に動物愛護を考えていて、行っていることはすべて正しいと思い込んでいること自体が大間違いなのです。
一般人から見ると、バカ丸出しの世間知らずな基地外なだけです。
だから、環境省も動物愛護管理法の改正のさじを投げてしまったのです(笑)

Re: No title

> どんなに馬鹿げていて、国民全体では多数ではなかったとしても、ネットで標的を決め1箇所に集中的に電話や投書を繰り返せば、相手の業務に支障を生じさせ、主張を押し通させてしまう事例が全国で起きています。一度、圧力対処能力がない者が要求を受け入れてしまえば、既成事実化して当然のように要求が続きます。そうして公園の餌やり禁止が解かれ、自治体が引き取りに難癖をつけるようになります。

一部の自治体では愛誤の手先となった、自治体の議会議員や職員により正しい動物愛護から、ずれた方向へと方針が傾いていますね。

公園の餌やり禁止看板撤去はその最たる愚策です。
公園は野良猫に餌をやる場所ではありません。

愛誤がいくら声を大きくしようが、最も優先されるのは地域住民の声です。
私の自宅近くでも、餌やりBBAが土手に住む野良猫への餌やりを容易にするために、立ち入り禁止の柵を外してしまう事件が発生しました。
柵を外してしまうと、子供が侵入し川に転落の危険性が高まります。
もちろん、自治体の担当部署に連絡し、柵を頑丈にしてもらいました。
愛誤は自分と野良猫さえよければ、他はどうなろうと関係無いと考える危険な思想の人種です。


> 権利は、不断の努力により保持しなければ、奪われてしまうものです。被害者も、対抗するためには、主張しなければいけません。毅然とした態度をとれずに流される、信頼できない自治体には、場合によっては同じように、より論理的に戦っていかなければならないと思います。捕獲殺処分自体が禁止され、野良猫が食べる可能性がある毒物の設置が禁止されてから声を上げても遅いと思います。

愛誤は野良猫のセンター収容を止めさせるよう署名活動を展開していますね。
しかし、殺処分される猫のほとんどを生ませているのは、勝手な餌やりが原因です。
餌やりの全面禁止を行うのであれば、センター収容の停止も納得できるかもしれませんが、
センター収容の禁止だけでは、のたれ死や交通事故死する野良猫が増えるだけで、衛生上もよくありません。

ノイジーマイノリティーの愚策を行政が取り入れる前に、一般市民は大きく声を上げるべきです。

No title

河野太郎議員のサイトで、動愛管理法の改正案が掲載されました。
気になるのは、引き取りの除外規定の内容と、目的を変える部分です。目的が変わると、法律全体の解釈にも影響を与えることがあります。
 法の目的は憲法と整合性があるように最後を結んだりしますが、「動物の健康の保持」の文言を入れようとしているので、どのような解釈、理論なのか気になります。(議員立法なので深い考えは無いのかもしれませんが)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

サーバントさん

> 河野太郎議員のサイトで、動愛管理法の改正案が掲載されました。

掲載されているけど、詳細が分からないですね。
河野太郎は自民党総裁を目指す気満々ですが、愛誤には取り込まれないでほしいですね。

> 気になるのは、引き取りの除外規定の内容と、目的を変える部分です。目的が変わると、法律全体の解釈にも影響を与えることがあります。

保健所、センター収容の除外規定が盛り込まれている様子ですが、動物取扱業者に対する除外規定なのでしょうか?
一般人に対しても除外規定が発効してしまうと影響が大きいかと思われます。
また、マイクロチップの義務化についても気になりますね。

>  法の目的は憲法と整合性があるように最後を結んだりしますが、「動物の健康の保持」の文言を入れようとしているので、どのような解釈、理論なのか気になります。(議員立法なので深い考えは無いのかもしれませんが)

他の法との整合性については内閣府法制局が審査することとなります。
現時点では内閣府法制局のHPに動物愛護管理法が提出法案として掲載されていないので、
9/8が会期末の今国会での成立は難しいと思われます。

動物愛護管理法より重要な特例公債法案などの改正もどうなるかわからない状況ですし、
来週に首相に対する問責決議案が提出されれば国会空転は確実です。

Re: No title

カギコメさん

はじめまして。

各種情報ありがとうございます。

今後も愛誤のとんでもない行状を取り上げていきますので。
長いおつきあいをお願いいたします。

野良猫を減らしていない訳のわからない活動の口座への振り込みは、オレオレ詐欺と同じようなものです(笑)

No title

内閣提出ではない議員立法の法案も、内閣法制局に回るのでしょうか。
 議院法制局の意見を参考程度にごり押ししてしまうのが議員立法かと思っていました。訴訟になれば負けかねない法案が内閣法制局を通らないでしょうから、事務局や法学者の懸念を無視して議論が進む小委員会の様子を見て環境省が内閣提出を避けて議員立法にしたのではないかと邪推していたのですが。

こうしてまた行政が流される

横浜市議員のwebサイトに、今まさに圧力によって行政が流される様子が見て取れます。http://www.ota-masataka.com/
引き取りを拒否に追い込むことで、残る選択肢は手術しかないと迫り、税金を使って無料手術サービスを始めさせようとしています。
法律上の業務を果たさないで起きながら、猫愛好者の新たな要求には行政サービスとして対応するというのは、おかしな話です。

↑のリンクのM機関・久留里美由紀とか

名乗っている奴、こういう奴が必要な行政の邪魔をするんですよね。

愛誤市で全国的に有名な横浜にこの法案が通ったら
全国から野良猫捨て放題天国と見做され、愛誤以外の
市民は大迷惑であり血税の浪費に苦しむ事になりそうですね。

Re: No title

サーバントさん

> 内閣提出ではない議員立法の法案も、内閣法制局に回るのでしょうか。

すみません、私の勘違いでした。
議員立法の場合は内閣府法制局での審議はせずに、各議院法制局が審議をおこなうのでした。

>  議院法制局の意見を参考程度にごり押ししてしまうのが議員立法かと思っていました。訴訟になれば負けかねない法案が内閣法制局を通らないでしょうから、事務局や法学者の懸念を無視して議論が進む小委員会の様子を見て環境省が内閣提出を避けて議員立法にしたのではないかと邪推していたのですが。

ご指摘の通り、議員たちが議院法制局の審議をごり押しで進めるのが議員立法です。
本日時点では衆議院HPには動物愛護管理法の改正法案は表示されていません。

環境省はパブコメで愛誤の組織票に呆れてしまい、一部の議員に法改正をゆだねたのかと思います。
徐々に明らかになっている改正案ですが、一般人が犬猫をセンター持ち込みすることについては何ら改正は無い様子ですね。

成立するか微妙ですが、法案の全文を早くみたいです。

Re: こうしてまた行政が流される

サーバントさん

> 横浜市議員のwebサイトに、今まさに圧力によって行政が流される様子が見て取れます。

これは横浜市の愛誤に対する優柔不断な態度にいらつきます。
はっきりと「前例、予算がないし、特定の市民の利益となる制度であるから対応できない。」と門前払いにすればいいのです。

また、愛護センター関連の獣医師は動物関連の施策の立案を担当するのが主な仕事であり、野良猫の不妊手術をするのが仕事ではありません。
愛誤は動物愛護センターの獣医師が遊んでいるとでも思っているのでしょうかね。

> 引き取りを拒否に追い込むことで、残る選択肢は手術しかないと迫り、税金を使って無料手術サービスを始めさせようとしています。
> 法律上の業務を果たさないで起きながら、猫愛好者の新たな要求には行政サービスとして対応するというのは、おかしな話です。

勝手地域猫をしている人物がいわゆるTNRを無制限に自腹でしなくていい制度なんて、税金の不公平な使われ方の最たるものです。
また、TNRの効果は証明されていないどころか、効果がほとんど無いとまで言われています。
愛誤とその手下になった市議会議員の恫喝に横浜市はめちゃくちゃにされつつあります。

Re: ↑のリンクのM機関・久留里美由紀とか

只野乙三さん

> 名乗っている奴、こういう奴が必要な行政の邪魔をするんですよね。
>
M機関って餌やりおばさんの集まりですかね。
愛誤度高すぎです。

> 愛誤市で全国的に有名な横浜にこの法案が通ったら
> 全国から野良猫捨て放題天国と見做され、愛誤以外の
> 市民は大迷惑であり血税の浪費に苦しむ事になりそうですね。

私は一時期、以前の市長が知り合いだったこともあり、かなり前に横浜市住んだことがあります。
結局、車がないと生活ができない、東京都心まで遠い、通勤電車が激混み等の理由により、1年半で引っ越してしまいましたけどね。
思ったより、住みづらかった印象があります。
その頃も野良猫はいましたが、マンション住まいだったので糞害には悩まされませんでした。

横浜が愛誤市としてこのまま突き進んでいくならば、横浜市の都市としてのステータス低下は避けられないでしょうね。
郊外に行くと住宅街ですから野良猫も住みやすいのでしょうかね。

東京都心のようにオフィスビルとマンションばかりになると野良猫も住みづらくなるのか、自然と減ってきますけどね。

こっちに書きます

>野良猫に水を掛けられただけで「虐待だ警察に通報」と騒ぐ愛護活動家もいるから「車に傷」で野良猫殺せは同じレベルでしょ
> RT @a_hosokawa 「庭にふん尿をされた」「鳴き声がうるさい」「車に傷を付けられた」、これって、野良猫を殺してしまえというほどの理由?

「たかがクルマに傷をつけられたぐらいで」というオバハン愛誤は多い。
ちょっとした傷でも、高級車の焼き付け多層塗装は、パネル一枚でも7-8万円はする。
メタリックは、小さな傷でもタッチアップは無理。
ドイツでポルシェ猫被害訴訟というのがあった。
近所で放し飼いされている猫により、ポルシェが傷つけられたため、その損害賠償を猫の飼い主にもとめたもの。
3万ユーロを請求して、2千ユーロの損害賠償が認められた。
対して野良猫の市場価値はゼロ。
経済合理性から言えば、より高価なクルマの損害を防止するために野良猫を駆除するのは合理的である。

ところで猫基地害の常套句「たかが庭を荒らされたぐらいで」「たかがクルマを傷つけられたぐらいで」。
クルマを、庭の花木をこよなく愛している人はいる。
そのような人たちにとっては、「たかが野良猫の命」。

「たかがクルマの傷」という方は、たかが数十万円と賠償金をポンと出すのか。
そうであれば、外飼いも野良猫えさやりも大目に見るのだが。

Re: こっちに書きます

さんかくたまごさん

> ドイツでポルシェ猫被害訴訟というのがあった。
> 近所で放し飼いされている猫により、ポルシェが傷つけられたため、その損害賠償を猫の飼い主にもとめたもの。
> 3万ユーロを請求して、2千ユーロの損害賠償が認められた。
> 対して野良猫の市場価値はゼロ。
> 経済合理性から言えば、より高価なクルマの損害を防止するために野良猫を駆除するのは合理的である。
>
このツイートはペット呆塾の弁護士がしているので、呆れてRTしました。
弁護士ならば、餌やりされている野良猫による損害の賠償が発生する可能性があると理解しているはずなのにね。
法的な経済価値からすればご指摘の通り野良猫には価値はありませんし、一般人からすれば自動車の方が明らかに価値があり、大切にされている方も多いと思われます。

> ところで猫基地害の常套句「たかが庭を荒らされたぐらいで」「たかがクルマを傷つけられたぐらいで」。
> クルマを、庭の花木をこよなく愛している人はいる。
> そのような人たちにとっては、「たかが野良猫の命」。
>
猫だけ愛誤以外では一般的に、クルマ>野良猫です。
タイヤや車体に傷つけられれば誰だって怒りますし、その原因となった野良猫を排除してほしいと考えるのは当然の思考です。

> 「たかがクルマの傷」という方は、たかが数十万円と賠償金をポンと出すのか。
> そうであれば、外飼いも野良猫えさやりも大目に見るのだが。

「たかが数十万円」を払ってくれる餌やりBBAは世の中にどの程度いるでしょうね?
ほとんどの餌やりBBAは汚いママチャリにキャットフードを積んで、こそこそと餌をばらまいているのでそこまで資産があるとは到底思えません。

No title

そもそも猫キチガイは人間なのか?妖怪か悪魔か何かじゃないのか?

他人の迷惑も考えられないし、注意されれば開き直って嫌がらせをする

どんだけ話し合おうとも永遠に理解できない、究極の自己中
「猫が好きな自分は何をしても許される!私の思い道理にならないなら仲間を集めて嫌がらせするわ!他人の迷惑とか人間のエゴなんて全く関係ないのよ!私の都合のいい話にしなきゃダメなの!」
って考えの異常者、どう見ても人間じゃないだろここまで狂ってるのは
妖怪か悪魔でしかないわ
プロフィール

三二一閣下

Author:三二一閣下
正しい動物愛護、飼育についての啓蒙推進をブログ記事にしていきます。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ブロとも一覧

さんかくの野良猫餌やり被害報告

野良猫駆除協力会本部

迷惑な愛誤達
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。