スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動物愛護管理法の改正について

動物の愛護及び管理に関する法律(以下、動物愛護管理法。)の法改正案が昨日の参議院で可決し、おそらく来年夏までには施行されると思われます。
改正についての要綱は以下の衆議院HPリンクにあります。

動物の愛護及び管理に関する法律の一部を改正する法律案-要綱

いくつか気になる点をここで取り上げます。
まずはシェルター運営者を第二種動物取扱業者とし届出制とすること。

第三 第二種動物取扱業者
 一 一定の飼養施設を設置して動物の取扱業を行おうとする者(第一種動物取扱業の登録を受けるべき者及びその取り扱おうとする動物の数が環境省令で定める数に満たない者を除く。)は、第六の都道府県等が犬又は猫の引取り等を行う場合等を除き、飼養施設の所在地等を都道府県知事に届け出なければならないこと。(第二十四条の二関係)
 二 変更の届出、動物の管理の方法等に関する基準の遵守義務、勧告及び命令等に関する所要の規定を設けること。(第二十四条の三及び第二十四条の四関係)


これはいわゆる愛護(誤)団体が運営する一時保護シェルターを届出制とし、自治体の管理を容易とするものです。

私自身は大変歓迎すべき法改正と考えております。
現状では、動物愛護(誤)団体に対する法規制は一切ありませんでした。
しかしながら、愛護(誤)団体が大規模なシェルターを開設し、周辺住民に大きな迷惑をかけるなどの事例が過去に多く発生した為に、自治体が管理すべき情報として届出制となったのでしょう。

現状、猫を数十匹以上保護管理していることを公表しているブログを多く見かけます。
おそらく、改正法施行時にはこれらのシェルターもすべて届出対象となり、一般市民が自治体に照会すれば容易に存在地を知ることが可能になると思われます。
今までよくあった「近所にこんなに猫が多く保護されている建物があったなんて知らなかった。」等ということも、自治体に照会すれば情報を得られるのです。
愛護(誤)団体に対する法規制として大きな一歩かと思います。

続いて、生活環境の保全について具体的に例示し、不適正飼育への自治体の介入の明文化です。

第四 周辺の生活環境の保全等に係る措置
 一 周辺の生活環境が損なわれている事態として、騒音又は悪臭の発生、動物の毛の飛散、多数の昆虫の発生等を例示すること。(第二十五条第一項関係)
 二 都道府県知事は、多数の動物の飼養又は保管が適正でないことに起因して動物が衰弱する等の虐待を受けるおそれがある事態として環境省令で定める事態が生じていると認めるときは、当該事態を改善するために必要な措置をとるべきことを命じ、又は勧告することができること。(第二十五条第三項関係)


生活環境が損なわれている事態として「騒音又は悪臭の発生、動物の毛の飛散、多数の昆虫の発生等」と明文化されたので、不適正飼育による生活環境の悪化を明示しやすくなりました。
悪臭の発生はそもそも飼育として論外な事象ですが、動物の毛の飛散についても動物アレルギー患者の方々にとっては生死にかかわる事象ですから法改正は歓迎すべきかと思われます。

次に35条の自治体による犬猫の引き取りについて。
要綱では以下の通り改正されると書かれています。

第六 犬及び猫の引取り
 一 都道府県等が、犬猫等販売業者から犬又は猫の引取りを求められた場合その他の終生飼養の責務の趣旨に照らして引取りを求める相当の事由がないと認められる場合には、その引取りを拒否することができること。(第三十五条第一項関係)
 二 都道府県知事等は、引取りを行った犬又は猫について、殺処分がなくなることを目指して、所有者がいると推測されるものについてはその所有者を発見し、当該所有者に返還するよう努めるとともに、所有者がいないと推測されるもの、所有者から引取りを求められたもの又は所有者の発見ができないものについてはその飼養を希望する者を募集し、当該希望する者に譲り渡すよう努めること。(第三十五条第四項関係)


業者からの引取り要請については終生飼育の責務の趣旨に照らして、引取りを拒否すべきは歓迎すべき法改正かと思われます。

今回の改正案では触れられていないですが、所有者がいないと推測される犬猫の引取りについては現状通りの運用が続けられることを望みます。
愛誤活動家は、自治体による野良猫の仔猫の引取りまでもを拒否するように署名活動を続けていますが、親猫に見捨てられた野良猫の仔猫はそのままで生き延びられる可能性はほとんどありません。
自治体が引取りを拒否すれば、カラスの餌になってしまうか、そのまま死に至るだけです。
愛誤のバカげた要望を今後も国会議員や環境省が受け入れないことを望みます。


その他の罰則の引き上げや犬猫の販売開始週齢については殺処分の減少に対しては大して効果があるとは思えませんが、他の効果がある可能性もあるので歓迎します。

残念なのでは、マイクロチップの義務化について以下の通りに努力義務を課したのみであることです。

 (マイクロチップの装着等)
第十四条 国は、販売の用に供せられる犬、猫等にマイクロチップを装着することが当該犬、猫等の健康及び安全の保持に寄与するものであること等に鑑み、犬、猫等が装着すべきマイクロチップについて、その装着を義務付けることに向けて研究開発の推進及びその成果の普及、装着に関する啓発並びに識別に係る番号に関連付けられる情報を管理する体制の整備等のために必要な施策を講ずるものとする。
2 国は、販売の用に供せられる犬、猫等にマイクロチップを装着させるために必要な規制の在り方について、この法律の施行後五年を目途として、前項の規定により講じた施策の効果、マイクロチップの装着率の状況等を勘案し、その装着を義務付けることに向けて検討を加え、その結果に基づき、必要な措置を講ずるものとする。


犬猫(野良猫を含む)に対するマイクロチップの義務化を進めることが殺処分の大きな減少につながることは明白な事実です。
早急なマイクロチップの義務化を行い、犬猫の身元が容易に判別できる社会を実現していただきたいと思います。


↓ブログランキング参加中、よろしければクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ



QLOOKアクセス解析






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今回の改正は概ね

納得出来る部分も有りますが
マイクロチップがねぇ・・・。

結局、個体識別の現実的な最終的手段が努力じゃ
地域野良猫やったって効果が判断出来ないから
愛誤の餌付け好き放題が続くだけで終わりそうですね。

まぁムダに増えてカラス等の野生動物の餌になる分は
いいんですが、拒否しない代わりに
送致した保健所では7日間の猶予を与えず
その場で即〆めても問題無しということにすれば
ムダに世話しなくて済むし経費も掛からず
血税のムダも少しは減るかも知れませんが・・・。

No title

第二種は実験動物の販売業者を狙おうとしているのではないかと感じます。

Re: 今回の改正は概ね

只野乙三さん

> 納得出来る部分も有りますが
> マイクロチップがねぇ・・・。
>
アホな民主党が仕切っていたので、トンデモな要望が受けいられるかとヒヤヒヤしていましたが
とりあえず無難な法改正ですね。

> 結局、個体識別の現実的な最終的手段が努力じゃ
> 地域野良猫やったって効果が判断出来ないから
> 愛誤の餌付け好き放題が続くだけで終わりそうですね。
>
野良猫を含むマイクロチップ義務化がないと、地域猫の個体管理なんて机上の空論です。
マイクロチップがあれば、野良猫の流入や移動の管理も可能となります。
流入があっても野良猫の身元が判明するのですから、マイクロチップは野良猫管理にも有用です。

不妊去勢すれば餌やりし放題のインチキ地域猫では効果はほとんどありません。

> まぁムダに増えてカラス等の野生動物の餌になる分は
> いいんですが、拒否しない代わりに
> 送致した保健所では7日間の猶予を与えず
・・・
> 血税のムダも少しは減るかも知れませんが・・・。

確か、東京都では野良猫の仔猫はほぼ翌日殺処分かと思われます。
放っておいても、数日で死亡してしまうのでね。

野良猫がカラスの餌になって、カラスが増えるのも個人的には困ります。
カラスは野良猫よりも明らかに知能が高く捕獲は難しいのです。
で、猫以上にゴミあさりをします。
ま、自然の摂理内でカラスが猫を食べるのは致し方ありません。

しかし、法改正で野良猫の譲渡努力義務が盛り込まれましたが、
愛誤以外で好き好んで野良猫の成猫をもらう人は大変少ないです。
野良猫の習性が染みついた猫を飼い猫化することはほぼ不可能でしょうしね。

離乳直後の仔猫以外は貰い手はほとんどないでしょう。

Re: No title

サーバントさん

> 第二種は実験動物の販売業者を狙おうとしているのではないかと感じます。

どうなんでしょうね??
実験動物の法規制をターゲットとした新規規制であれば、愛誤が大喜びするのですが、
本件については愛誤は口を噤んでいます。

今回の法改正について愛誤は「実験動物が盛り込まれなかった」と文句を言うだけで、他の修正項目についてほぼノーコメントです。
愛誤が歓迎する法改正であるとは思えません。

マイクロチップ

私もマイクロチップだけじゃなく販売する犬猫は去勢避妊したものしか販売できない様にすることを希望します。


35条も規制を受けるのは、動物販売業のみですね。
業者でなければ、関係無いですが、現場は引き取りを不法拒否する可能性はあります。

愛護団体も不特定多数に対して継続的に犬猫を譲渡するなら業となると私は思います。

7条にも罰則規定が欲しい所です。

でも44条の罰則が引き上げられることについての効果は疑問です。


猫糞被害者@名古屋様

>私もマイクロチップだけじゃなく販売する犬猫は去勢避妊したものしか販売できない様にすることを希望します。

既に都市部では、室内飼いしている猫の8割が不妊去勢されています。
ですからペットショップ販売の犬猫の不妊去勢手術を義務付けたところで、野良猫の減少効果はないでしょう。
ペット飼育者は、繁殖を希望する人もいます。
ブリーダーが売れ残りを引取りこともあります。
ですから一律不妊去勢を義務付けることは難しいでしょう(ベルギーでも、純血種の猫で、繁殖を希望場合は不妊去勢義務が免除されます)。
猫に関しては、野良猫の増加や殺処分の原因を作っているのは、無責任に飼育もしないのに餌やりだけする人たちの存在です。
野良猫が自然繁殖するのです。
飼い猫は、入手経路がどうであれ、マイクロチップの装着を義務づけるのは効果があります。
保健所が受理した猫が未装着であった場合は即処分。
野良猫の被害がひどければ、行政が捕獲するのもアリです。
マイクロチップ未装着ならば即処分。
マイクロチップが装着された猫が板ならば、飼い主を厳重注意か、不適正飼育への罰則を課すことができます。

Re: マイクロチップ

猫糞被害者@名古屋さま

> 私もマイクロチップだけじゃなく販売する犬猫は去勢避妊したものしか販売できない様にすることを希望します。
>
ベルギー等では不妊去勢が法により義務化されてますね。
日本では義務化はされていないものの、一部の動物愛護団体を中心に義務化要求はあります。
しかし、愛護(誤)団体が主張するほど、ペットショップで販売された犬猫が子供を産んで、その仔犬、仔猫が捨てられているケースは少ないと思われます。
特に猫については、販売されているのは純血種のみなので、純血種の捨て猫が非常に少ないことから99%以上は野良猫または野良猫を飼い猫化した猫の仔猫が捨てられているのでしょう。

> 35条も規制を受けるのは、動物販売業のみですね。
> 業者でなければ、関係無いですが、現場は引き取りを不法拒否する可能性はあります。
>
東京都は成猫の引き取りを実質的に全面拒否しています。
成猫引き取り拒否が全国に広がれば、交通事故死や病死して放置される猫が増えるだけです。
環境的にどっちが良いかは明白です。

> 愛護団体も不特定多数に対して継続的に犬猫を譲渡するなら業となると私は思います。
>
個人またはNPOであっても継続的に犬猫の譲渡を行えば業とみなされます。
自治体は監視を強めていただきたいです。

> 7条にも罰則規定が欲しい所です。
>
7条罰則付与は愛誤の反発がありそうですね。
しかし、不適正飼育の定義の明文化がなされたので、今後も不適正飼育に対しては規制が強まるでしょう。

> でも44条の罰則が引き上げられることについての効果は疑問です。

44条での有罪判決なんて年に1件か2件ある程度です。
立件要件が厳しいので、現行犯や死体が保存されているケースのみしか立件されません。
ましてや、遺棄については遺棄の定義があいまいなので、ザル法となってます。

Re: 猫糞被害者@名古屋様

さんかくたまごさん
横レスです。
>
> 既に都市部では、室内飼いしている猫の8割が不妊去勢されています。
> ですからペットショップ販売の犬猫の不妊去勢手術を義務付けたところで、野良猫の減少効果はないでしょう。

特に猫については、純血種の野良猫がいないことからも、ペットショップ購入猫を捨てるケースがほとんどないということでしょう。
なので、ご指摘の通りかと思われます。

> 猫に関しては、野良猫の増加や殺処分の原因を作っているのは、無責任に飼育もしないのに餌やりだけする人たちの存在です。

そうです!無責任無計画な餌やりが野良猫の富栄養化を促し、年に3回もの出産を引き起こしているのです。
餌やりを規制すれば、年複数回の出産はあり得ません。

> 飼い猫は、入手経路がどうであれ、マイクロチップの装着を義務づけるのは効果があります。
> 保健所が受理した猫が未装着であった場合は即処分。
> 野良猫の被害がひどければ、行政が捕獲するのもアリです。
> マイクロチップ未装着ならば即処分。
> マイクロチップが装着された猫が板ならば、飼い主を厳重注意か、不適正飼育への罰則を課すことができます。

自治体が実証実験として全飼い犬猫へのマイクロチップ装着を行ってほしいと思います。
で、保健所やセンターで収容した犬猫のマイクロチップ装着率を測定するのです。
そうすれば、ペットの収容率が判明し、愛誤が主張する「ペットショップが殺処分の原因」が真実であるかが判明します。

純血種の野良犬、野良猫が少ないことから結果は容易に予測できます。
マイクロチップを義務化してしまうと、ペットショップを攻撃する材料の一つの理由が消えてしまうので、愛誤はマイクロチップ反対の立場をとるのでしょうね。

不妊去勢手術についての追記

不妊去勢手術を実施するには、ある程度性成熟していることが必要です。
めどとしては、猫であれば生後半年程度。
対してペットショップで売られる個体はせいぜい生後2、3ヶ月までの仔猫仔犬です。
だからペットショップが不妊去勢手術をすることはできません。

Re: 不妊去勢手術についての追記

さんかくたまごさん

> 対してペットショップで売られる個体はせいぜい生後2、3ヶ月までの仔猫仔犬です。
> だからペットショップが不妊去勢手術をすることはできません。

ご指摘の通りですね。
ベルギー等のペットの不妊去勢義務国は、どのような運用で不妊去勢手術を義務化させているのか個人的には気になります。

No title

ベルギーは知りませんが、ドイツ、パーダーボルン市の条例の原文を読みました。
飼い猫は、マイクロチップ(今年の7月12日に、EU内では犬猫のマイクロチップによる登録情報データーベースが共通化されました)に飼い主情報とともに不妊去勢の有無の登録も義務付けます。
不妊去勢手術を行った場合は、獣医師の証明書が発行されます。
ドイツでは、徘徊している犬猫は保護されて、迷い犬猫のデーターベースに登録される場合が多いです。
もしマイクロチップが装着され、不妊去勢手術未実施であれば、飼い主に対して罰則が適用されます。
しかしドイツは、案外猫飼育に関してはいい加減です。
未登録で、餌だけやっている人も日本以上に多いようです。
でも徘徊している猫は、保護施設に保護されたあと、飼い主登録がなければ安楽死されることが多いようです。

ドイツでは、ティアハイムと言われる保護施設ではもちろん、個人の飼い主でも広くペットの安楽死を行なっています。
記事でご紹介しますが。

Re: No title

さんかくたまごさん

> 飼い猫は、マイクロチップ(今年の7月12日に、EU内では犬猫のマイクロチップによる登録情報データーベースが共通化されました)に飼い主情報とともに不妊去勢の有無の登録も義務付けます。
> 不妊去勢手術を行った場合は、獣医師の証明書が発行されます。
> ドイツでは、徘徊している犬猫は保護されて、迷い犬猫のデーターベースに登録される場合が多いです。
> もしマイクロチップが装着され、不妊去勢手術未実施であれば、飼い主に対して罰則が適用されます。

なるほど、マイクロチップにより所有者が明確化されているから、違反者には罰則を与えることも可能なのですね。
ならば、やはり日本もマイクロチップ装着義務化が必要です。

> でも徘徊している猫は、保護施設に保護されたあと、飼い主登録がなければ安楽死されることが多いようです。
>

日本は世界でトップクラスに野良猫に対し寛容な国かと思います。
自治体が野良猫駆除したら愛誤が大騒ぎする国ですものね。

次回記事に書く予定ですが、ランニング中に某都立公園で大規模餌やりを目撃したので、思わず写真を撮ってしまいました。
ちょっと調べたら、どうやらその餌やりの人物は勝手地域猫をかなりの広範囲で展開しているらしく、ブログにその様子が詳細に書かれていました。
かなり苦情も出ている様子なので問題提起したいと思います。

↑の横レスです

「人物は勝手地域猫をかなりの広範囲で展開しているらしく、ブログにその様子が詳細に書かれていました」って私も興味深々、是非
記事に願います。

我が西宮市内にもいますが

最近までペット不可の賃貸マンションに住んでいた、保護猫譲渡ビジネスをしている、西宮の自称猫ボラwがFC2でブログを持っています。
餌やり禁止公園で猫を放牧し、譲渡先カモが見つかれば公園から猫をフン捕まえてきます。
カリカリや煮干を地べたにばらまくわ、トイレを猫小屋代わりにするわ、ブログで「この公園はいいわ。砂場があって猫のトイレになる」とほざく 。
放牧している猫が度々死にます。
近所の住民から「あなたの猫でしょ、あなたが片付けなさい」と注意されると「なんで私が片付けなきゃいけないのよ」と住民に食って掛かります(本人のブログにも書かれています)。

同じ市内だし、私の町内や拙宅の画像をアップしたこともあるし、大体私の記事を読めば、市内の人は私が住んでいるところは推測できます。
ということで、逆恨み襲撃されると怖いので、この基地害のブログは取り上げていません。

No title

法律改正の際の環境委員会の附帯決議では、

「二 第二種動物取扱業の導入に当たっては、不適正飼養が疑われる一部の動物愛護団体の施設への立入検査等を着実に行う一方で、犬猫の殺処分頭数の減少に寄与している多くの動物愛護団体の活動に影響を及ぼさないよう配慮すること。また、地方自治体の判断で動物愛護団体を届出の対象外とする場合には、団体によって不公平な取扱いとならないよう明確な基準等を基に審査を行い、客観性を十分に担保することを地方自治体に徹底させること。 」

となっているので、動物愛護団体が対象となっているようですね。一方、

「八 飼い主のいない猫に不妊去勢手術を施して地域住民の合意の下に管理する地域猫対策は、猫に係る苦情件数の低減及び猫の引取り頭数の減少に効果があることに鑑み、官民挙げて一層の推進を図ること。なお、駆除目的に捕獲された飼い主のいない猫の引取りは動物愛護の観点から原則として認められないが、やむを得ず引き取る際には、猫の所有者又は占有者を確認しつつ関係者の意向も踏まえた上で、引取り後に譲渡の機会が得られるよう最大限努めるよう、各地方自治体を指導すること。」

と法律に反することが決議されてもいます。附帯決議は、何の法令審査も受けておらず、議員の個人的見解レベルの内容で、そのまま委員会で可決されてしまうため、矛盾した内容でも通ってしまい、そのため、法的拘束力はないとされています。

しかしながら、今後、動物愛護団体がますますこの決議を盾に自治体に引取り拒否を迫っていくことは想像に難くありません。附帯決議には法律を超える拘束力はないのですから、これを理由に引取りを拒否することは違法であることを自治体に説明していく必要を感じます。

Re: No title

サーバントさん

> となっているので、動物愛護団体が対象となっているようですね。一方、
>
これは愛護(誤)団体規制の第一歩なので評価できます。

> と法律に反することが決議されてもいます。附帯決議は、何の法令審査も受けておらず、議員の個人的見解レベルの内容で、そのまま委員会で可決されてしまうため、矛盾した内容でも通ってしまい、そのため、法的拘束力はないとされています。
>
議員立法なので多少の齟齬は致し方ないのでしょう。
法の本文が優先されるのですから。

> しかしながら、今後、動物愛護団体がますますこの決議を盾に自治体に引取り拒否を迫っていくことは想像に難くありません。附帯決議には法律を超える拘束力はないのですから、これを理由に引取りを拒否することは違法であることを自治体に説明していく必要を感じます。

引き取り拒否をしても、のたれ死になる野良猫が増えるだけです。
先日も私の通勤経路上にいつもいたサビ猫が突如姿を消しました。
今年の夏は暑く長いので体調を崩して虹の橋を渡ったのかもしれません。

のたれ死にする猫を増やすくらいならば、仔猫の頃に自治体が収容すべきです。

パブコメ募集してますね

http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=15944
プロフィール

三二一閣下

Author:三二一閣下
正しい動物愛護、飼育についての啓蒙推進をブログ記事にしていきます。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ブロとも一覧

さんかくの野良猫餌やり被害報告

野良猫駆除協力会本部

迷惑な愛誤達
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。