スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫は小動物に深刻な脅威、年間200億匹を捕食=米調査

ロイター-猫は小動物に深刻な脅威、年間200億匹を捕食=米調査

[29日 ロイター] 米国では毎年、鳥37億羽と小型哺乳類207億匹が、猫によって殺されているという。米魚類野生生物局(FWS)とスミソニアン保全生物学研究所の調査チームが29日、科学誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」で発表した。

ペットとして飼われている猫や野良猫による捕食を統計としてまとめ、体系的に分析したのは今回が初めて。同チームは、猫による野生生物の死亡数は、以前考えられていたより大幅に多いと指摘している。

調査によると、猫に殺されている鳥の多くは、アラスカ州とハワイ州を除く米国48州では、コマドリやフィンチ、アメリカゴガラなどの在来種。また、人口の密集した都市部では、主として外来種のネズミを捕食しているが、郊外や農村部では在来種のネズミのほか、リスやウサギなどの小型哺乳類を獲物にしているという。

調査チームは、自由に歩き回る猫が野生生物に深刻な脅威をもたらしており、一部の鳥や小動物の絶滅の一因にもなっている証拠が山積しているにもかかわらず、猫の管理は科学的根拠よりも、感情論に基づいて形成されていると指摘。「野放しの猫の管理に対する現在の非科学的アプローチの主な要因は、猫の捕食による(野生生物の)死亡数が、事故など人間由来の脅威に比べれば取るに足りないという理屈が背景にある」としている。

野鳥保護団体は今回の調査結果について、猫の飼い主や地域社会への警鐘になると歓迎。同団体のスポークスマンは「われわれは可愛くてフワフワした猫は大好きだが、この捕食者が自由に行動するのをこれ以上見過ごすことはできない」と語った。


なかなか興味深い調査結果についての報道です。
米国での調査なのですが、コメントについては日本の現状に照らし合わせても共感できるところがあります。

「野放しの猫の管理に対する現在の非科学的アプローチの主な要因は、猫の捕食による(野生生物の)死亡数が、事故など人間由来の脅威に比べれば取るに足りないという理屈が背景にある」

上記の一文は愛誤や飼い主や餌やりBBAが外飼いをし続ける際の言い訳をまさに指摘しており、笑ってしまいました。
愛誤な方々は「猫ちゃんが鳥を捕るのは本能だから仕方ないの、それより人間の方が公害や自動車で多くの鳥を殺しているでしょ。」と理屈を捏ね回しますよね。

日本国内でも奄美沖縄地方、小笠原等で在来希少種の小動物がノネコに捕食され大きな問題となっているのは読者の皆様もご存知かと思います。
奄美市ではその対策のために「飼い猫の適正な飼育および管理に関する条例」を定め、飼い猫の登録義務化と室内飼育、マイクロチップの努力義務を課しました。

米国の公的機関が外猫による捕食被害を統計としてまとめた事は、今後の希少動物保護への大きな一歩かと思います。

日本の環境省も見習って、日本国内で同様の調査を行ってほしいとも思います。
少なくとも、効果がない地域猫の広報を行ったり、TNRへの補助を漫然と続けるよりは公益にかなう税金の使い方かと思います。



↓ブログランキング参加中、よろしければクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ



QLOOKアクセス解析






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

TNR反対の根拠

TNRの反対の根拠として、海外では必ず野生動物への被害が指摘されます。
対して、日本では皆無に近いです。
それが日本の動物愛護の後進性かもしれませんね。

猫だけの問題じゃないですね

ご無沙汰してます。

>「野放しの猫の管理に対する現在の非科学的アプローチの主な要因は、猫の捕食による(野生生物の)死亡数が、事故など人間由来の脅威に比べれば取るに足りないという理屈が背景にある」

「猫」を「マングース」「アライグマ」等に置き換えても、蹴る尾無や熊漏り兇潰が振りかざす空論と通じますね。
これらの人達からすると、人間の公共工事や開発が元凶で、外来種には罪はないだと言いたいらしいです。
勿論科学的根拠はありません。
確かに過度の開発や森林伐採等は慎まねばならないとは思いますが、それが外来種駆除の是非と同列で論じられる理由にはならないと思ってます。

>鳥37億羽と小型哺乳類207億匹が、猫によって殺されているという。

それ位食べてて不思議はないですね。
恒温動物は変温動物に比べ、倍以上の食料を要します。
例えば、在る本で指摘されていたのですが、100頭のアンテロープ(レイヨウの一種)でワニだったら10頭養えるけどライオンだったら1頭しか養えないとの事。
つまり、哺乳類だったら一頭あたりの食料消費量が莫大なものになるって事。
見方を変えたら、一頭駆除すればその一頭生かしておいた事による被害が防げる。それが焼け石に水であっても、駆除する事としないこととの落差は大きいです。
ですから、熊漏り兇潰の「もう根絶は不可能、予算の無駄使いだから駆除反対」が如何に無意味なものであるかが判ります。根絶に程遠くともコツコツやっていけば全くやらないよりは被害は減ります。

猫とは関係ない話になっちゃいましたが。

本能なんだから・・・

「愛誤な方々は「猫ちゃんが鳥を捕るのは本能だから仕方ないの、~」ってのは
野良猫の遊びなんですよね。
だからこそ、それが野生動物に被害を及ぼさぬように
室内管理すれば済むことなんですがね。

部屋の中で猫じゃらしでも充てがってりゃ済む話でしょ。

だったら、野良の子猫もカラスやオナガ鳥の玩具にされても
文句言わないことです。
「私の家の近くでは野良の子猫はオナガに狙われますから
オナガはカラスより獰猛です」

Re: TNR反対の根拠

さんかくたまごさん

> TNRの反対の根拠として、海外では必ず野生動物への被害が指摘されます。
> 対して、日本では皆無に近いです。
> それが日本の動物愛護の後進性かもしれませんね。

日本では野生動物の保護運動をしている方の割合が非常に低いかと思います。
ほとんどの動物愛護運動の対象が犬猫ですからね。
非常に歪んだ動物愛護活動かと思います。

しかも、一部の自称猫保護活動家たちは猫以外の動物が、
猫が希少動物を捕食しても危機感がないどころか、助長している様子ですしね。
後進性どころか異常性に満ち溢れています。

Re: 猫だけの問題じゃないですね

オキキリムイさん

> 「猫」を「マングース」「アライグマ」等に置き換えても、蹴る尾無や熊漏り兇潰が振りかざす空論と通じますね。
> これらの人達からすると、人間の公共工事や開発が元凶で、外来種には罪はないだと言いたいらしいです。
> 勿論科学的根拠はありません。
> 確かに過度の開発や森林伐採等は慎まねばならないとは思いますが、それが外来種駆除の是非と同列で論じられる理由にはならないと思ってます。
>
人間による希少動物の絶滅は当然に議論されるべき問題ですが、
猫による捕食問題を無視するための理由とはなりえません。

希少動物が生息する環境では猫の外飼いは規制されるべきです。

> ですから、熊漏り兇潰の「もう根絶は不可能、予算の無駄使いだから駆除反対」が如何に無意味なものであるかが判ります。根絶に程遠くともコツコツやっていけば全くやらないよりは被害は減ります。
> 猫とは関係ない話になっちゃいましたが。

外来種の防除反対運動については「ドイツでは定着後50年を経た外来種を在来種とみなす」と悪質な嘘を流し
自治体の防除活動を廃止に持ち込もうとした奴らですからね。
外来種駆除はやらないより、やった方が良いに決まっています。
アライグマの防除は民間レベルで盛り上げるべきです。

Re: 本能なんだから・・・

只野乙三さん

> 室内管理すれば済むことなんですがね。
> 部屋の中で猫じゃらしでも充てがってりゃ済む話でしょ。
>
猫の外飼いは猫にも人にも明らかにデメリットが大きいのに、続ける理由が分かりません。
だから愛誤になるのでしょうけどね。

> だったら、野良の子猫もカラスやオナガ鳥の玩具にされても
> 文句言わないことです。

そうそう。あと、犬が野良猫をガブリとやっちまっても文句を言わないでほしいですね。
中国人やベトナム人が野良猫捕まえて、猫鍋パーティーしても文句言ってはいけませんwww

愛誤は小学生並みの計算もできないでしょうか?

統計的データに基いて考えるべきです。

例えば、医師なんか多くの人の死に直面しますし

医学の進歩は治療方法の仮説と検証の統計により

最善な治療方法を確立する職業ですから

愛誤は少ないと私は感じています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 愛誤は小学生並みの計算もできないでしょうか?

> 統計的データに基いて考えるべきです。
> 例えば、医師なんか多くの人の死に直面しますし
> 医学の進歩は治療方法の仮説と検証の統計により
> 最善な治療方法を確立する職業ですから
> 愛誤は少ないと私は感じています。

バカや白痴でコミュニケーション能力に欠けるから愛誤になるのです。
一部の確信犯的愛誤はこうした烏合の衆な愛誤を利用し金儲けするために愛誤のふりをしますけどね。

医師のほとんどが動物実験の恩恵にあずかっているので、愛誤な人は非常に少ないでしょう。

Re: No title

匿名鍵コメ様

愛誤って本当に関わりたくない人たちですね。
私の実家のすぐ近所にも多頭飼い基地外BBAがいて、外飼いしていた猫が行方不明になったのを
私か私の家族が原因だと思い込んで、一時期は警察に何度も抗議に行っていたらしいです。
当然、警察は話を聞くだけでまともには取り合わないので、
BBAは動物愛護推進員からもらった変な動物虐待防止ポスターを街中に張り始めました。

当然、ほとんどが許可無しに張ったので、数日で全て剥がされ捨てられて、全く迷惑な基地外です。
それに加担する動物愛護推進員もどうにかしています。

以前に比べると、愛誤に加担しない中立的な役人も増えているので、役人の頑張りに期待するしかないです。

猫だけ哀誤は大タワケ

ご無沙汰してます。

某哀誤ブログでもこの件が記事になってました。
http://ameblo.jp/aricenokuni/entry-11475304825.html

これは朝日新聞のデジタル記事。
http://www.asahi.com/eco/articles/TKY201302190023.html
>猫を殺せば野鳥救える? 野鳥保護団体「深刻な脅威」

で、こちらがJ-castニュースのサイトより。
http://www.j-cast.com/s/2013/02/20166196.html
>「猫を殺せば野鳥救える」に猫好き「発狂」 「殺すな」「ふざけんな!」怒り爆発
>日本のネットでも、愛猫家たちが2ちゃんねるやツイッターなどに「ひどい!」「殺すな!」といった怒りを次々に書き込んでいる。
>中には「野鳥保護団体殺せば猫が救えるってことになる」といった過激な書き込みも見られる。

件の哀誤ブログのコメントに口あんぐりです。

>猫が空を飛びますか?

どうにもならないウマシカです。
死んでも直らない位のウマシカです。
鳥だって飛びっぱなしじゃないでしょうに。飛んだら必ず降ります。
それに生まれてすぐ飛べる雛なんかいないですし、鳥は鳥目、つまり夜は目が見えません。だけど猫は夜行性です。

このウマシカが思ってる以上に野鳥が猫の餌食になるリスクはとても高いです。
このウマシカはそれが判ってません。
ついでに、このブログの管理人も。

どうしようもありません。

Re: 猫だけ哀誤は大タワケ

オキキリムイさん
コメントありがとうございます。


> 鳥だって飛びっぱなしじゃないでしょうに。飛んだら必ず降ります。
> それに生まれてすぐ飛べる雛なんかいないですし、鳥は鳥目、つまり夜は目が見えません。だけど猫は夜行性です。
>
愛誤の知能の低さが分かってしまうような、バカなコメントですね。
猫は鳥類のヒナをもよく狙います。
トリの中には、木の上などの高所でなく、草むら、岩地等に営巣するするいもいます。
アホウドリがそうですね。
本来は猫がいない地域で営巣していたのですが、猫の流入によりヒナを捕食され絶滅の危機に陥るのです。

> このウマシカが思ってる以上に野鳥が猫の餌食になるリスクはとても高いです。
> このウマシカはそれが判ってません。
> ついでに、このブログの管理人も。
> どうしようもありません。

猫だけ愛誤の特徴に、猫に都合悪いことの報道について猫が及ぼす悪影響は過小評価。
猫が被害を受けた報道については、その問題を過大評価します。

先日も、愛媛に引っ越した嘘つき丸子は、近所の公園の池で猫の死体が浮いていただけで
警察に通報した挙句、次は人間が被害にあうと大騒ぎしたらしいです。
どこまでバカなのか呆れます。

No title

関係ないけれど、また例の掲示板でアク禁喰らいました。
書き込みしようと思ったのに。
「ネココプター」。
http://www.youtube.com/watch?v=2kO-DjLJ_pE

学術的には、外来種である野猫・野良猫は全滅して構わないのです。
むしろ侵略的外来種は絶滅するのが望ましい。
しかしそれが猫飼育を規制することには結びつきません。
適正飼育して逃げ出さないようにすればいいだけの話です。

意図的に母国語を誤訳する丸子氏ですが。
母国オーストリアでは、ドイツと同じく、飼い主のいない猫は狩猟対象です。
民家から300m以上離れていれば所有者無しとして、狩猟OKです。
人口比ではドイツほどではありませんが、日本よりはるかに多くの猫を狩猟しています。
犬は日本と同程度を狩猟駆除しています。
さらにオーストリアでもティアハイムがありますが、オーストリア政府はティアハイムでの殺処分を容認していて、一定数の殺処分数があります。
それらを合計すれば、日本での犬猫殺処分数は、人口比で丸子氏の母国よりはるかに少ないです。
それもスッパ抜こうと思っています。

ネココプター

ネココプターは、本物の猫の死体です。
ロシア人のやることは意味不明。

「ネココプター」。

愉快な動画ですね。

私もかつてラジコン少年だったので
ジャンク部品かき集めて作ってみたくなりましたよ。

ついでに
ラスカル版やハクビシン版もいけそうですね。
三味線の皮にするより原型が活かされるので
野良猫の再利用には良い?アイデアですね。

そうそう、これなら空飛ばさなくても中繰り抜いて
スパイロボットとして使えそう「中身は◯イボとか?」

猫コプター

これは猫の剥製ですね。
剥製だと軽いですから飛行可能となるのでしょう。

馬鹿馬鹿しいことを考えるなぁ笑。l

テレビ局の取材を普通に受けているようです。

日本の猫愛護家は「ムキー!」なのかもしれませんが
国によって感覚が違うってことだと思います。


プロフィール

三二一閣下

Author:三二一閣下
正しい動物愛護、飼育についての啓蒙推進をブログ記事にしていきます。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ブロとも一覧

さんかくの野良猫餌やり被害報告

野良猫駆除協力会本部

迷惑な愛誤達
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。