スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪市の政策を何でも餌やり規制に結びつけるバカにつける薬は無い

橋下新市長が就任し、全てがドラスティックに変化している大阪市ですが、
愛誤たちは既得権とばかりに、自由気まま勝手でルールの無い餌やりを行うべく
大阪市が打ち出す新しい政策に反対するばかりです。

その反大阪市の急先鋒として現われた、謎の愛誤ブログ小さなニクキュウを守り隊

『大阪市の橋下徹市長は13日、市内24行政区長が参加する「区長会議」に出席し、各区固有の課題に対処する条例案を積極的に検討するよう指示した。「各区独自のルールでも構わない。各区が条例や制度をつくる勢いで本局を動かしてほしい」と述べた。』
との共同通信社の報道に対し、早速、市長だけでなく区長に対しても抗議運動を繰り広げるべきとアジテーションを展開しています。

一体、何様のつもりなのでしょう??
民意を得て当選した橋下新市長の政策に片っ端から噛み付いて、全てが自由な餌やりを阻害する政策だと決めつけている始末。

ブログ筆者は平松前市長の関係者なのでしょうか??
それとも単なる大バカな白痴愛誤??

また、『「餌やり禁止条例」(あえて愛誤ブログの表現を用います)の問題点』として大阪市と縁もゆかりも無い「ねりまねこ」と称する練馬区の地域猫管理者の意味の無い反論を引用して、無知な市民のミスリードを図ろうとしています。

以下引用
『一度「餌やり禁止条例」を可決してしまうと、言葉だけが市民の頭に刷り込まれます。
つまり、餌を与えることは禁止なんだ、と。
無責任なやり方だけでなく、ルールを守る正しいやり方も、悪者扱いされてしまうのです。』

引用終了

だそうです(笑)

明確に餌やり禁止地区と餌やり許可地区を分けるだけなのに、なんで全ての餌やりが禁止だと刷り込まれるのでしょう??
ねりまねこさんは大阪市民をバカにしているのでしょうか?


そりゃ、練馬区のお上品な住民に比べたら、大阪市西成区なんて話し方等が下品に思われるのかもしれませんが、市の条例の内容は理解できます。


以下引用
『条例をタテに餌やりを攻撃する人と、餌やりする人との間で、対立が激化し、町の中は殺伐とします。
そのような町で、人と猫の共生がうまく行くでしょうか?』

引用終了

現状の何のルールも無く、好き勝手に餌やりを自由にやっている状況のほうが殺伐とするでしょう。
対立の激化は既に発生しているから、条例化が求められているのです。
全ては他人の迷惑を省みず、勝手に無許可で餌やりを繰り返す、餌やり愛誤のマナー違反が原因です。


また、愛誤達は「街ねこ制度」「公園猫サポーター制度」と名づけられた、TNRへの補助金支出、地域猫の導入、公認ボランティア制度の継続を強く要求していますが、
TNRの効果は限定的かつ高コストであり、地域猫に効果が一時的な苦情の減少程度しかありません。
財源が逼迫している大阪市では「聖域なきゼロベースの予算見直し」により人間への福祉予算も大きく削減されています。
よって、野良猫の為に過去のように予算配分することはほぼ不可能です。

このような少ない予算のもとで現状に変革をもたらすために大阪市は「餌やり規制条例」を制定し、餌やりをしたい人たちとそうでない人たちの住み分けを行うと考えているのです。

一方、野良猫が多くいると迷惑を受ける人にはいわゆる「猫アレルギー」の患者の方々もいらっしゃいます。
猫の体毛や皮膚、体液に含まれる特定のたんぱく質をアレルゲンとする、アレルギー患者の方々です。
猫に直接接触するだけでなく、猫が生活している場所に近づいただけでもアレルギー症状を発する患者さんたちも多くいます。
心の中では猫が好きであっても、体質が猫を受け付けないのですから、猫がいない場所で生活するしかありません。

愛誤達の条例制定反対の主張は、こうした猫がいると困る方々の人権を一切無視したもので、猫の生きる権利だけに焦点を当てた視野狭窄な主張に他なりません。
また、大阪市の財源の状況を一切無視した我田引水の如くの、「街ねこ制度」「公園猫サポーター制度」継続の働きかけは無責任なバラマキ行政の継続要求です。


私は今後も大阪市の「餌やり規制条例」制定の動きをウォッチし、大阪市に対し条例制定歓迎ならびに推進の意見を定期的に送付していきます。
賢明な読者の皆様も大阪市に対し、条例制定推進の意見を送付願います。


↓ブログランキング参加中、よろしければクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ



QLOOKアクセス解析






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

愛誤につける薬もない

『条例をタテに餌やりを攻撃する人と、餌やりする人との間で、対立が激化し、町の中は殺伐とします。
そのような町で、人と猫の共生がうまく行くでしょうか?』って、はぁ?
何で望まない害獣との共生を強制させられるのか不思議です、
というか愛誤ラビリンスの世界です。

矯正すべきは愛誤のお花畑と化したオツムです。
そりゃ野良猫は殺伐しないとマズいでしょう?

特に野良猫愛誤はいきなりブッスリくるので
野良猫排除を唱える善良なる市民が殺伐されてしまいますよ。

Re: 愛誤につける薬もない

只野乙三さん

> 何で望まない害獣との共生を強制させられるのか不思議です、
> というか愛誤ラビリンスの世界です。
>
そうなんです。
勝手気ままにそこらじゅうに餌やりされた方が町は殺伐とします。
望まないのに、野良猫うじゃうじゃなんて最悪の光景です。
ならば、行政によりはっきりとすみ分けをしていただきたい。

> 特に野良猫愛誤はいきなりブッスリくるので
> 野良猫排除を唱える善良なる市民が殺伐されてしまいますよ。

条例による餌やり禁止地域ができれば、過去にあった餌やりによる殺人傷害事件なんかも発生しません。
条例で禁止されているのですから、一般人が注意せずに、即110番で警察介入させるだけです。
治安の向上も図れます。

餌やり禁止区域の線引きは合理的

私の記事でそのうち画像をアップしますがね。
ひどいのは、保育所敷地内での餌やり、視覚障害者学校敷地内での餌やり、楽天で記事にしましたが、診療所ビル敷地内での餌やりなどです。
保育園児、児童は、猫人共通感染症に感染すれば、より症状が重篤になりやすいのです。
トキソプラズマ感染リスクはよく言われますが、猫回虫によるトキソカラ網膜感染失明や、重篤な肺炎などはそれほど珍しい症状ではありません。
またネコアレルギーの児童保育園児もいるでしょう。
私は医療機関、保育園小学校、食品市場飲食食品販売業者が集積しているところなどは、強行規定で餌やりを禁止するべきだと思います。
愛誤の本心は、「ルールにのっとった、環境省ガイドラインにあるような地域猫を許可する」、ということではなく、「無責任・無制限での餌やりを認めよ」、ということです。
彼らは環境テロリストでもあります。

No title

無責任で好き勝手な餌やりがしたいというのが本音だから、たったこの程度の節度も持ちたくないのでしょうね。
責任を取る事も節度を守る事も考えない連中の言う「動物愛護」だの「人と猫との共生」だのは、空念仏にすら値しない、ただの迷惑な騒音です。
彼らの無法行為が、より厳しい規制を呼び込んでくれる事を大いに期待したいですね。

No title

 あら、おばかさんったら、ブログだけにしときゃいいのに、意見を大阪市に送ってしまったんだv-12

 神様、橋下市長の目にとまりませんように・・・
 猫おばさん達、お願いだから橋下攻撃なんかしちゃダメよ。

 大阪市全野良猫駆除条例が策定されまっせ!

No title

こんにちは。
迷惑餌やり被害を受け、最近勉強を始めたばかりなのでピントがずれているかも知れませんがお許し下さい。

何人かの愛誤の人達のブログを見て本当にびっくりしました。
中でも一番びっくりしたのが、過去のブログなので皆さんご存知かもしれませんが…。

ある場所で餌やりをしていた夫婦が、餌やり禁止の看板を立てられて餌やりを止めた。その夫婦を「無責任な餌やり」だと腹を立て、代わりに餌をやりに行き、止めた夫婦に餌やりを止めたことを抗議した。
看板くらいで止めるな、それなら他所の場所でやれ等と言う内容でした。猫が可哀想と。

他人の敷地で無許可で餌を置くことでも彼等には良い行いなんですね。
他人の財産を侵害する権利は考えたことがないんでしょうか?
猫アレルギーの人がいるって考えたことはないんでしょうか?
勝手地域猫の意味も、愛誤が話にならないのもよくわかりました。

色々な意味で注目されている大阪市に頑張ってほしいです。

No title

ミント様へ

横から失礼致します。

>他人の敷地で無許可で餌を置くことでも彼等には良い行いなんですね。
他人の財産を侵害する権利は考えたことがないんでしょうか?
猫アレルギーの人がいるって考えたことはないんでしょうか?
勝手地域猫の意味も、愛誤が話にならないのもよくわかりました。

愛誤には遵法精神もマナーも人や自然や動物達への配慮も一切ありません。
彼らは単に「無責任」かつ「自由」に「餌やり」や「野良猫弄り」等を楽しみたいだけの極めて自己中心的な連中であり、その下劣な欲望を満たさんがために「動物の命」だの「人と動物との共生」だのといった耳障りのよい言葉を弄して世間を欺き、敵と見なせばテロ紛いの行為を平然と行い、時に人を殺傷することすらある腐れ外道共です。
それと、このような輩と並んで罪深いのは安易に飼って安易に捨てる無責任な飼い主です。
法や条例をもって飼い主や管理者の責務、個体管理や飼育方等を明確化し、この無責任な連中を罰則でもって徹底的に駆逐しない限り、人も自然も動物達も救われないと私は思っていますが、現状はお寒い限りです。
それだけに、大阪市が今回どう動くのか非常に関心を持って注視しています。
橋下市長は理詰めで動くタイプであり、まともな理論も何もない愛誤が喚けば喚くほど、彼らの思惑とは反対の方向へ行くのではと期待していますが、どうなるでしょうね。

Re: 餌やり禁止区域の線引きは合理的

さんかくたまごさん

> ひどいのは、保育所敷地内での餌やり、視覚障害者学校敷地内での餌やり、楽天で記事にしましたが、診療所ビル敷地内での餌やりなどです。
> 保育園児、児童は、猫人共通感染症に感染すれば、より症状が重篤になりやすいのです。

私も以前に子供が通っていた公立保育園に野良猫が入ってくるので対処をお願いしたことがあります。
その後、その野良猫自体がいなくなってしまったので、野良猫侵入問題自体は解決しました。

その保育園は以前は公団住宅であった場所を再開発した地域だったので、公団住宅時代の野良猫の生き残りがいたのでしょう。
再開発により、餌やりを行うような意識の低い住民が一掃されたので野良猫も自然淘汰されました。
いまも時々その保育園の前を通りますが、野良猫を見るのは年に数回程度なので、流れ猫しかいないのでしょう。
野良猫を淘汰するには餌やり撲滅が高効果です。

> トキソプラズマ感染リスクはよく言われますが、猫回虫によるトキソカラ網膜感染失明や、重篤な肺炎などはそれほど珍しい症状ではありません。
> またネコアレルギーの児童保育園児もいるでしょう。

私も若干の猫アレルギーがあります。
猫に引っ掻かれると腫れますし、猫の抜け毛が多い場所では目が痒くなります。
アレルギー患者も利用する公共の場所での餌やりには反対します!
万が一、アレルギー患者に猫を起因とするアナフィラキシーショック発生の場合には、餌やりはその賠償に応じることが出来るのか明確な回答をしているブログを見たことがありません。

> 私は医療機関、保育園小学校、食品市場飲食食品販売業者が集積しているところなどは、強行規定で餌やりを禁止するべきだと思います。

当然です!食品衛生法や条例等で規制すべきです。
ちなみに、以前に楽天時代の私のブログで紹介した築地市場の野良猫はかなり少なくなってしまいました。
東京都が対策を行い、一部の餌場にフェンスを建て、猫、人間とも入れないよう物理的規制を行いました。
その影響か、生存競争に負けた猫が消え去りました。

> 愛誤の本心は、「ルールにのっとった、環境省ガイドラインにあるような地域猫を許可する」、ということではなく、「無責任・無制限での餌やりを認めよ」、ということです。
> 彼らは環境テロリストでもあります。

病院、学校等、食品関係施設周辺で餌やりを行う人物は徹底的に取り締まるべきです。
また、公園や駅周辺など一般利用者の多い施設での餌やりも規制すべきです。

最新の情報では大阪市の担当者が「むやみやたらに餌やりを禁止するということでの制定は考えていない。」と発言したそうですね。
一部愛誤はこのコメントで「罰則付き餌やり禁止条例は無くなった」と大きな勘違いをしています。
ま、それで愛誤が大人しくなったほうが、条例制定もしやすいですから、良いことです。

Re: No title

迷惑餌やり反対派さん

> 無責任で好き勝手な餌やりがしたいというのが本音だから、たったこの程度の節度も持ちたくないのでしょうね。
> 責任を取る事も節度を守る事も考えない連中の言う「動物愛護」だの「人と猫との共生」だのは、空念仏にすら値しない、ただの迷惑な騒音です。

愛誤のお題目である「人と猫との共生」とは一体何なのかを問い詰めたいですね。
好き勝手に餌やりすることなのでしょうかね?
最近見つけた某愛誤ブログなんかは駅の駐輪場で餌やりをして、駐輪場の管理人に注意されたら、その管理人をクレーマー呼ばわりして、上部団体に逆クレームを入れようとしていました。
また、駐輪場に放置した餌やり容器が廃棄されたら警察に盗難届けを出そうとしたりして、基地外行為のオンパレード(笑)
あまりに可笑しいから私のブログで紹介してやろうかな。
具体的駅名まで書いてあるブログなので黒ムツさんが大挙して猫ちゃん保護に向かうかもしれません。

> 彼らの無法行為が、より厳しい規制を呼び込んでくれる事を大いに期待したいですね。

今後は「殺処分される猫のほとんどは野良猫の仔猫」という重大な事実が大きく取り上げられることが望まれます。
誰が野良猫に多くの仔猫を産ませているのか、その原因と餌やりの因果関係が明確になれば、行政は動きます。
愛誤にとってもっとも都合の悪い事実。
ペットショップなんかより、多くの猫の命を奪っている主因は無責任餌やりであるとの事実に愛誤がどう抗弁するのか楽しみです。
どうせ、TNRを免罪符のように取り上げ、補助をしない行政を悪者にするのでしょうけどね(笑)

Re: No title

チッチさん

>  あら、おばかさんったら、ブログだけにしときゃいいのに、意見を大阪市に送ってしまったんだ>
>  神様、橋下市長の目にとまりませんように・・・
>  猫おばさん達、お願いだから橋下攻撃なんかしちゃダメよ。
>
公園ねこの会ブログによると直談判にまで行ったそうです。
一応「むやみやたらに餌やりを禁止するということでの制定は考えていない。」との言質は取ったらしいのですが、「むやみやたらに」と一言入っているので、従来の話どおりの部分的餌やり規制はあるとのことになります。

しかも行政の担当者レベルの話しかできないので、政治決定があれば全てがひっくり返ります。

>  大阪市全野良猫駆除条例が策定されまっせ!

政治が動けば、全てが変わるのはあっという間です。
愛誤なえさやりおばさんが反橋下で結集し、変な活動を始めないことを祈ります。

Re: No title

ミントさん

> ある場所で餌やりをしていた夫婦が、餌やり禁止の看板を立てられて餌やりを止めた。その夫婦を「無責任な餌やり」だと腹を立て、代わりに餌をやりに行き、止めた夫婦に餌やりを止めたことを抗議した。
> 看板くらいで止めるな、それなら他所の場所でやれ等と言う内容でした。猫が可哀想と。
>
愛誤にとっては野良猫>人間なのです。
「全ての命は尊い」等と妙なお題目を唱えますが、キャットフードの原材料であるカツオ、マグロ、鶏の命については全く尊いと考えていない様子です。
ましてや、猫嫌いの人間は猫より不要な命と判断している様子で、餌やりを注意した人への殺傷事件は相次いでいます。

野良猫の命を人間と同等またはそれ以上に大切と考える時点で、通常の人間としての判断力は失われています。
多くの愛誤がいわゆるコミュニケーション障害を抱えていると思われます。

> 他人の敷地で無許可で餌を置くことでも彼等には良い行いなんですね。
> 他人の財産を侵害する権利は考えたことがないんでしょうか?
> 猫アレルギーの人がいるって考えたことはないんでしょうか?
> 勝手地域猫の意味も、愛誤が話にならないのもよくわかりました。
>
最近注目している某愛誤ブログは名古屋某駅の駐輪場で餌やりをしており、管理人に注意されても止めず。
餌を片付けられたら、盗難事件として盗難届けを出そうとしたり、挙句の果てに野良猫が行方不明になれば誘拐されたと思い込み近隣に聞き込みに回るという、基地外ぶり発揮の爆笑モノです。
駅の駐輪場で管理人に注意されるのに地域猫と名乗っているのも笑えます。
猫アレルギーについても駐輪場管理人やコメントで指摘されているのに「猫は話が出来ない」などと意味不明の言い訳で逃げるだけ。

これじゃあ、餌やりに対する一般人の反感は高まるのが当然かと思います。
どこまでいい加減なんだか。

今度、そのブログを私の記事で紹介いたします。

> 色々な意味で注目されている大阪市に頑張ってほしいです。

大阪市には愛誤からの妨害、恫喝に負けずに画期的な政策を打ち出して欲しいです。
橋下新市長にもトップダウンでの政策を期待します。

哀誤は死んでも直らない

ご無沙汰してます。

三二一閣下さん
只野乙三さん

>野良猫愛誤はいきなりブッスリくるので
>条例による餌やり禁止地域ができれば、過去にあった餌やりによる殺人傷害事件なんかも発生しません。

かの猫騙しEな誤腐人のブログによると、猫虐待者の殺人の方が餌やりトラブルの殺人より危険だとか。
http://plaza.rakuten.co.jp/nekodamashii/diary/201112270000/

>犬猫虐待は人間の殺傷事件につながるよー的な事を書くと、決まって「猫のエサやりだって、人を刺したりしてるだろ!」って、お決まりの反論がくる。
>でも猫のエサやりが人を刺したりした事件と、猟奇殺人事件は質が違うでしょ。
>問題が根底にあって起きた殺傷事件は、男女の痴情のもつれなんかと同じような人間関係の分類だけど、無差別に生き物を殺したいって衝動を抑えられないのってほんまもんの異常者だもん。
>その区別ができない時点で、どうかと思うけどなー

つっこみどころ満載です。
「餌やりやめて」と言われただけで刺しちゃってる時点で、そいつも狂っちょるさんです。一発目でも「止める止めない」の押し問答の末でも、まともな思考が出来なくなってるから人殺してるって事、かの誤腐人は理解できてません。

それに「可哀想な動物助ける為なら、動物苦しめてる愚かな人間は殺してよし」なんて考えてる輩も少なからずいる訳で、これこそかの誤腐人が言ってる「異常者」に他なりません。

こんな事書くと「猟奇殺人擁護する気か」と誤解されそうですが、こったら貴稚貝なんか味方する良識的一般ピープルなんていない分、猟奇殺人する貴稚貝の方がマシかも(逮捕されりゃそれまでですから)。

だけど餌やり殺人の方は、必ず哀誤の同調者が出てくるでしょ。
『いねぬこ窮災の輪』なんか、あの川崎の事件の後、あろうことか、殺人犯の代わりに現場で餌やり継続したとか。
この話聞いたとき、なんて心ない連中だって思いましたね。
これが遺族や周辺住民の神経、いかに逆撫でてるか、想像もしないんでしょう。
はっきり言って「餌貰えなくなった猫がかわいそう」って考える方が異常です。たとえ脳裏によぎっても被害者に配慮して胆にしまっておくのが筋かと思うのですが。

哀誤はそんなのお構いなしですものね。

かの誤腐人のブログ、落転ではメッセージ機能とかが無くなって、この人には意見送れませんけど、もしかしたらこちらを見てるかもしれないので、長々と書いてしまいました。

室内飼いでさえ・・・

はじめまして。

ROMはしてましたが、コメは初めてです。

橋下市長は個人的にはあまり好きな人物ではないですが、このクソ猫駆除政策はいいですね。

さて。話は変わりますが、室内飼いでさえ、クソ猫愛誤は社会問題を起こしてますねえ。

室内飼いの猫をいじめることの是非は問われるとしても、息子を殺害したジジイはもっと是非を問われることになるでしょう。

でも、mixiとかの日記を読んでると、「息子を殺したジジイは無罪」とかほざいて愛誤の多いこと多いこと。www

ネット上でも愛護の低能ぶりが分かるというものです。

長文失礼しました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

猫いじめた息子の首絞め殺害…74歳父
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120124-OYT1T00359.htm

23日午後8時頃、埼玉県毛呂山町長瀬の女性(71)から「夫が息子の首を絞めた」と110番があった。

西入間署員が駆けつけると、無職高田幹彦さん(48)が居間に倒れており、搬送先の病院で死亡した。幹彦さんの近くにいた父親の無職光弘容疑者(74)が首を絞めたことを認めたため、殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。容疑を殺人に切り替えて調べている。

発表によると、光弘容疑者は「飼い猫をいじめていたので『やめろ』と言ったら口論になった。向かってきたので手で首を絞めた」と供述しているという。光弘容疑者宅は3人暮らし。

(2012年1月24日11時10分 読売新聞)

No title

某SNSの非公開のコミュニティで、猫愛誤のチンケな屁理屈を見つけました。
「野良猫であっても、餌を与えている人にとっては、愛玩動物の域を超える家族同様の存在なのだ」。
「しかし居住環境などにより、室内で飼えない人がいる」。
「糞尿や爪とぎ泣き声の被害などは、猫は動物で人の言葉が理解できない。だからしつけることは不可能」。
「餌やりにとっては家族同様の存在なのだから、被害者は受忍して当たり前」。
だって。

Re: 哀誤は死んでも直らない

オキキリムイさん

> 「餌やりやめて」と言われただけで刺しちゃってる時点で、そいつも狂っちょるさんです。一発目でも「止める止めない」の押し問答の末でも、まともな思考が出来なくなってるから人殺してるって事、かの誤腐人は理解できてません。
>
異常なのは、猫のためであれば安易に殺傷事件を起こす輩が多すぎることです。
猫への虐待事件よりはるかに多くの人命が失われています。
こうした、異常者の前段階である猫への無差別餌やり行為は警察も取り締まりをすべきです。

> だけど餌やり殺人の方は、必ず哀誤の同調者が出てくるでしょ。
> 『いねぬこ窮災の輪』なんか、あの川崎の事件の後、あろうことか、殺人犯の代わりに現場で餌やり継続したとか。

窮災の輪は明らかに異常者です。
殺人事件の被害者感情を考えれば、その現場での餌やりなんて継続できません。
社会人としての常識がそもそも欠けています。

Re: 室内飼いでさえ・・・

とおりすがりのダークムツさん

こちらこそはじめまして。今後ともよろしくお願いします。

>
> 橋下市長は個人的にはあまり好きな人物ではないですが、このクソ猫駆除政策はいいですね。
>
これだけ外猫が社会問題化しているにもかかわらず、法令が整備されていないので試金石として素晴らしい政策かと思います。
是非とも地域猫と餌やりをルール化した罰則付き条例を実現してほしいと思います。

> 室内飼いの猫をいじめることの是非は問われるとしても、息子を殺害したジジイはもっと是非を問われることになるでしょう。
> でも、mixiとかの日記を読んでると、「息子を殺したジジイは無罪」とかほざいて愛誤の多いこと多いこと。www
>
またしても悲しい事件が発生しましたね。
愛誤の人命軽視を象徴するような事件です。

人命、人権を無視する愛誤は制裁を受けるべきであり、この息子殺しの犯人にも厳罰が下されることを望みます。

Re: No title

さんかくたまごさん

> 某SNSの非公開のコミュニティで、猫愛誤のチンケな屁理屈を見つけました。

それはまた面白いコミュに入られてますね。

> 「野良猫であっても、餌を与えている人にとっては、愛玩動物の域を超える家族同様の存在なのだ」。

家族同様ならば家の中で育ててあげてください。

> 「しかし居住環境などにより、室内で飼えない人がいる」。

猫を室内で飼えないほど金に困っているのであれば、無理に猫に関わらないでください。

> 「糞尿や爪とぎ泣き声の被害などは、猫は動物で人の言葉が理解できない。だからしつけることは不可能」。

迷惑をかけ続けるのであれば、いつかはそれを我慢できずに野良猫を保護し、保健所収容させる人が出ることでしょう。

> 「餌やりにとっては家族同様の存在なのだから、被害者は受忍して当たり前」。

愛誤の家族って、他人の家の前や敷地で日常的に糞尿をするのでしょうか?
人間ならば軽犯罪法違反です。
猫を人間同様にあつかうのであれば、罪を犯した場合には償ってもらいます。

> だって。

本当に愛誤は白痴です。

昨夜は近隣の資材置き場、公園、路地に猫ハウスを多く見つけましたので全て廃棄しておきました。
餌やりは数日以内にまた猫ハウスを置くだろうから、今度は捕獲器にすり替えようかな。
当然、夜明け前に猫ごと回収します。

No title

犬を放し飼いにすれば猫を退治しないのでしょうか?
あるいは、猫を撃退する習性を持つ動物はいないのでしょうか。
動物にやらせてしまえば、愛誤者も文句が言えないと思います。

目には目を歯には歯をです

↑横レスです。
野良猫には陸ではアライグマとかハクビシン、朝鮮イタチが
競合するし「大阪はたしかこれらの害獣も捕獲してますよね」
空からはカラスが子猫を突付くので、何とか
これらの害獣と勢力を拮抗させて同士討ちになれば
ベストなんですがね。
「まぁ生き残った害獣は仕方ないので人間様が始末するしか有りませんが」

No title

同じく横レスです。
動物の放し飼い自体が現実的じゃないと思いますが、
神戸だとイノシシにエサやるバカもいますから、
結局のところ、
動物だと最後に勝ち残ったその動物を対象にした「○○愛誤」が出現するだけじゃないでしょうかね。
猫が犬とかハクビシンに代わっても、基地外愛誤は湧いてくると思います。

Re: No title

せんたーさん

> 犬を放し飼いにすれば猫を退治しないのでしょうか?

犬を放し飼いにすると犬の糞害などが顕在化します。

> あるいは、猫を撃退する習性を持つ動物はいないのでしょうか。
> 動物にやらせてしまえば、愛誤者も文句が言えないと思います。

尼崎のアライグマによる猫殺傷事件では、愛誤は一斉に黙りました。
但し、飼い犬による野良猫殺傷事件では、愛誤達は犬の飼主を攻撃します。

最高なのは猫にのみ感染するウィルスの蔓延です。
時々、バルボや猫風邪で野良猫コロニー全滅なんて話もありますが、
野良猫の生息数を減らすには至りません。

Re: 目には目を歯には歯をです

只野乙三さん

> 空からはカラスが子猫を突付くので、何とか
> これらの害獣と勢力を拮抗させて同士討ちになれば
> ベストなんですがね。

東京都内ではカラスの勢力が強いので、仔猫がかなり自然淘汰されますね。
これからの季節に生まれる仔猫は、冬で飢えているカラスのご馳走です。

全ては自然の摂理なので、私は静観です。

Re: No title

zzzさん

> 結局のところ、
> 動物だと最後に勝ち残ったその動物を対象にした「○○愛誤」が出現するだけじゃないでしょうかね。
> 猫が犬とかハクビシンに代わっても、基地外愛誤は湧いてくると思います。

そうなんですよ。
実際、○き○もこは大阪府のアライグマの防除計画に猛反対してました。
これが組織化されるとアライグマ愛誤の誕生です。
もう、いい加減にして欲しいです。

こうした愛誤達が「動物愛護推進員」なんですから、世も末です。
生かせる動物は生かして、生かせない動物はセンター収容する様な、
毅然とした態度の「動物愛護推進員」を世論は求めています。
プロフィール

三二一閣下

Author:三二一閣下
正しい動物愛護、飼育についての啓蒙推進をブログ記事にしていきます。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ブロとも一覧

さんかくの野良猫餌やり被害報告

野良猫駆除協力会本部

迷惑な愛誤達
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。