スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正しい餌やりルール条例化も全面反対とは、愛誤団体の陰謀が見えてきました

大阪市が「餌やり行為そのものを罰則付きで一律に禁止する条例については考えていない」と回答したことで、白痴な愛誤達も納得したかに見えたような大阪市の餌やり適正化条例制定の動きですが、
またも謎の電波愛誤系反大阪市ブログである「小さなニクキュウを守り隊」がイチャモンとしか捉えられない様な反論をアップしています。

小さなニクキュウを守り隊-安心しては危険!「大阪市条例問題」

では、その「謎の電波愛誤系反大阪市ブログ」である「小さなニクキュウを守り隊」の主張を一部紹介します。

以下引用

しかし、具体的にどのような条例を検討するのかについては一切答えていません。
「市民の方に理解が得られるような」といっても、どのような立場でどのような市民の理解を得るのかについては明らかでありませんし、「街ねこ制度を推進する為」といっても、「地域の合意がなければ餌やりをしてはいけない条例」や「苦情があれば餌やりを制限する」という条例でも作ろうと思えば作れてしまいます。
大阪市の回答は、いわば詭弁です。


引用終了

「地域の合意がなければ餌やりをしていけない」って当たり前だろ!!
「苦情があれば餌やりを制限する」も当然だろ!!


おそらく、この「小さなニクキュウを守り隊」のブログ主は地域の合意が無くとも餌やりを行って、苦情があってもなんら真摯な対応もしないでしょう。
ならば、どんな餌やりルール条例でも制定されたくないはずです。

続いて。
以下引用

餌やり行為を含む、TNRや外ねこの適正な管理についての正しい知識が広められることがなく、また、所有ねこに対する適正な飼育や捨て猫防止のための啓発がされることなく、単に、個人の餌やり行為そのものに焦点を当てた条例は、どのようなものであっても、餌やり行為そのものに対する誤解を拡大し、所有者不明ねこの問題をさらに激化させ、住民間の対立を煽る可能性が極めて高くなると考えられます。

引用終了

ブログ主は「TNRや外ねこの適正な管理についての正しい知識が広められることがなく」と言われていますが、上記のようないい加減な餌やりを実践しているのに、どの程度正しい知識を保有しているのか大きな疑問です。
おだらだらと外猫を数匹ずつTNRして「自分って素晴らしい猫ボラ(笑)だわ!!」と自己満足に浸っているのかもしれません。

「所有ねこに対する適正な飼育や捨て猫防止のための啓発」はブログ主のような愛誤自身がそれを混乱させているとしか考えられません。
行政は所有者のいる猫については室内飼いを推奨しているにもかかわらず、愛誤達は相変わらず自身での外飼いまたは外飼いの飼主に対し何のアドバイスも行いません。

自らの襟を正すべきであるにもかかわらず、それを棚に上げ餌やりルールの条例化も反対とは、愛誤自身が「住民間の対立を煽る可能性が極めて高くなると考えられます」。

極めつけは最後の一文です。
以下引用

本当に「街ねこ制度」を推進するための条例であれば、適正な給餌を妨害してはならない、所有者不明ねこの問題を地域の環境問題としてとらえ、行政や住民は適正管理に協力しなければならない、という内容にするべきではないでしょうか。

引用終了

ルールも無しに、現にいい加減に行われている外猫に対する給餌を「適正な給餌を妨害してはならない」とは笑止千万です。
「街ねこ制度」のルールを正しく理解しないで腕章を付けている者が多いから、大阪市は大きな問題意識を持っているのでしょう。

「所有者不明ねこの問題を地域の環境問題」ではありません。
ルールを守れない人間による社会問題です。
ルールを徹底させるためにも、条例化は必須です。

「行政や住民は適正管理に協力しなければならない」の「適正管理」とは一体何なのでしょう??
「小さなニクキュウを守り隊」を読む限りは「勝手気まま、自由な餌やり+免罪符としての一部TNR」としか読み取れません。
最低限の餌やりルールの条例化に反対しながら、「適正管理」という言葉を出し、それを行政と住民に強制的に押し付けるとはまさに「環境問題」を作り出す公害です。


こんな基地外愛誤が水面下で活動し、餌やりルール条例化の動きを破壊しようとしている大阪市にお住まいの皆様には同情の意を表するしかありません。
大阪市での条例制定の議決の際には、愛誤の狂った議会乱入の姿が見られるかもしれませんね。
面白そうだから、見に行こうかな(笑)

↓ブログランキング参加中、よろしければクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ



QLOOKアクセス解析






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

野良猫愛誤の行動を適正管理するならね

奴等を野放しに野良猫のように自由気ままに餌付けすることの方が
問題なので、愛誤の連中を炙り出し自治会でマークして
場合により追跡し、違法餌付け現場の証拠を押さえて関係当局に
密告すると報奨金?が貰えるなら住民も喜んで協力するでしょう?

No title

愛誤が金科玉条にしている「環境省地域猫ガイドライン」では、地域猫を行う大前提として「地域の合意」を必要としています。
また「苦情には真摯に受け止め、苦情を受ける連絡さきを明示しなければならない」ともしています。
この「憎窮を守りたい」という基地害団体の主張は、環境省のガイドラインにも真っ向から反します。
愛誤達は、この環境省地域猫ガイドラインを、「地域猫を環境省が推進している」とか「地域住民は地域猫に協力する義務がある」など勝手に自分の都合よく脳内変換して曲解します。

徹底駆除で対抗

いやー。
愛誤ってホント例外なくカスっぷり発揮してくれるわ。

法律とか条例とかガイドラインを無視(ないしは、都合よく解釈)するから話し合いは無駄でしょうし、こりゃあ徹底駆除で対抗するしかないって感じっすね。

ところで、ゴミクズ猫の放置度合いでその地域の民度が分かるっていうの説をどこかで言うてた方がいらっしゃったが、あながち分からないでもないと実感してます。

厳密には、愛誤=基地が多いってことで、一般市民からすれば迷惑な民度の図られ方かもしれないですが。

特に、大阪市、川崎市・・・とかね。

訂正です。

訂正です。

>厳密には、愛誤=基地が多いってことで、一般市民からすれば迷惑な民度の図られ方かもしれないですが。

→厳密には、愛誤=基地が多い度合いってことで、そうじゃない大多数の一般市民からすれば迷惑な民度の図られ方かもしれないですが。

Re: 野良猫愛誤の行動を適正管理するならね

只野乙三さん

> 奴等を野放しに野良猫のように自由気ままに餌付けすることの方が問題。

「適正管理」って一体何でしょう?
野良猫への自由気ままな餌付けが「適正管理」なのでしょうか?

愛誤は社会のルールだけで無く、日本語まで理解できなくなってしまった様子です。

Re: No title

さんかくたまごさん

> この「憎窮を守りたい」という基地害団体の主張は、環境省のガイドラインにも真っ向から反します。

こんなに堂々と環境省のガイドラインに反する主張を行う基地外も珍しいです(笑)
おそらく、根っからの餌やり愛誤なのでしょう。
近所にいたら大迷惑です。

> 愛誤達は、この環境省地域猫ガイドラインを、「地域猫を環境省が推進している」とか「地域住民は地域猫に協力する義務がある」など勝手に自分の都合よく脳内変換して曲解します。

「地域猫を環境省が推進している」というのはよく書かれている愛誤の虚言ですね。
環境省は地域猫を野良猫を減らすためのひとつの方法として紹介こそしていますが、推奨はしていません。
動物愛護管理法の改正議論の方向性からも、それは明らかです。

愛誤って白痴だから本当に困ります。
次の記事にする予定ですが、動物愛護管理法の改正についてブログ等で拡めた不確かな噂を元に国会議員宛失礼な罵倒をするメールを愛誤が大量に送りつけたらしく、河野太郎衆議院議員や三原じゅん子参議院議員がブログで苦言を呈していました。
愛誤は本当にバカです。

Re: 徹底駆除で対抗

とおりすがりのダークムツさん

> 法律とか条例とかガイドラインを無視(ないしは、都合よく解釈)するから話し合いは無駄でしょうし、こりゃあ徹底駆除で対抗するしかないって感じっすね。
>
自宅近隣で餌やり等始められたら、隠密駆除に走る住民も多いと思います。
愛誤と下手に話し合おうとしたら、イキナリブスリなんて事件も過去に多数ですから、
関わらないで、粛々と駆除する方の心は理解できます。

結局、外猫に対する最大の虐待者は無責任な餌やり愛誤なのです。
だからこそ、その牽制のためにも罰則付き餌やりルール条例は必要です。

> ところで、ゴミクズ猫の放置度合いでその地域の民度が分かるっていうの説をどこかで言うてた方がいらっしゃったが、あながち分からないでもないと実感してます。
>
東京都内でも以前はボロイ都営住宅で野良猫がウジャウジャ湧いていた場所が幾つかあります。
しかし、東京都は立地のよい都営住宅は廃止し、PFIで高級賃貸マンションやオフィスビルへの建て替えを行いました。
当然、野良猫はあっという間に消えてしまいました。
民度の高い住民に入れ替わると野良猫は消えます。

> 厳密には、愛誤=基地が多い度合いってことで、そうじゃない大多数の一般市民からすれば迷惑な民度の図られ方かもしれないですが。

東京都内で比較的高級住宅地といわれている文京区でも野良猫はかなり多くいます。
文京区の場合は古くから住んでいるお年寄りの住民が多いために、
寂しさから外猫についつい餌を与えてしまっているのかもしれません。
いわば半野良猫が多いのでしょう。
文京区を地盤とした大物愛誤が存在しないのはその証左でしょう。

それに反し、川崎市臨海部、大阪市は大物愛誤の地盤です。
最悪です。
そのような地域で何が起きているかはご存知の通りです。

No title

申し訳ないですが、フォトの白い猫・・気持ち悪いです

No title

川崎の臨海部は基地外愛誤のほかに、
小汚いホームレスが巣くってますから、タチが悪いです。
「基地外愛誤」と「何も失うものがないホームレス」って最強ですよね。
あのあたりは
工業地帯で交通量も半端ないですから、毎年凄まじい数の害獣が煎餅になってるんでしょうね。
あんな危険なところで猫を放置してる愛誤は、本当は猫が嫌いなんだと思います。
それか「お金目的なんだな~」と、見てて思いますよ。

横レスすみません。

横レスすみません。

個人的には、ブログトップ画像に猫煎餅画像とかキボンヌですがww、そこはブログ主様の志向がありますのでwww。これはスルーしてください。

zzzさんが書いた

「あんな危険なところで猫を放置してる愛誤は、本当は猫が嫌いなんだと思います。」

について私が前々から思ったことを。

愛誤の脳内とか深層心理を知ることが出来ないので、あくまでも憶測にすぎないのですが、猫愛誤の活動が「確信犯的な利権目的」でないな連中の場合、それは、いわゆる「にわかファン」に近いものではないかと思っています。

(1)猫が好きか嫌いかという二択をせまると、たぶん好きなんだと思う。見た目がかわいいとかエサをやると自分に近づいてくれるとかそういう理由で。ただ、室内飼いという責任・義務・コスト・手間がかかることには関わりたくない。にわかファンなので、そこまで徹底する気はない。

(3)真の猫ファンと違って、所詮はにわか猫ファンだから、猫の個体把握などどうでもよくて、自分の前に猫がいればいいという感じ。だから、ある日に関わった猫が突然いなくなっても知ったことではないし、極端な話似たような猫(実は違う)がいたら、その猫のつもりで接するんだろう。にわかファンだから分かってないだろうし。

(4)ただし、猫煎餅になってたり、保健所に持っていかれたり、虐待されたりというのを直にみたりニュースになったりしたときには、にわかファンのはしくれとして、ただただ烈火のごとく怒り狂う。そのようなことが起こった背景などはろくに調べようとせず。

(5)アイドル追っかけのように猫追っかけが趣味でその延長線上にエサやりを行っていて、そのエサやりによって猫にも好かれているし猫のためにもなっていると酔っている。

(6)動物だって食事をしないと生きられないわけだから、自分がエサをやることが地域住民に対する迷惑行為だということはよもや想像すらつかない。ましてや、自分が好きな猫に対して迷惑だと思っている奴はすべからく敵に見える。

(7)愛誤に限らず、人というのは、耳が痛い批判を正当化する心理(認知的不協和)が働くあるから、エサやりが迷惑ですと言えば言うほど、かたくなに自分たちの行動が如何に正しいかという理由を見つけようとする。特に、愛誤はその傾向が強く、たとえそれがことごとく論破されたとしても、絶対に自分の非を認めようとしない。猫にまつわるいろいろな法律・条例・ガイドラインを都合よく捻じ曲げるのは、単に無知というところだけでなく、実は「認知的不協和」がそうさせているのではないかと私は勝手に思っている。

(8)にわかファンほど、「お前、にわかだろう?猫の問題について、どんだけ分かってんの?」と突っ込まれるのを嫌う。本来ならば味方にすべき「真の愛護家」にそう突っつかれても態度は変わらない。だから、「私たちは、真の猫ファンであり、猫のことを大事に思っているのです。」と表向きは主張する。


こんな感じですが、如何でしょうか?

いずれにしても、迷惑千万であるのには違いありません。

続きです。

(続きです。)

・・・なので、確信犯的な利権目的な愛誤にとって、そのようなにわかファン的な愛誤=狂信的信者というのは、利用価値がとても高いんでしょう。

そのような利権目的な愛誤団体が、エサやり禁止条例を妨害しようと呼びかければ、「この団体は自分の価値観に合う主張をしているいい団体だ。」と思って、ほいほい乗るんでしょう。

そういうわけで、にわかファン的な愛誤が目をさますとすれば、論理的な説得ではなく、何か当事者としてクソ猫害に実際に遭うことなんじゃないかと私は思っています。


誤解を招く言い方かもしれないですが、にわかファン的愛誤の家の前に、クソ猫を連れていって、そのクソ猫にクソションをさせるというのが最も手っとり早いのではないかとさえ思います。

所詮はにわかファンなんだから、クソ猫の害にあった日には、「可愛さ余って憎さ百倍」の論理で、明日には反愛誤になるかもしれないです。

Re: No title

仕事人募集さん

> 申し訳ないですが、フォトの白い猫・・気持ち悪いです

私もブサイクな猫だと思います。
テンプレート作成者の写真選びのセンスを疑います。

こんな猫にでも毎日餌やりにせっせと通い、近隣への猫害を振り撒くのが愛誤です。

Re: No title

zzzさん

> 川崎の臨海部は基地外愛誤のほかに、
> 小汚いホームレスが巣くってますから、タチが悪いです。

川崎市臨海部の大病院に勤めている知人がいるのですが、
川崎市は生活保護認定がユルイらしく、近隣からホームレスが集まるのだそうです。
東京都は定住している住所がないと生活保護受けられませんけど、川崎市はフレキシブルな対応だそうです。

> 工業地帯で交通量も半端ないですから、毎年凄まじい数の害獣が煎餅になってるんでしょうね。
> あんな危険なところで猫を放置してる愛誤は、本当は猫が嫌いなんだと思います。
> それか「お金目的なんだな~」と、見てて思いますよ。

当然、猫煎餅は量産されていると思います。
旧川崎球場周辺の公園も野良猫生息地で有名です。

愛誤ビジネスはネットを通じた寄付金と行政からの補助金が大きな収益源です。
その証拠に、大物愛誤のほとんどは無職なのになぜか生活できています。
生活費はどこから捻出しているのでしょうねぇ???

Re: 横レスすみません。

とおりすがりのダークムツさん

> 個人的には、ブログトップ画像に猫煎餅画像とかキボンヌですがww、そこはブログ主様の志向がありますのでwww。

私も猫の汚さが出ている画像を使いたいのですが、テンプレで使える画像が限定されているので、ブサ猫で申し訳ございません。

> (1)猫が好きか嫌いかという二択をせまると、たぶん好きなんだと思う。見た目がかわいいとかエサをやると自分に近づいてくれるとかそういう理由で。ただ、室内飼いという責任・義務・コスト・手間がかかることには関わりたくない。にわかファンなので、そこまで徹底する気はない。
>

愛誤は猫よりお金が大好きです。
なのでコストがかかる室内飼いは、「住宅事情が悪い」と屁理屈をつけしません。
室内飼いが出来ないならば、外猫への餌やりを止めて頂きたい。

> (4)ただし、猫煎餅になってたり、保健所に持っていかれたり、虐待されたりというのを直にみたりニュースになったりしたときには、にわかファンのはしくれとして、ただただ烈火のごとく怒り狂う。そのようなことが起こった背景などはろくに調べようとせず。
>
愛誤自身の生い立ちや境遇が不遇なケースが多いので、それより悪い境遇にあるであろう虐待犯が検挙されたりすると、ここぞとばかりにフルボッコにします。
逆に、動物虐待犯よりはるかに多い愛誤による殺傷事件はスルーします。

> (6)動物だって食事をしないと生きられないわけだから、自分がエサをやることが地域住民に対する迷惑行為だということはよもや想像すらつかない。ましてや、自分が好きな猫に対して迷惑だと思っている奴はすべからく敵に見える。
>
愛誤は精神疾患を抱えているからか、餌やりや猫に対し苦情等をいう人物は全て敵。
猫や餌やりに好意的な人物は全て味方という2元的考えしか出来ません。

> 特に、愛誤はその傾向が強く、たとえそれがことごとく論破されたとしても、絶対に自分の非を認めようとしない。猫にまつわるいろいろな法律・条例・ガイドラインを都合よく捻じ曲げるのは、単に無知というところだけでなく、実は「認知的不協和」がそうさせているのではないかと私は勝手に思っている。
>
これが愛誤の一番の問題です。
奴らは他人の意見に耳を傾けることはまずありません。
なので、餌やり愛誤との話し合いは不毛なだけです。
一方的に、餌やり正当化の屁理屈を聞かされるだけなので、餌やりを止めて欲しいと願う人物には不毛な限りです。

こうした、話し合いに応じられない愛誤がいるから、猫たちに不幸な結末が訪れるのです。
また、愛誤に対し弱腰な行政も愛誤と同罪です。

Re: 続きです。

とおりすがりのダークムツさん

> ・・・なので、確信犯的な利権目的な愛誤にとって、そのようなにわかファン的な愛誤=狂信的信者というのは、利用価値がとても高いんでしょう。
>
このことは以前から指摘されています。
確信犯的愛誤がにわかファン的愛誤を利用価値が高い存在として、上手く使用しています。
支援金集めや行政に対する恫喝、威示行動などへの動員等使い道はさまざまです。

> そのような利権目的な愛誤団体が、エサやり禁止条例を妨害しようと呼びかければ、「この団体は自分の価値観に合う主張をしているいい団体だ。」と思って、ほいほい乗るんでしょう。
>
愛誤は餌やりにからんだ条例案を見つけると直ぐに「餌やり禁止条例」と勝手に名づけるのは問題です。
内容が餌やりの全面禁止で無く、正しいルールの為の条例であれば「餌やり適正化条例」とでも名づけていただきたい。

> 所詮はにわかファンなんだから、クソ猫の害にあった日には、「可愛さ余って憎さ百倍」の論理で、明日には反愛誤になるかもしれないです。

賢明な方は、愛誤達の矛盾、言動のおかしさに気づきすぐに愛誤活動から離れます。
賢明でないから愛誤になるのでしょう。
確かに、元愛誤の反愛誤の方もいらっしゃいますが、本名、住所を知られている関係上、表立って活動されている方はかなり少ないです。

No title

 一言!こちらの猫の画像は器量よしです!
 気持ち悪いなんて、失礼な!
 美的センスを疑う!

Re: No title

チッチさん

>  一言!こちらの猫の画像は器量よしです!
>  気持ち悪いなんて、失礼な!
>  美的センスを疑う!

美的センスは人によって様々です。
画一的評価は難しいと思います。
「蓼食う虫もすきずき」ですから。
プロフィール

三二一閣下

Author:三二一閣下
正しい動物愛護、飼育についての啓蒙推進をブログ記事にしていきます。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ブロとも一覧

さんかくの野良猫餌やり被害報告

野良猫駆除協力会本部

迷惑な愛誤達
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。