スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動物愛護管理法の改正について

動物の愛護及び管理に関する法律(以下、動物愛護管理法。)の法改正案が昨日の参議院で可決し、おそらく来年夏までには施行されると思われます。
改正についての要綱は以下の衆議院HPリンクにあります。

動物の愛護及び管理に関する法律の一部を改正する法律案-要綱

いくつか気になる点をここで取り上げます。
まずはシェルター運営者を第二種動物取扱業者とし届出制とすること。

第三 第二種動物取扱業者
 一 一定の飼養施設を設置して動物の取扱業を行おうとする者(第一種動物取扱業の登録を受けるべき者及びその取り扱おうとする動物の数が環境省令で定める数に満たない者を除く。)は、第六の都道府県等が犬又は猫の引取り等を行う場合等を除き、飼養施設の所在地等を都道府県知事に届け出なければならないこと。(第二十四条の二関係)
 二 変更の届出、動物の管理の方法等に関する基準の遵守義務、勧告及び命令等に関する所要の規定を設けること。(第二十四条の三及び第二十四条の四関係)


これはいわゆる愛護(誤)団体が運営する一時保護シェルターを届出制とし、自治体の管理を容易とするものです。

私自身は大変歓迎すべき法改正と考えております。
現状では、動物愛護(誤)団体に対する法規制は一切ありませんでした。
しかしながら、愛護(誤)団体が大規模なシェルターを開設し、周辺住民に大きな迷惑をかけるなどの事例が過去に多く発生した為に、自治体が管理すべき情報として届出制となったのでしょう。

現状、猫を数十匹以上保護管理していることを公表しているブログを多く見かけます。
おそらく、改正法施行時にはこれらのシェルターもすべて届出対象となり、一般市民が自治体に照会すれば容易に存在地を知ることが可能になると思われます。
今までよくあった「近所にこんなに猫が多く保護されている建物があったなんて知らなかった。」等ということも、自治体に照会すれば情報を得られるのです。
愛護(誤)団体に対する法規制として大きな一歩かと思います。

続いて、生活環境の保全について具体的に例示し、不適正飼育への自治体の介入の明文化です。

第四 周辺の生活環境の保全等に係る措置
 一 周辺の生活環境が損なわれている事態として、騒音又は悪臭の発生、動物の毛の飛散、多数の昆虫の発生等を例示すること。(第二十五条第一項関係)
 二 都道府県知事は、多数の動物の飼養又は保管が適正でないことに起因して動物が衰弱する等の虐待を受けるおそれがある事態として環境省令で定める事態が生じていると認めるときは、当該事態を改善するために必要な措置をとるべきことを命じ、又は勧告することができること。(第二十五条第三項関係)


生活環境が損なわれている事態として「騒音又は悪臭の発生、動物の毛の飛散、多数の昆虫の発生等」と明文化されたので、不適正飼育による生活環境の悪化を明示しやすくなりました。
悪臭の発生はそもそも飼育として論外な事象ですが、動物の毛の飛散についても動物アレルギー患者の方々にとっては生死にかかわる事象ですから法改正は歓迎すべきかと思われます。

次に35条の自治体による犬猫の引き取りについて。
要綱では以下の通り改正されると書かれています。

第六 犬及び猫の引取り
 一 都道府県等が、犬猫等販売業者から犬又は猫の引取りを求められた場合その他の終生飼養の責務の趣旨に照らして引取りを求める相当の事由がないと認められる場合には、その引取りを拒否することができること。(第三十五条第一項関係)
 二 都道府県知事等は、引取りを行った犬又は猫について、殺処分がなくなることを目指して、所有者がいると推測されるものについてはその所有者を発見し、当該所有者に返還するよう努めるとともに、所有者がいないと推測されるもの、所有者から引取りを求められたもの又は所有者の発見ができないものについてはその飼養を希望する者を募集し、当該希望する者に譲り渡すよう努めること。(第三十五条第四項関係)


業者からの引取り要請については終生飼育の責務の趣旨に照らして、引取りを拒否すべきは歓迎すべき法改正かと思われます。

今回の改正案では触れられていないですが、所有者がいないと推測される犬猫の引取りについては現状通りの運用が続けられることを望みます。
愛誤活動家は、自治体による野良猫の仔猫の引取りまでもを拒否するように署名活動を続けていますが、親猫に見捨てられた野良猫の仔猫はそのままで生き延びられる可能性はほとんどありません。
自治体が引取りを拒否すれば、カラスの餌になってしまうか、そのまま死に至るだけです。
愛誤のバカげた要望を今後も国会議員や環境省が受け入れないことを望みます。


その他の罰則の引き上げや犬猫の販売開始週齢については殺処分の減少に対しては大して効果があるとは思えませんが、他の効果がある可能性もあるので歓迎します。

残念なのでは、マイクロチップの義務化について以下の通りに努力義務を課したのみであることです。

 (マイクロチップの装着等)
第十四条 国は、販売の用に供せられる犬、猫等にマイクロチップを装着することが当該犬、猫等の健康及び安全の保持に寄与するものであること等に鑑み、犬、猫等が装着すべきマイクロチップについて、その装着を義務付けることに向けて研究開発の推進及びその成果の普及、装着に関する啓発並びに識別に係る番号に関連付けられる情報を管理する体制の整備等のために必要な施策を講ずるものとする。
2 国は、販売の用に供せられる犬、猫等にマイクロチップを装着させるために必要な規制の在り方について、この法律の施行後五年を目途として、前項の規定により講じた施策の効果、マイクロチップの装着率の状況等を勘案し、その装着を義務付けることに向けて検討を加え、その結果に基づき、必要な措置を講ずるものとする。


犬猫(野良猫を含む)に対するマイクロチップの義務化を進めることが殺処分の大きな減少につながることは明白な事実です。
早急なマイクロチップの義務化を行い、犬猫の身元が容易に判別できる社会を実現していただきたいと思います。


↓ブログランキング参加中、よろしければクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ



QLOOKアクセス解析






ツイッターアカウントを作成しました

わざわざブログ記事を書くほどでもない小ネタ用にツイッターのアカウントを作成しました。
ブログツールとしてPC用ブログにウィジェットを貼りつけました。

愛誤なツイッターのフォローをして、大ウソやデマのツイートをRTしていきます。
ツイッターアカウントお持ちの方はフォロー下さいね。


↓ブログランキング参加中、よろしければクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ



QLOOKアクセス解析






民主党動物愛護WTの高邑勉衆院議員、月内に辞職離党して山口県知事選に立候補へ

いわゆるノーキル派動物愛護活動に熱心な議員さんだったのですが、既存政党に失望したのか離党して山口県知事選に立候補との報道です。

民主・高邑衆院議員、山口知事選に立候補表明-朝日新聞デジタル

 民主党の高邑(たかむら)勉衆院議員(38)=比例中国ブロック=は4日、山口市内で記者会見し、7月29日投開票の山口県知事選に無所属で立候補する意向を正式に表明した。「既成政党の枠組みや中央官庁依存型の古い成長モデルから脱し、山口の閉塞(へいそく)感を打破したい」と理由を述べた。

 同県防府市の元市議らがつくるグループの支援を受ける。脱既成政党を訴え、震災がれきの積極的な受け入れを主導するとしている。高邑氏は国会議員を月内にも辞職し、離党する方針。政党や団体への推薦願は出さない。

 知事選にはすでに元国土交通審議官の山本繁太郎氏(63)=自民、公明推薦=が立候補を表明している。ほかに共産党県委員会などでつくる団体が候補者の擁立へ準備を続けている。


山口県知事に当選の暁には、山口県での殺処分をゼロにすべく頑張るおつもりかと思われますので、適当に頑張ってください。
既に、自民、公明は候補を擁立しているの、苦戦が予想されますけどね。

ブログではこんなに立派なことをブチ上げていたのに、ほとんどが白紙となるでしょう。
たかむら勉ブログ-動物愛護ワーキングチームにて~座視してはならない

てなわけで、ノーキル派の急先鋒議員ともいえる高邑勉衆院議員の辞職、離党に伴い、動物愛護管理法の議員立法による改正はますます混迷の度合いが高まってきました。
今国会での法案採決が無理ならば、来年は衆議院選挙なのでなにも出来ないでしょうね。

国民に何の利益ももたらさない殺処分ゼロへの法改正なんかより、国家財政の根幹を成す消費税増税論議に議員さんたちは忙しいのですから、仕方ないことです。

何が大切なのかを理解できない愛誤さんたちは、自分達の思い通りにならないことは全てが「陰謀」だと思い込んでいる様子なので、高邑議員辞職離党も陰謀だとか騒ぐのかな(笑)

↓ブログランキング参加中、よろしければクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ



QLOOKアクセス解析






公金横領した元小学校事務員は愛誤でしたの巻

少し前の話で申し訳ありませんが、気になる愛誤関連ニュースがあり、ブロ友のさんかくからも記事にして欲しいとの要望をいただいたので取り上げます。。

偽造領収書使用:容疑で元学校職員を逮捕−−県警、中署 /愛知-毎日.jp

 愛知県警捜査2課と中署は1日、偽造した領収書を経費精算に使用したとして、名古屋市中村区豊国通、元小学校事務職員、川端真実容疑者(49)を有印私文書偽造・同行使の疑いで逮捕した。

 容疑は、同市立小の事務職員だった07年6月から09年9月にかけ、教材などの物品販売業者十数社名義の領収書81枚(金額計193万円)を偽造し、市教委に経費精算のため提出したとしている。

 市教委は10年5月、川端容疑者が偽造領収書を使って5万9000円を横領した疑いがあるとして、県警に告訴して懲戒免職処分にしていた。県警は今後横領の疑いについても捜査する。

 中署によると、川端容疑者は容疑を大筋で認めているという。


とのニュースが3月2日に報道されました。
これだけであれば単なる小学校元事務員の横領事件なのですが、ウラがありました。

その直後に愛誤ブログに掲載された多頭飼育崩壊18匹の記事です。

もう本当にお願い緊急SOS-*ほんわか猫な日々*

この猫達の以前の飼主は誰なのでしょう??

その関連を見つけるために逮捕された「川端真実」と「里親」というキーワードで検索すると簡単に答えが分かりました。

いつでも里親募集中

↑このブサ猫「大雅」は「川端真実」が譲渡元となってます。
*ほんわか猫な日々*の多頭飼育崩壊18匹の10番目の猫、大雅と同じ猫ですね!!

これで事実が判明しました。

名古屋市の元小学校事務員「川端真実」は2年以上にわたり公金の横領を続けながら、いわゆる猫ボラと自称する愛誤活動を行っていたのです。
しかも、公金横領が勤務先で発覚し懲戒免職になってからも逮捕されるまでは愛誤活動は続けていたという異常さです。


自宅には18匹もの猫がいて、足の踏み場もない汚宅だったとの話までネットには出ています。

さらに最悪なのは、「*ほんわか猫な日々*」の記事コメントです。
なぜ譲渡先募集に至ったかの経緯を知りたいとのコメントに対し

「誠に申し訳ありませんが
所有権放棄に関する情報の全ては
弁護士を通じて行っているため
情報公開及び問い合わせに関しては一切お応えできません
何卒ご了承下さい」

と、愛誤な元飼主が逮捕されてしまったことについて隠そうとする始末。

公金横領しながら愛誤活動を続けていた「川端真実」は最悪の人物ですが、身内の犯罪を隠そう他の愛誤達も最悪です。
人間として終わっているこのような人物達が、動物を幸せに出来るとは到底思えません。


それとも、環境テロリスト予備軍な愛誤のことですから
「かわいそうな猫ちゃんの為に名古屋市からお金をとって何が悪いの?名古屋市は猫ちゃん達の為にもっとお金を使うべきよ!!」
と開き直りそうですね。

「川端真実」の横領での再逮捕や公判開始との報道はありませんが今後の展開を注目していたいと思います。
また、第二の「川端真実」が出てこないように、いわゆる愛護団体の動物取扱業への組み入れ行い、犯罪者の排除が進むことを望みます。


↓ブログランキング参加中、よろしければクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ



QLOOKアクセス解析






どうしたら猫の虐待がなくなるかを考えられない人たちがいます

昨日に不幸な猫虐待事件に対する地裁判決が下されました。

猫虐待で有罪判決、異例の詐欺罪認定/横浜地裁川崎支部-カナロコ(神奈川新聞)

求刑懲役3年に対し、判決は懲役3年、執行猶予5年となりした。
被告が躁鬱病であるのと初犯であったために執行猶予が付与されたのでしょう。

この判決に対し納得がいかないのか、不当判決だと騒ぎ出したのが以下のブログの愛誤な人たち。
自分達の思い通りの実刑判決にならなかったからか、検察や裁判所への抗議まで呼びかけ始める始末。
どこまで頭が悪いのでしょう。


四次ボケマスター正義のブログ-みんなで抗議を 許すな。廣瀬勝海 猫虐待虐殺犯

猫詐欺防止のために動き始めた人のブログ。-判決が出ました。

エリザベスの部屋-今日の新聞

法令に反する動物虐待は法により裁かれるべきものであり、個人的感情により裁かれるものではありません。
ブログの本文やコメントを読むと私的制裁を与えてやりたい旨の記述もあり、まさに環境テロリストではないかとの危惧を持ってしまいます。

彼らには人間の命の重みと猫の命の重みの違いが理解できないのでしょう。

また、裁判所の判決は外部からのいかなる圧力にも左右されてはなりません。
被害者側からの圧力により、被告の量刑が不当に重くなることがあってはなりません。


この事件に関わる愛誤や環境テロリスト予備軍の方々は自分達が検察、裁判所のより上位の司法機関にでもなったと勘違いでもしているのでしょうか。

求刑懲役3年に対し判決懲役3年執行猶予5年ですから、おそらく検察側の控訴はないでしょう。
地裁判決で確定したのならば、被告の今後の更正を見守りながら、新たに虐待される猫が発生しないよう、安易な猫の繁殖譲渡を止めるべきです。

無責任な餌やりを行い、猫の繁殖譲渡を繰り返し、それにより発生した虐待事件に心を痛め検察、裁判所に抗議するのであれば、そもそも餌やりを止め、万が一に生まれてしまった仔猫は保健所、動物愛護センターに収容すべきです。
それが虐待事件を減らす為の重要な第一歩です。


↓ブログランキング参加中、よろしければクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ



QLOOKアクセス解析






プロフィール

三二一閣下

Author:三二一閣下
正しい動物愛護、飼育についての啓蒙推進をブログ記事にしていきます。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ブロとも一覧

さんかくの野良猫餌やり被害報告

野良猫駆除協力会本部

迷惑な愛誤達
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。