スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫ハウス設置を拒否されながら「地域猫」を名乗るとは厚かましい限りです、しかも無償で私有地まで使用させろとは

久しぶりのブログ更新で申し訳ありません。
2月は忙しくて満足にネタ探しもできない状況にありまして・・・。

今回は東京の渋谷駅近隣のオフィスビル敷地内の猫ハウスを撤去された愛誤が、何の因果も無く寒さによる野良猫の死とこじつけ虐待だと騒いでいるケースを紹介します。
場所は渋谷駅近くの多くの有名企業が入居しているオフィスビルIタワーです。東急セルリアンタワーの裏手の飯島愛が亡くなったことで有名なビルです。

以下がその勘違いというか的外れな抗議活動を展開している愛誤のHPです。
渋谷区動物愛誤推進ネットワーク-緊急報告!ついに1匹が犠牲に  「Iタワー」、猫ハウス強制撤去で 

渋谷は仕事上、乗換えでよく通るので、今度現場を見てみたいと思います。
猫ハウスがあったら、当然、善意の通行人として処分をしますけどね(笑)

しかし、ビル管理業者は前任者がいい加減だったからか、忠実に職務遂行を行ったら、何の因果もない野良猫の死亡原因を作ったとまでされ、とんだとばっちりです。
同情いたします。

公開空地であれ私有地ですから、猫ハウスを置くか置かないかは土地管理者の判断に任されます。
このケースの場合には、ビル管理人が土地管理者なのですから、管理人が猫ハウスの設置を拒否したからには、何人も猫ハウスを設置することはできません。
強要すれば、強要罪。勝手に猫ハウスを放置すれば、廃棄物処理法違反または民法上の悪意の占有者となり、猫ハウス設置者は違法行為に問われます。

ちなみに強要罪ならば3年以下の懲役、廃棄物処理法違反であれば5年以下の懲役若しくは1,000万円以下の罰金又はこの併科です。
この「渋谷区動物愛誤推進ネットワーク」とは正当な職務を行ったIタワーの管理人を動物虐待だと根拠も無く罵ってますが、猫ハウスを置いた人物こそが違法行為により罰せられるべきです。


猫だけ愛誤たちはいつから私有地における土地管理者の権利まで制限できる権利を得たと勘違いしてるのでしょうか。
全く呆れる話です。

第二の渋谷Iタワー管理人さんのような犠牲者が出ないためにも、無許可の猫ハウス設置は法的にも強く制限されるべきです。

↓ブログランキング参加中、よろしければクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ



QLOOKアクセス解析







猫は小動物に深刻な脅威、年間200億匹を捕食=米調査

ロイター-猫は小動物に深刻な脅威、年間200億匹を捕食=米調査

[29日 ロイター] 米国では毎年、鳥37億羽と小型哺乳類207億匹が、猫によって殺されているという。米魚類野生生物局(FWS)とスミソニアン保全生物学研究所の調査チームが29日、科学誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」で発表した。

ペットとして飼われている猫や野良猫による捕食を統計としてまとめ、体系的に分析したのは今回が初めて。同チームは、猫による野生生物の死亡数は、以前考えられていたより大幅に多いと指摘している。

調査によると、猫に殺されている鳥の多くは、アラスカ州とハワイ州を除く米国48州では、コマドリやフィンチ、アメリカゴガラなどの在来種。また、人口の密集した都市部では、主として外来種のネズミを捕食しているが、郊外や農村部では在来種のネズミのほか、リスやウサギなどの小型哺乳類を獲物にしているという。

調査チームは、自由に歩き回る猫が野生生物に深刻な脅威をもたらしており、一部の鳥や小動物の絶滅の一因にもなっている証拠が山積しているにもかかわらず、猫の管理は科学的根拠よりも、感情論に基づいて形成されていると指摘。「野放しの猫の管理に対する現在の非科学的アプローチの主な要因は、猫の捕食による(野生生物の)死亡数が、事故など人間由来の脅威に比べれば取るに足りないという理屈が背景にある」としている。

野鳥保護団体は今回の調査結果について、猫の飼い主や地域社会への警鐘になると歓迎。同団体のスポークスマンは「われわれは可愛くてフワフワした猫は大好きだが、この捕食者が自由に行動するのをこれ以上見過ごすことはできない」と語った。


なかなか興味深い調査結果についての報道です。
米国での調査なのですが、コメントについては日本の現状に照らし合わせても共感できるところがあります。

「野放しの猫の管理に対する現在の非科学的アプローチの主な要因は、猫の捕食による(野生生物の)死亡数が、事故など人間由来の脅威に比べれば取るに足りないという理屈が背景にある」

上記の一文は愛誤や飼い主や餌やりBBAが外飼いをし続ける際の言い訳をまさに指摘しており、笑ってしまいました。
愛誤な方々は「猫ちゃんが鳥を捕るのは本能だから仕方ないの、それより人間の方が公害や自動車で多くの鳥を殺しているでしょ。」と理屈を捏ね回しますよね。

日本国内でも奄美沖縄地方、小笠原等で在来希少種の小動物がノネコに捕食され大きな問題となっているのは読者の皆様もご存知かと思います。
奄美市ではその対策のために「飼い猫の適正な飼育および管理に関する条例」を定め、飼い猫の登録義務化と室内飼育、マイクロチップの努力義務を課しました。

米国の公的機関が外猫による捕食被害を統計としてまとめた事は、今後の希少動物保護への大きな一歩かと思います。

日本の環境省も見習って、日本国内で同様の調査を行ってほしいとも思います。
少なくとも、効果がない地域猫の広報を行ったり、TNRへの補助を漫然と続けるよりは公益にかなう税金の使い方かと思います。



↓ブログランキング参加中、よろしければクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ



QLOOKアクセス解析






熊森協会さんがますますおかしくなっています その2

読者の皆さま、御無沙汰しております。
年末にかけ仕事がかなり忙しくて、ブログが更新できない日々が続いていました。
停滞している経済状況の中、仕事が忙しいのはうれしいことです。
忙しい日常から、ゆっくりと過ごせる正月休みに入った途端に気が緩んだのか、軽い風邪をひいてしまいました。

さて、このところ、私の自宅近辺や実家近辺からも再開発や猛暑、寒波で野良猫が次々といなくなり、
かなり快適な生活が出来るようになってきました。
これが最近ブログ更新が少なくなった一因です。

ま、この正月休みは猫害に悩む友人に対し、実地指導を行う予定ですけどね(笑)
都内とその周辺でも野良猫ウジャウジャの地域はまだまだあるので猫害対策は粛々と進めております。

さて、今回は野良猫ネタではなく、相変わらず基地外な電波を出しまくっている、熊盛り協会さんについてもう一回取り上げます。

少し古い熊盛りブログの更新なのですが、どうやら熊盛りさんは自分達のことについて外部の人物から批判的にネット上に書かれることが嫌らしいです。

くまもりNews-ウィキペディア(Wikipedia)とは、何か。これが、ウィキペディア日本熊森協会ページの実態です。

非常に激しくウィキペディアの記事について批判しています。
例えば
「ウィキペディアのしくみ上、書かれた記述が、捏造歪曲されたものや、事実を確認もせず書かれた無責任なものであっても、書かれた側には訴えていくところが明記されていないため、書かれるのを止めさせることができません。間違いを書かれたけれど泣き寝入りするしかないという、書かれた側にとって非常に不公平な場となっています。これは、人権侵害の最たるものではないでしょうか。当協会も、何年も、泣き寝入りを続けています。」
「私たちは彼から訪問を受けたり、取材されたことは一度も無いのである。取材もしたことがない会の活動について、自分の主観だけで、熊森を知った時にまず多くの人々が最初に好意を持って開いてみるであろうウィキペディアの当協会ページを執筆する資格など、ないと言ってよい。」
と主張しています。

熊盛りさんはウィキペディアの仕組みを大きく勘違いしています。

まず、記事に大きな誤りがある場合には、ウィキペディア上にあるオープンな議論の場である「ノート」で執筆者に対して議論を呼びかけることが可能です。

事実が違うと主張するのであれば、なぜオープンな「ノート」での議論を行わずに、コメント欄もなく一方的な主張しかできない自身のブログでしか意見表明をしないのでしょう。

事実、ウィキペディアの「ノート」では記事の執筆者の方が
「この公式ブログ記事の主張どおり日本熊森協会の記事に悪意に満ちた個人的見解や事実誤認がありましたらこちらで御指摘いただき、記事の編集について御教示いただきたいと存じます。」
と熊盛りさんからの意見を受け付ける旨の書き込みを行っています。

そうした申し入れを一切無視しておきながら
「これは、人権侵害の最たるものではないでしょうか。当協会も、何年も、泣き寝入りを続けています。」「当協会ページを執筆する資格など、ないと言ってよい。」
等と
被害者を装ったり、根拠のない執筆者批判を展開する熊盛りさんの姿勢のほうが異常といえるでしょう。

それともネット上のオープンな場ので議論がそんなに怖いのでしょうか??

ちなみに、私が「ノート」を読んだ印象ではウィキペディアの当該記事の筆者の方はかなり熊盛りさんのことをお調べになっていると思いますけどね。

なお、熊盛りさんが文句をつけているウィキペディアの記事はこちらです。
ウィキペディア-日本熊森協会

それでは皆様、良いお年を!!

↓ブログランキング参加中、よろしければクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ



QLOOKアクセス解析






地域猫を名乗れば免罪符を得たと思っているのでしょうか?

今月のある日に仕事での訪問先へ向かうために都内のJR某駅で降り、タクシーを捕まえようと駅横の小さな公園横を通りました。
すると、何気なく眼をやった公園の植え込みとその奥にある廃業した様子の居酒屋かスナックらしき建物の周囲に、例のごとく段ボール箱と発砲スチロール箱が・・・。

しかも発泡スチロール箱には大きく「猫」という文字が見えます!
これはもしやと思い近付くと、やはりそうでした!
周囲には汚い餌皿が散乱し、中には食べ残しのキャットフードが残っています。

しかも、厚かましい事に発泡スチロール箱には「地域猫餌箱カンパお願いします」と頭が悪そうに書きなぐってあります。
DSC_0362.jpg

DSC_0363.jpg

DSC_0364.jpg

画像を見ればわかりますが、かなりの汚さで餌も置き餌です。
残念ながら猫の姿を見ることはできませんでしたが、くたびれて薄汚れた汚猫がいることが容易に想像できます。

このような状態にあるにもかかわらず、地域猫を名乗るとは餌やり本人は何を考えているのでしょうか?
と思いましたが、今まで数多くの汚猫への餌やりBBAを見てきた経験から、きっと何も考えていないのだろうなと納得してしまいました。


こうした地域猫を詐称するBBAが悪いのはもちろんのことですが、基本的にはこのような餌場のBBAは白痴であり何を言っても理解できないのです。

憎むべきは意図的に迷惑餌やりに都合が良いように曲解した情報をブログ等で垂れ流す、確信犯な愛誤たちです。
具体的には呪屡のしっぽ、犬猫窮災の輪、邪暴徒の様な悪質ブログが確信犯的愛誤と言えます。


地域猫についても不妊去勢手術さえしていれば地域猫などと曲解した情報をながす愛誤がいるから、この写真のような汚餌やり愛誤が発生するのです。

これからも、愛誤が意図的に流布するニセ情報の撲滅と地域猫が地域住民の猫害被害を減らすことに微塵も役立たないことを伝えていきたいと思います。

↓ブログランキング参加中、よろしければクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ



QLOOKアクセス解析






熊森協会さんがますますおかしくなっています その1

最近、熊による人への殺傷事件が増えているので、人々が熊の生息域に侵入しないようにお馴染みの熊森協会さんが注意喚起しているのかなとHPを覗きに行きました。
ところが、熊森協会さんは何も注意喚起をしないどころか、ますます変なブログ記事をアップしているので、皆様に紹介したと思います。

<外来生物法>根絶殺害は狂気、国がすべきことは、新たな輸入を徹底的に止めること  環境省がパブコメ募集中 10/18締め切り

熊森協会は
「絶対に認められないのは、外来生物の根絶殺害です。外来種の根絶殺害は、自然の摂理や命の尊厳を無視した恐ろしい思想であるばかりか、そもそも不可能なのです。」と主張しております。

繁殖力の高い外来生物の日本国内での繁殖増加は、在来固有種との競合のみならず、在来固有種への捕食、交雑等により生態系破壊への第一歩へとなります。

熊森協会はHP上の「基本的な考え方」において
「自然界は種々雑多な動植物が生態系のなかで絶妙のバランスを保ちながら共存しています。1種類でも生物がかけると生態系のバランスはたちまち崩れ、森は崩壊に向かいます。」と書いているのに、外来種の防除に全面反対するとは、上記の「基本的な考え方」に矛盾しています。

外来種の侵入により絶滅の危機を迎えつつある在来固有種の動植物は数多くあります。
代表的な動物としてヤンバルクイナ、アマミノクロウサギ、イリオモテヤマネコ、ツシマヤマネコ等があります。
これら全てが、従来は生息域に存在しなかった動物による捕食、競合により絶滅の危機にあります。

熊森協会さんの「基本的な考え方」による、これらの絶滅危惧種の動物がかけると生態系バランスが崩れ森が崩壊するという考えには大いに共感できます。
しかしながら、その原因となっている特定外来種の防除に反対する姿勢には大きな疑問を感じます。

熊森協会さんが主張するように、特定外来種の動物の防除を行うことを止めれば、希少な在来固有種の絶滅は時間の問題でしょう。

また、熊森協会さんはパブコメの例文として
「順位を付けて、根絶殺害に取り組むということです。ナチスの思想を思い出して、背筋が凍ります。」
と書かれています。
これは愛誤な人たち特有の人間と動物の地位についての混同に他なりません。

以前から、何度か取り上げていますがナチスドイツは現在のドイツの動物愛護関連の法の基礎となる法を作成しました。
ヒトラーはユダヤ人に対する虐殺は裁かれるべきものですが、動物愛護に関しては理想的な犬好き動物愛護活動家だったのです。

特定外来種の野放図な繁殖増加を認めることこそ、希少な在来固有種の根絶殺害を推し進めることに他ならず、生物多様性を保つこととと正反対の活動です。

総論では崇高な理念を持ちつつも、各論では餌やり愛誤と同レベルに堕ちてしまった熊森協会の迷走が今後も続くかと思うと呆れてしまいます。

それに、熊森協会は無効パブコメの例としての「法律に反する意見」にも文句をつけてます(笑)
違法行為を唆すようなパブコメを送付するつもりなのでしょうか??


熊森協会さんは以前からも変でしたが、矛盾した主張をするおかしな団体になってしまっています。
なんだか「なにがなんでもオスプレイ反対」と沖縄に出張して活動している職業左翼と似通ってます(笑)

↓ブログランキング参加中、よろしければクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ



QLOOKアクセス解析






プロフィール

Author:三二一閣下
正しい動物愛護、飼育についての啓蒙推進をブログ記事にしていきます。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ブロとも一覧

さんかくの野良猫餌やり被害報告

野良猫駆除協力会本部

迷惑な愛誤達
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。